お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 低遅延実装のMidori128に対する電力解析攻撃とその評価
竹本 修池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2020-87 HWS2020-62
軽量暗号Midoriは低消費電力動作を指向した暗号アルゴリズムとして提案され,電源供給に課題のあるIoTデバイスのセキュ... [more] VLD2020-87 HWS2020-62
pp.108-113
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
16:25
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) アンロールドアーキテクチャを利用したPUFの安全性評価
野崎佑典旭 健作吉川雅弥名城大ICSS2020-53
デバイスのセキュリティを向上させるための技術として,Physically Unclonable Function(PUF... [more] ICSS2020-53
pp.160-165
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
15:20
ONLINE オンライン開催 AI推論器のLUT構造に着目したハードウェアトロイ
野崎佑典竹本 修池崎良哉吉川雅弥名城大HWS2020-36 ICD2020-25
現在,様々な分野でAI技術のエッジデバイスでの利用が期待されている.一方でAIシステムの利用に関してセキュリティ上の課題... [more] HWS2020-36 ICD2020-25
pp.65-70
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
15:45
ONLINE オンライン開催 低遅延実装の対策回路を指向したハードウェアトロイ挿入とその評価
竹本 修池崎良哉野崎佑典吉川雅弥名城大HWS2020-37 ICD2020-26
システムLSI の設計・製造では外部委託や他社製IP の利用が一般的である一方で,ハードウェアトロイの脅威が問題となって... [more] HWS2020-37 ICD2020-26
pp.71-76
DC 2020-02-26
12:25
東京 機械振興会館 アンロールドアーキテクチャを利用したグリッチPUFとその評価
野崎佑典吉川雅弥名城大DC2019-91
Large Scale Integration(LSI)の認証技術として,Physically Unclonable F... [more] DC2019-91
pp.31-36
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
14:55
沖縄 沖縄県青年会館 ASICで実装したリングオシレータPUFの性能と安全性評価
野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-131 HWS2018-94
本研究では,Application Specific Integrated Circuit(ASIC)で実装されたリング... [more] VLD2018-131 HWS2018-94
pp.225-230
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 改良されたアービタPUFに対する線形モデルによる攻撃
松見 進野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-132 HWS2018-95
電子部品の模造品が市場に流通し,深刻な問題となっている.そして,この問題の対策技術としてPUFが注目されている.2-1 ... [more] VLD2018-132 HWS2018-95
pp.231-236
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
16:20
沖縄 沖縄県青年会館 アンロールドアーキテクチャ実装したPRINCEの低コスト電力解析対策手法
竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-134 HWS2018-97
低コストで実装できる軽量暗号は,小型デバイスの安全性を向上させるのに最適である.低レイテンシと小型実装を実現するPRIN... [more] VLD2018-134 HWS2018-97
pp.243-248
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
16:45
沖縄 沖縄県青年会館 CAN通信におけるMAC生成用カウンタの同期手法
西田奏太野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-135 HWS2018-98
自動車の制御はECUと呼ばれる電子制御ユニットによって実現されている.また,ECUを接続するネットワークとしてCANが広... [more] VLD2018-135 HWS2018-98
pp.249-254
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
09:50
広島 サテライトキャンパスひろしま 機械学習攻撃に耐性のあるPUFのセキュア認証方式
野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-49 DC2018-35
PUF(Physical Unclonable Function)を用いた簡易認証方式であるチャレンジ&レスポンス認証は... [more] VLD2018-49 DC2018-35
pp.77-82
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
14:35
北海道 札幌コンベンションセンター XOR型PUFのサイドチャネル対策手法とその評価
野崎佑典吉川雅弥名城大ISEC2018-42 SITE2018-34 HWS2018-39 ICSS2018-45 EMM2018-41
物理的複製不可能関数(Physical Unclonable Function:PUF)に対するモデリング攻撃の対策とし... [more] ISEC2018-42 SITE2018-34 HWS2018-39 ICSS2018-45 EMM2018-41
pp.337-342
VLD, HWS
(併催)
2018-03-02
14:55
沖縄 沖縄県青年会館 選択的チャレンジを用いたフィードフォワードPUFに対する機械学習攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2017-128
近年,物理的複製不可能関数(Physical Unclonable Function:PUF)に対する機械学習攻撃の脅威... [more] VLD2017-128
pp.237-242
NLP 2017-07-14
10:25
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 SIMON-JAMBUに対する電力解析攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大NLP2017-40
近年,通信データの秘匿化(暗号化)とデータの認証を同時に実現する認証暗号方式が注目されており,現在認証暗号の標準規格を決... [more] NLP2017-40
pp.67-72
NLP 2016-12-12
15:50
愛知 中京大学 Midoriに対するフォールト解析
野崎佑典吉川雅弥名城大NLP2016-90
IoTデバイスのセキュリティにおいて,低消費電力・小回路規模で利用可能な軽量暗号が注目されている.一方で,暗号デバイスに... [more] NLP2016-90
pp.33-38
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2016-11-24
10:00
兵庫 神戸情報大学院大学 センサトリガを用いたハードウェアトロイの実装と評価
岩瀬貴都野崎佑典吉川雅弥名城大CAS2016-58 MSS2016-38
近年,自動車における高機能化が進んでおり,自動運転技術や外部との通信技術といった車載システムは急速に発展している.しかし... [more] CAS2016-58 MSS2016-38
pp.1-6
CAS, NLP
(共催)
2016-10-28
10:20
東京 日立中央研究所 Midoriに対する電力解析攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大CAS2016-53 NLP2016-79
近年,IoT機器のセキュリティへの関心が高まっており,小回路規模・低消費電力が要求されるIoT機器で実装可能な軽量暗号が... [more] CAS2016-53 NLP2016-79
pp.79-84
VLD 2016-03-01
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 軽量暗号Simeck,Simonに対する電磁波解析攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2015-121
IoTの急速な普及に伴い,IoT機器が外部から攻撃されるリスクが増加してきた.このセキュリティ対策として,小回路規模での... [more] VLD2015-121
pp.61-66
CAS 2016-01-28
14:45
東京 機械振興会館 軽量暗号Simeckに対するフォールト攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大CAS2015-67
IoTデバイスの急速な普及に伴い,IoTデバイスで利用可能な軽量暗号が注目されている.Simeckは代表的な軽量暗号の1... [more] CAS2015-67
pp.33-38
DC 2015-12-18
14:50
新潟 クリエート村上(村上市) 軽量暗号に対する電磁波解析攻撃とその評価
野崎佑典吉川雅弥名城大DC2015-78
IoTにより組込み機器でのセキュリティが重要となってきた.そのため,組込み機器で利用可能な軽量暗号が注目されている.一方... [more] DC2015-78
pp.29-34
COMP 2015-12-01
11:00
大阪 大阪大学 軽量暗号Simeckに対する電力解析攻撃
野崎佑典吉川雅弥名城大COMP2015-32
RFIDタグやセンサ機器などの組込みデバイスの普及に伴い,これらの組込みデバイスで利用可能な軽量暗号が注目されている.S... [more] COMP2015-32
pp.17-22
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会