お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1〜15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-06-14
10:45
宮城 東北大学 電圧トルク磁化反転の書き込みエラー率低減に向けた取り組み
山本竜也野崎隆行今村裕志産総研)・塩田陽一京大)・田丸慎吾薬師寺 啓久保田 均福島章雄鈴木義茂湯浅新治産総研
 [more] MRIS2019-7
pp.49-52
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
14:55
大阪 大阪大学 磁性ドットアレイによるリザーバーコンピューティングにおける非線形性
辻本知輝野村 光古田大志鈴木義茂中谷亮一阪大
2×10個の磁性ドットからなる磁性ドットアレイによるリザーバーコンピューティングを,マクロスピンシミュレーションを用い,... [more] MRIS2018-15
pp.11-14
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
15:20
大阪 大阪大学 一次元及び二次元におけるスキルミオンのブラウン運動
地引勇磨後藤 穣阪大)・Titiksha SrivastavaWilly LimStephane AuffretClaire BaraducHelene Beaグルノーブルアルプス大)・Jaehun Cho田村英一鈴木義茂阪大
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
15:45
大阪 大阪大学 Evaluation of heat-driven spin-torque in a magnetic tunnel junction through time-resolved measurement
Natsumi FuruichiOsaka Univ.)・Minori GotoOsaka Univ./CSRN)・Hitoshi KubotaKay YakushijiAkio FukushimaShinji YuasaAIST)・Nikita StrelkovUGA,CEA,CNRS,G-INP,INAC-SPINTEC/Lomonosov Moscow State Univ.)・Bernard DienyUGA, CEA, CNRS, G-INP, INAC-SPINTEC)・Shinji MiwaOsaka Univ./CSRN)・Yoshishige SuzukiOsaka Univ./CSRN/AIST
 [more]
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-18
16:10
大阪 大阪大学 High transport property of microwave in heat-driven magnetic tunnel junction
Yuma YamadaOsaka Univ.)・Minori GotoOsaka Univ./CSRN-Osaka)・Takekazu YamaneNaomichi DegawaTuyoshi SuzukiAtsushi ShimuraSusumu AokiJunichiro UrabeShinji HaraTDK)・Shinji MiwaOsaka Univ. /Univ. of Tokyo /CSRN-Osaka)・Suzuki YoshishigeOsaka Univ. /CSRN-Osaka
 [more]
ICD 2017-04-20
10:35
東京 機械振興会館 [依頼講演]2Xnm世代以降のトランジスタに向けた,高速且つ低消費電力動作する不揮発性STT-MRAM用MTJ素子の開発
才田大輔柏田沙織矢ヶ部恵弥大坊忠臣伊藤順一野口紘希東芝)・安部恵子東芝R&D)・藤田 忍東芝)・福本三芳三輪真嗣鈴木義茂阪大
 [more] ICD2017-2
pp.5-9
SDM 2017-01-30
14:00
東京 機械振興会館 [招待講演]電圧トルクMRAM (VCM) 向け読み出し/書き込み回路と大容量キャッシュメモリへの応用
塩田陽一産総研)・野口紘希池上一隆安部恵子藤田 忍東芝)・野崎隆行湯浅新治産総研)・鈴木義茂阪大
電圧トルク MRAM は、電圧パルスによる磁化反転を書き込み原理に利用する MRAM である。磁化反 転に電流を必要とせ... [more] SDM2016-135
pp.21-24
SANE 2015-06-18
15:55
茨城 JAXAつくば宇宙センター [招待講演]スピントルク発振器の開発 ~ ナノサイズ磁性体をベースとする自励発振器 ~
久保田 均田丸慎吾薬師寺 啓福島章雄常木澄人甲野藤 真谷口知大荒井礼子今村裕志産総研)・鈴木義茂阪大)・湯浅新治産総研
 [more] SANE2015-20
pp.27-31
QIT
(第二種研究会)
2015-05-25
13:20
大阪 大阪大学 [ポスター講演]ダイヤモンド中NV中心の電子, 核スピンの電気的制御
下岡孝明小林悟志鈴木義茂水落憲和阪大
 [more]
SDM 2014-01-29
13:05
東京 機械振興会館 [招待講演]不揮発性メモリMRAMの現状と将来展望
湯浅新治福島章雄薬師寺 啓野崎隆行甲野藤真前原大樹久保田 均谷口知大荒井礼子今村裕志安藤功兒産総研)・塩田陽一Frederic Bonnel鈴木義茂阪大)・下村尚治東芝
 [more] SDM2013-140
pp.23-28
ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
MRIS
(連催) [詳細]
2014-01-24
15:45
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 スピントルク発振素子のセンサ応用の可能性について
冨田博之三輪真嗣鈴木義茂阪大
スピントルク発振(STO)素子を磁場センサとして利用する場合の性能について議論する。これまでは磁場検出を行う上で磁気トン... [more] MR2013-38
pp.29-34
QIT
(第二種研究会)
2012-11-27
- 2012-11-28
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス [ポスター講演]ダイヤモンド中の単一NV中心の核スピンを用いた多量子ビット化と室温での量子もつれ生成
下岡孝明阪大)・加藤宙光山崎 聡産総研)・三輪真嗣鈴木義茂水落憲和阪大
近年、ダイヤモンド中のNV 中心はその優れたコヒーレンス特性から盛んに研究がなされている。
本研究で我々は室温下で単一... [more]

MRIS, ITE-MMS
(連催)
2011-10-13
13:15
新潟 柏崎エネルギーホール、新潟 [チュートリアル招待講演]スピントロニクスの基礎と最近の技術動向 ~ 磁界センサのための応答・ノイズ特性を中心として ~
鈴木義茂阪大
 [more] MR2011-9
pp.1-5
ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
MRIS
(連催) [詳細]
2011-01-20
14:00
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 [招待講演]電界による磁気異方性制御の試み
野崎隆行塩田陽一村上真一阪大/JST)・Frederic Bonell新庄輝也阪大)・鈴木義茂阪大/JST
電界による磁化反転制御は次世代スピントロニクス素子の低電力書き込み技術として注目されている.本論文では, エピタキシャル... [more] MR2010-54
pp.13-16
ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
MRIS
(連催) [詳細]
2011-01-20
14:45
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 MgO障壁強磁性トンネル接合素子を用いたスピントルク発振の高出力化に向けて
升方康智石橋翔太冨田博之阪大)・関 貴之前原大樹産総研)・野崎隆行阪大)・久保田 均福島章雄湯浅新治産総研)・鈴木義茂阪大
我々は、低い臨界スイッチング電流を示す、Fe-rich組成CoFeBをフリー層に有するトンネル磁気接合素子を用い、スピン... [more] MR2010-55
pp.17-19
 15件中 1〜15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会