電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
11:20
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 決定木を用いたUTMログ解析によるDDoS攻撃検知の試み
藤岡碧志岡崎裕之鈴木彦文信州大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2019-123
pp.19-25
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
11:45
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス LLLアルゴリズムを用いたUTMトラフィックログの解析
森田拓哉鈴木彦文岡崎裕之信州大
 [more] NS2019-124
pp.27-30
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
10:50
大阪 大阪大学 吹田キャンパス ブロックチェーン技術を用いたDNSキャッシュポイズニング対策の検討
高橋幸宏布田裕一東京工科大)・岡﨑裕之鈴木彦文信州大
近年, インターネット上には多種多様なアプリケーションやコンテンツが公開されるようになり, それらのサービスが公開されて... [more] ISEC2019-78 SITE2019-72 LOIS2019-37
pp.107-112
IA, ICSS
(共催)
2019-06-07
10:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 本館6階大会議室 認証ログをライフログとして用いた安否確認システムの開発
森田拓哉アサノ デービッド鈴木彦文岡崎裕之信州大
近年の安否確認システムでは、ある瞬間の安否を確認することはできるが、確認後に余震などで被害にあった人たちのその後の安否確... [more] IA2019-6 ICSS2019-6
pp.27-30
IA, ICSS
(共催)
2019-06-07
11:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 本館6階大会議室 自己組織化マップと畳み込みニューラルネットワークを用いて攻撃性の高い通信を検知するシステムの開発
岩佐暁史鈴木彦文内山 巧信州大)・宇井哲也NEC
近年,情報通信機器の普及とインターネットの利用率の増加に伴い、サイバー攻撃関連の通信も増えてきている.多様化複雑化する攻... [more] IA2019-8 ICSS2019-8
pp.37-41
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2019-05-24
09:25
大阪 大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 3-tupleフロー中の5-tupleフロー数による低帯域L3, L4 DDoS検知特徴量
林 裕平NTT)・鈴木彦文信州大)・西岡孟朗NTT
近年,L3, L4のプロトコルを悪用し,パルス状にDDoSを行う高度な攻撃が新たに観測されている.この攻撃は短時間の攻撃... [more] ICM2019-5
pp.65-70
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
09:15
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 自己組織化マップを用いた高度な攻撃を分析するシステムの開発
岩佐暁史鈴木彦文信州大)・宇井哲也NEC
近年,インタ-ネットの普及・高速化に伴い,インターネット上の脅威は増加し多様になっている.この巧妙で多様化する攻撃で最も... [more] NS2018-140
pp.57-61
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
14:35
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス ネットワーク図のモデル化とエディタの試作 ~ より円滑なネットワークインフラの運用に向けて ~
中島徳雅鈴木彦文小形真平岡野浩三信州大
ネットワークインフラの継続的な運用には,構成情報の正確な共有と品質担保が不可欠である.従来から,共有手段としてはネットワ... [more] NS2018-150
pp.117-122
ICTSSL 2016-06-15
14:55
宮城 東北大学 災害時に様々な情報収集が可能なセンサーネットワークの迅速な展開に関する開発研究 ~ 富山県砺波市と広島県廿日市における展開事例 ~
鈴木彦文信州大)・二川雅登静岡大)・小松 満岡山大)・アサノ デービッド不破 泰信州大
 [more] ICTSSL2016-18
pp.103-108
SRW 2016-06-13
15:25
神奈川 NICT ワイヤレスネットワーク研究所(YRP) 無線メッシュネットワーク網のパケット損失率低減を目的とする中継端末間の電波干渉モデルの提案
本山栄樹長野日本無線)・鈴木彦文不破 泰信州大
現在塩尻市で運用中の地域見守りシステムは,児童が持つ発信機や各地に設置したセンサー端末からのデータパケットを,中継機が互... [more] SRW2016-31
pp.33-38
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
13:05
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 無線ネットワークの耐障害性向上のための無線機設置場所の助言システムについて
栗山有哉アサノ デービッド鈴木彦文不破 泰信州大
我々は,2008年から長野県塩尻市においてAd-Hocネットワークを用いたセンサーネットワークシステムを運用している.こ... [more] NS2015-143
pp.95-100
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
13:30
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 無線ネットワークにおける負荷に応じた経路決定方式に関する検討
坂本聖也アサノ デービッド鈴木彦文不破 泰信州大
我々は,長野県塩尻市において,各地にある端末からのデータをサーバに送るために600台を越える無線中継機からなる通信インフ... [more] NS2015-144
pp.101-106
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-26
10:15
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし 長野県塩尻市におけるICTを活用した安全・安心な街づくり ~ スマートシティの構築をめざして ~
不破 泰鈴木彦文David K. Asano信州大)・竹下祐二小松 満岡山大)・二川雅登静岡大)・本山栄樹長野日本無線)・芹生 宗ISID)・金子春雄塩尻市役所
我々は,従来より長野県塩尻市においてICTを活用した安全・安心な街づくりに取り組んでいる.これは,「情報の収集」と「情報... [more] ASN2014-110
pp.19-24
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
11:40
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) 地域児童見守りシステムにおける経路決定方法の提案と実環境での評価
唐沢真一アサノ デービッド鈴木彦文不破 泰信州大
筆者らは2008年から,児童が持つ発信機から定期的に送信されるパケットを無線アドホックネットワークにより構成される
中... [more]
ASN2013-128
pp.59-64
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-24
15:50
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) センサーネットワークプロトコルのシミュレーションにおけるGPGPUを用いた高速化の検討
中條早織野瀬裕昭長野県工科短大)・鈴木彦文不破 泰信州大
近年,コンピュータにおいてグラフィックス処理を担うGPUを,汎用的な計算処理に応用するGPGPUが注目されている.GPU... [more] ASN2013-156
pp.213-218
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-17
09:00
熊本 熊本大学 Ad-Hocネットワークとセンサーネットワークを用いた安全・安心な街作りについて
不破 泰鈴木彦文D.K. Asano信州大)・小松 満竹下祐二岡山大)・二川雅登澤田和明豊橋技科大
現在我々は,大規模な災害が発生し電力等有線インフラが喪失しても通信が可能もしくは容易に敷設が可能なAd-Hocネットワー... [more] ASN2013-36
pp.241-246
IN, NS
(併催)
2011-03-03
08:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター 被災者早期発見を目的とした950MHz帯RFIDによる実証実験
鈴木彦文不破 泰信州大
我々は,現在大規模地震が発生したときに崩壊した建物から被災者を迅速に発見するシステムを検討している.そのために,本研究で... [more] NS2010-193
pp.169-174
NS, CS, IN
(併催)
2010-09-03
10:50
宮城 東北大学 無線ネットワークを用いた地域見守りシステムにおける送信プロトコルの改良とその評価
金井洪紀新村正明國宗永佳信州大)・本山栄樹長野日本無線)・鈴木彦文不破 泰信州大
我々は,災害時に電力や有線ケーブルといった様々なインフラが被害を受けても,また構成する機器の一部に障害が発生しても稼働し... [more] NS2010-64
pp.91-96
ET 2010-03-05
10:35
高知 高知大 長野県内8大学を結ぶ遠隔講義システムを用いたコンテンツ配信の設計
茅野 基高等教育コンソーシアム信州)・森下 孟鈴木彦文永井一弥新村正明矢部正之信州大
コンテンツ配信を多様化することで,いろいろな場面での教育効果が期待できる.しかし,それぞれのシステムの制御を個別に行って... [more] ET2009-113
pp.53-58
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会