お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2019-10-11
10:00
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 間欠テープ心線を用いた空気圧送用高密度マイクロダクト光ケーブル
土屋健太佐藤文昭鈴木洋平高見正和西川二郎武田健太郎住友電工OFT2019-33
本稿では、従来の外径250µmの光ファイバよりも細径な200µm光ファイバを用いた間欠12心光ファイバテープ心線(以下、... [more] OFT2019-33
pp.7-11
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 HMD搭載慣性センサの利用を想定した屋内位置推定とその評価
鈴木洋平屋良朝克五百蔵重典田中 博神奈川工科大
屋内測位技術として,慣性センサを用いる方法は一つの有力な手法である.近年においてはスマートフォンにもそれらは内蔵され,多... [more]
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-06
11:40
神奈川 YRP サンプリングレート選択パスダイバーシチを用いたスペクトル拡散通信の特性評価
鈴木洋平アナス ムハマド ボスタマン稲森真美子眞田幸俊慶大SR2007-88
 [more] SR2007-88
pp.21-26
IN 2007-12-14
13:30
広島 広島市立大学 フロー単位とパケット単位のペイロードの類似性評価による段階的ワーム検出システム
鈴木洋平和泉勇治角田 裕根元義章東北大IN2007-114
近年,インターネットにおいて次々に新種や亜種のワームが発生しており,それらの高精度な検出を実現するための研究が盛んに行わ... [more] IN2007-114
pp.91-96
SR 2007-05-25
10:50
東京 電気通信大学 IEEE802.11bにおけるチャネル推定の実験的検討
今岡 祐小幡 寛鈴木洋平慶大)・眞田幸俊慶大/ソニーコンピュータサイエンス研SR2007-12
ソフトウェア無線は,無線通信において幅広く関心が持たれている技術である.ソフトウェア無線端末があれば,多くの無線通信回線... [more] SR2007-12
pp.67-71
SR 2006-11-30
09:55
北海道 北海道大学 サンプリングレートセレクションダイバーシティを用いたスペクトル拡散通信の特性
鈴木洋平アナスムハマド ボスタマン稲森真美子慶大)・眞田幸俊慶大/ソニーSR2006-51
本研究では,サンプリングレートセレクションダイバーシティ(SRSD)を用いたスペクトル拡散通信を提案する.直接拡散方式(... [more] SR2006-51
pp.67-73
IN, NS, CS
(併催)
2006-09-15
15:20
宮城 東北大学 フローペイロードのクラスタリングを用いた低負荷なワーム検出方式
鈴木洋平和泉勇治角田 裕根元義章東北大CS2006-33
近年,インターネットにおいて次々に新種や亜種のワーム発生し,ネットワーク機器の停止や情報流出などの世界規模の被害が報告さ... [more] CS2006-33
pp.67-72
NLP 2005-03-25
15:20
東京 東京大学(本郷,山上会館) Turingパターンを発生するシンプルな反応拡散セルオートマトンモデルとその集積回路化~縞・斑点画像復元の応用に向けて
鈴木洋平北大)・高山貴裕元池 N. 育子公立はこだて未来大)・浅井哲也北大
 [more] NLP2004-120
pp.29-34
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会