電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2013-06-14
15:20
東京 機械振興会館 [招待講演]高音質オーディオ符号化方式の開発とMPEG標準化
野村俊之杉山昭彦岩垂正宏NECEA2013-33
オーディオ符号化技術の最近25年に渡る発展をMPEGオーディオ標準化の動向とともに紹介する.最初に,MPEGオーディオ標... [more] EA2013-33
pp.17-24
EA 2010-03-26
15:15
東京 機械振興会館 サンプリング周波数オフセットがあるハンズフリー通話系に適用した非線形エコーキャンセラの性能評価
持田康弘東大)・宝珠山 治野村俊之NECEA2009-118
マイクロホンのAD変換器とスピーカのDA変換器のサンプリング周波数にオフセットがあるハンズフリー通話系に対して,非線形エ... [more] EA2009-118
pp.19-24
EA 2010-03-26
15:45
東京 機械振興会館 超臨場感テレワークシステムにおける能動的メディア処理の実現に向けた音源分離定位品質の基本評価
野村俊之比嘉恭太仙田裕三芹沢昌宏NECEA2009-119
超臨場感テレワークを実現する能動的メディア処理技術の確立に向けて,音像定位制御に必要となる音源分離性能を明らかにした.超... [more] EA2009-119
pp.25-30
SIP, CAS, CS
(共催)
2010-03-01
10:00
沖縄 宮古島 ブリーズベイマリーナ A Subjective Evaluation Method for Two Conflicting Criteria
Akihiko SugiyamaOsamu ShimadaToshiyuki NomuraNEC Corp.)・Toshihisa TanakaTokyo Univ. of Agr and Tech.CAS2009-81 SIP2009-126 CS2009-76
 [more] CAS2009-81 SIP2009-126 CS2009-76
pp.17-22
EA 2009-12-11
14:15
東京 NICT オーディオオブジェクト個別操作法とそのイヤホン漏洩雑音低減への応用
鈴木翔太奈良先端大)・宮部滋樹東大)・鎌土記良猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・野村俊之NECEA2009-95
我々は,空間情報の量子化に基づくマルチチャネルオーディオ符号化法の拡張手法を提案する.
我々の研究により,複数のオーデ... [more]
EA2009-95
pp.13-18
EA 2008-07-18
13:00
奈良 NTT-CS研 コサイン距離規範K-meansを用いた音楽信号圧縮符号化における基底ベクトル切換時刻の最適化
正時啓輔宮部滋樹猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・野村俊之NECEA2008-37
多チャンネルシステムの普及に伴い, 信号の伝送量の増加は大きな問題といえる. 本稿では, 高品質な低ビットレート圧縮技術... [more] EA2008-37
pp.1-6
EA 2007-09-28
13:30
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 ブラインド音源分離に基づくオーディオオブジェクトの定位感操作の評価
原口雄基宮部滋樹猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・野村俊之NECEA2007-56
開発が期待される次世代のオーディオ信号処理機能システムの1つとして,各音源の定位感を個別かつ自由に動かせるシステムがある... [more] EA2007-56
pp.7-12
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会