お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
13:25
愛知 豊橋技術科学大学 固有顔を用いた顔面熱画像の領域分割アルゴリズムの提案
羽角祐樹大岩孝輔野澤昭雄青学大MBE2019-62 NC2019-53
近年,非接触的生体計測指標の1つとしてサーモカメラにより非接触的に取得することのできる顔面皮膚温が提案されている.顔面各... [more] MBE2019-62 NC2019-53
pp.101-105
MBE 2017-06-16
11:20
北海道 北海道大学 ERPを用いた自動運転における注意配分量の定量的評価
村瀬智洋坂東 靜大岩孝輔野澤昭雄青学大MBE2017-13
レベル3 自動運転においてAI がすべての運転操作を行うが,緊急時にはドライバが運転を行わなければいけない.レベル3 自... [more] MBE2017-13
pp.13-16
MBE, NC
(併催)
2017-05-26
14:55
富山 富山県立大学 独立成分分析による顔面皮膚温における日内変動の抽出
伊藤大貴坂東 靜大岩孝輔野澤昭雄青学大MBE2017-6
顔面皮膚温はこれまで,数十分程度の生理心理状態の評価に広く用いられてきた.一方で,生理計測に際しては一般に,生体システム... [more] MBE2017-6
pp.27-32
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
14:35
東京 機械振興会館 CNNを用いた顔面熱画像に基づく眠気レベルの判別
安達紘子大岩孝輔野澤昭雄青学大MBE2016-99
眠気と顔表情の関連は,眠気を客観的に評価するNEDO法によって,5段階の眠気レベルに分類できることが知られている.一方,... [more] MBE2016-99
pp.83-86
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
15:00
東京 機械振興会館 熱放散量統制を目的としたフィードバックシステムの開発
高岡 航坂東 靜大岩孝輔青学大)・淺野裕俊香川大)・野澤昭雄青学大MBE2016-100
本研究は覚醒度低下を抑制するバイオフィードバックシステムの開発を目的とする. 熱放散と覚醒度低下には強いつながりがあるこ... [more] MBE2016-100
pp.87-90
MBE 2006-09-25
13:50
長野 信州大繊維学部 味覚感覚量と鼻部皮膚温変動の比較検討
古市 徹野澤昭雄井出英人青学大
 [more] MBE2006-50
pp.45-48
MBE 2006-03-16
10:35
東京 玉川大学工学部 変調振動刺激に対する学習および忘却特性
野澤昭雄青学大)・内田雅文電通大)・田中久弥工学院大)・井出英人青学大
本研究の目的は,変調振動刺激の効率的な学習方法の提案と,図形識別に関する学習・忘却特性の検討である.
変調振動刺激の学... [more]
MBE2005-141
pp.9-12
MBE 2005-03-28
14:05
東京 玉川大学 顔面熱画像によるドライバーの覚醒水準評定の試み
田中久弥工学院大)・坂本 涼三澤裕樹野澤昭雄青学大)・内田雅文電通大)・井出英人青学大
 [more] MBE2004-105
pp.37-40
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会