お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-28
15:15
鹿児島 与論町中央公民館 宇宙機制御用 Space Responsive Multithreaded Processor (SRMTP)
中別府将太井出陽介鈴木宏海宍戸 開高橋真彦山﨑信行慶大CPSY2019-115 DC2019-121
 [more] CPSY2019-115 DC2019-121
pp.217-222
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2019-03-17
15:50
鹿児島 西之表市民会館(種子島) IPC制御を用いたSMTプロセッサ向けRT-VFS手法
鈴木宏海井出陽介塚原悠太山﨑信行慶大CPSY2018-106 DC2018-88
組込みリアルタイムシステムはリアルタイム性の維持のみならず,消費電力を削減することが要求されている.本研究ではSimul... [more] CPSY2018-106 DC2018-88
pp.161-166
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2019-03-17
16:10
鹿児島 西之表市民会館(種子島) 組込みプロセッサ用AI処理向けベクトルユニットの設計
井出陽介鈴木宏海森 祐樹山﨑信行慶大CPSY2018-107 DC2018-89
近年, AI アプリケーションが幅広い分野で用いられるようになり,その学習や認識に用いられるニューラルネットワーク (N... [more] CPSY2018-107 DC2018-89
pp.167-172
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-19
11:10
大阪 大阪大学 データストレージ用磁気テープの高記録密度化研究
辻本真志武者敦史小柳真仁鈴木宏幸白田雅史堂下廣昭野口 仁富士フイルムMRIS2018-19
2015 年,筆者らはシステムメーカーと協働で塗布型磁気テープにおいて面記録密度123 Gb/in2の記録再生特性の実証... [more] MRIS2018-19
pp.29-33
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-09
11:10
京都 京都産業大学むすびわざ館 電子チラシアプリ利用履歴の個人性に関する検証
西山双輝鈴木宏哉小林良輔山口利恵東大ISEC2017-53 SITE2017-35 LOIS2017-30
近年,移動履歴や購買履歴といった行動履歴を解析し活用する動きが盛んになっている.
一方で,行動履歴にはプライバシ情報が... [more]
ISEC2017-53 SITE2017-35 LOIS2017-30
pp.27-32
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-07-07
16:35
東京 東京工業大学 高SNRと熱安定性を両立するバリウムフェライト磁気テープメディアの開発
小沢栄貴武者敦史諸岡 篤小柳真仁多田稔生鈴木宏幸富士フイルム
 [more]
SANE 2017-06-23
17:30
神奈川 JAXA相模原キャンパス [特別講演]超小型惑星探査機による新探査技術開発
杉田精司鈴木宏二郎中須賀真一吉川一朗今村 剛船瀬 龍小泉宏之笠原 慧吉岡和夫東大)・永田晴紀北大)・藤本正樹JAXA
 [more]
NS, IN
(併催)
2016-03-03
09:50
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) ネットワーク品質の変動時系列におけるフラクタル的情報構造解析のための一方法
石井良学鈴木宏一・○上條賢一東洋大NS2015-182
 [more] NS2015-182
pp.83-88
AI 2016-02-29
14:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 環境教育プログラムにおける多言語環境の活用 ~ 廃油石鹸づくりのグローバル展開 ~
廖 育琦鈴木 宏菱山玲子早大AI2015-59
近年の中国は,大気や水質の汚染による深刻な環境問題に悩まされている.こうした環境問題の解決には,次世代の中国を担う子供達... [more] AI2015-59
pp.41-46
AI 2016-02-29
15:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 多言語専門知識伝達サービスの開発を通した人間中心設計の提案
鈴木 宏菱山玲子早大AI2015-60
 [more] AI2015-60
pp.47-52
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-07-10
13:50
東京 早稲田大学 塗布型バリウムフェライトメディアの高密度化研究 ~ 面記録密度123GBPSIを実証した磁気テープ ~
小柳真仁諸岡 篤栗橋悠一清水 治多田稔生鈴木宏幸原澤 建富士フイルム
 [more]
SANE 2015-01-23
10:00
長崎 長崎県美術館 測位データ変動における複雑性解析のための一方法 ~ 局所的フラクタル次元の活用法 ~
鈴木宏一・○上條賢一東洋大SANE2014-115
 [more] SANE2014-115
pp.59-64
RCS, NS
(併催)
2014-12-19
09:05
三重 伊勢市観光文化会館(三重) アダプティブアレーを用いた無線メッシュネットワークにおける迂回経路選択効果
鈴木宏典西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大RCS2014-243
無線メッシュネットワークにおいては,近隣ノードとの相互干渉が無視できず,空間的な周波数利用効率 の低下が懸念される.この... [more] RCS2014-243
pp.135-140
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-07-17
15:20
東京 東京工業大学 塗布型バリウムフェライトテープの高密度化研究
小柳真仁原澤 建栗橋悠一清水 治多田稔生白田雅史鈴木宏幸富士フイルム
 [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
09:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 能動的サイバー攻撃観測プラットフォームGHOSTセンサの実装と評価
衛藤将史NICT)・田中友英クルウィット)・鈴木宏栄井上大介中尾康二NICTICSS2013-76
巧妙化,多様化するサイバー攻撃に対応するため,ブラックホールモニタリング,高対話・低対話型ハニーポット,ウェブクローラ,... [more] ICSS2013-76
pp.107-112
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-21
16:30
山形 山形大学 [招待講演]100GE over OTU4インタフェースを用いた異ベンダ間相互接続性検証実験
片桐 徹富士通研)・鈴木宏幸齋藤 悟阿部秀朗富士通)・吉原知樹田島 勉大田守彦NEC)・鷹取耕治竹内浩史日立)・木部浩一古家隆志アンリツNS2012-34 OCS2012-15 PN2012-6
ビデオストリーミングサービスやスマートフォンなどの普及によって伸び続ける通信量の増大に対応するために,伝送速度が100G... [more] NS2012-34 OCS2012-15 PN2012-6
pp.25-30(NS), pp.31-36(OCS), pp.25-30(PN)
ET 2011-12-09
09:10
静岡 かんぽの宿 熱海 Toulminモデルとベイジアンネットワークを用いた論証構築支援システムの開発
宇都雅輝電通大)・鈴木宏昭青学大)・植野真臣電通大ET2011-83
本論では,アカデミックライティングにおける説得的な論証の構築を支援するシステムを開発する.これまでの論証構築支援システム... [more] ET2011-83
pp.41-46
ET 2011-05-14
09:30
大阪 大阪府立大学 自動車整備士教育におけるCAN通信システム学習教材の研究
鈴木宏和愛知工科大自動車短大)・山路康貴名古屋外語専門学校ET2011-1
 [more] ET2011-1
pp.1-6
AP, RCS
(併催)
2010-11-12
14:55
福井 福井大学 OFDMを用いた信号点配置符号化による周波数利用効率向上に関する基礎検討
今尾勝崇鈴木 宏井戸 純茅嶋 宏三菱電機RCS2010-157
屋内無線通信ネットワークで用いられる通信方式では,一般的に物理層の伝送パラメータを送受信機間で相互に認識するための制御情... [more] RCS2010-157
pp.93-96
MW 2009-12-17
14:30
石川 金沢工大 建物屋上の設置アンテナによる室内電波環境に関する研究
石橋毅一杉本 圭青学大)・鈴木宏和熊谷組)・橋本 修青学大MW2009-146
本研究では,電波塔の一例として携帯電話基地局アンテナを建物の屋上に配置し,
アンテナから放射される電波による室内の電磁... [more]
MW2009-146
pp.17-22
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会