電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
14:10
広島 みやじま杜の宿(広島) 数式ベースと遺伝的アルゴリズムの組み合わせによる演算増幅器の自動設計
鈴木研人高井伸和菅原誉士紀吉澤 慧大河内一登石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大EMD2016-83 MR2016-55 SCE2016-61 EID2016-62 ED2016-126 CPM2016-127 SDM2016-126 ICD2016-114 OME2016-95
設計の自由度が大きいアナログ回路は依然として設計者が持つ経験や知識に基づいて、用途に合った回路を設計しており、最適な回路... [more] EMD2016-83 MR2016-55 SCE2016-61 EID2016-62 ED2016-126 CPM2016-127 SDM2016-126 ICD2016-114 OME2016-95
pp.69-74
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
14:35
広島 みやじま杜の宿(広島) 回路性能変化の可視化による学習アルゴリズムを用いた演算増幅器の自動設計
菅原誉士紀高井伸和鈴木研人吉澤 慧大河内一登石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大EMD2016-84 MR2016-56 SCE2016-62 EID2016-63 ED2016-127 CPM2016-128 SDM2016-127 ICD2016-115 OME2016-96
 [more] EMD2016-84 MR2016-56 SCE2016-62 EID2016-63 ED2016-127 CPM2016-128 SDM2016-127 ICD2016-115 OME2016-96
pp.75-79
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-16
09:40
東京 東京工業大学 MOSFETのキャラクタライズ結果を用いたバイアス回路の自動設計
鈴木研人高井伸和菅原誉士紀大河内一登吉澤 慧石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大ICD2016-91 CPSY2016-97
アナログ回路は設計の自由度が大きく最適な回路を短時間で設計するのは困難である。アナログ回路において、バイアス回路はトラン... [more] ICD2016-91 CPSY2016-97
pp.119-122
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-16
10:05
東京 東京工業大学 データベースを用いた設計情報管理方式による演算増幅器の自動設計
菅原誉士紀高井伸和鈴木研人大河内一登吉澤 慧石井 司篠田沙樹福田雅史群馬大ICD2016-92 CPSY2016-98
アナログ回路設計は、回路図の選択や素子値の決定など設計自由度が高く、かつ複雑なトレードオフが内在するため、膨大な知識と経... [more] ICD2016-92 CPSY2016-98
pp.123-128
ICD, ITE-IST
(連催)
2014-07-04
16:30
島根 出雲市(島根県) 電子回路の同一トポロジー判定手法の提案
根岸孝行加藤雅人関 洋明菅原誉士紀鈴木研人高井伸和小林春夫群馬大ICD2014-30
集積回路規模の増大による開発過程の複雑化や開発期間の短期化等により、
人の手のみによる電子回路設計が困難となっている。... [more]
ICD2014-30
pp.93-97
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会