お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2020-10-08
10:45
ONLINE オンライン開催 交差点における建物遮蔽とリンク状態を考慮した地理的opportunistic routing
高橋柊人吉田政望ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大
 [more]
NS 2020-10-08
11:10
ONLINE オンライン開催 高密度広範囲アドホックネットワークに適したAODVの拡張
吉田慎吾吉田政望ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS 2020-10-09
10:30
ONLINE オンライン開催 IoT環境のMQTTにおける秘密分散法を用いた鍵共有システム
中川雅人吉田政望ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大
 [more]
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
10:05
徳島 徳島大学 VANETを利用した不審車両の協調追跡
丁 昱程吉田政望ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大NS2019-136
本稿は,VANET を用いた不審車両の協調追跡法を提案する.道路を走行中の一般車両が不審車両を追跡し,VANET を用い... [more] NS2019-136
pp.13-17
NS, RCS
(併催)
2019-12-20
09:50
徳島 徳島大学 VANETにおけるブロードキャストのための適応的ネットワークコーディング
吉田政望ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大NS2019-152 RCS2019-255
VANETにおいてブロードキャスト通信では,大量のブロードキャストパケットを削減することが重要な技術課題となる.ブロード... [more] NS2019-152 RCS2019-255
pp.91-95
NS, RCS
(併催)
2019-12-20
14:20
徳島 徳島大学 MANETにおけるノード協調によるブラックホール攻撃防御法
寺井 健ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大NS2019-160
 [more] NS2019-160
pp.139-144
CQ 2019-08-28
15:30
北海道 函館アリーナ 地上通信を中継するフライングアドホックネットワーク構成法
武石和哉ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大CQ2019-85
災害時など従来のネットワークインフラが使用できない環境では,アドホックネットワークを用いることで一時的に通信が可能となる... [more] CQ2019-85
pp.141-145
CQ 2019-08-28
15:50
北海道 函館アリーナ 電池残量を考慮した複数機UAVによる協調観測システム
勝島大輔ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大CQ2019-86
近年,災害現場での捜索や情報収集,観測など様々な用途での利用が期待されている無人航空機UAVは,観測エリアの限界やバッテ... [more] CQ2019-86
pp.147-152
CQ 2019-08-28
16:10
北海道 函館アリーナ VANETを利用した災害時避難情報拡散手法 ~ 東日本大震災の経験を踏まえた避難情報の迅速共有の重要性 ~
市川公太ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大CQ2019-87
近年, 車両アドホックネットワーク(Vehicular Ad-hoc NETwork:VANET)の災害時への利用の期... [more] CQ2019-87
pp.153-157
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
11:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) UAVを用いたDTN遭難者位置探索ネットワーク
梥見哲至ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大RCC2019-48 NS2019-84 RCS2019-141 SR2019-60 SeMI2019-57
平成29年度の日本全国の山岳遭難件数は2583件であり,統計上では過去最高を記録したにも関わらず,遭難者探索のための標準... [more] RCC2019-48 NS2019-84 RCS2019-141 SR2019-60 SeMI2019-57
pp.171-176(RCC), pp.197-202(NS), pp.193-198(RCS), pp.203-208(SR), pp.185-190(SeMI)
ITS, IEE-ITS
(連催)
2019-03-04
10:30
京都 京都大学 都市環境VANETにおける道路構造を考慮した領域指定型マルチキャスト
白川元貴ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大ITS2018-86
近年,MANET(Mobile Ad-hoc NETwork)を応用し,車両同士がネットワークを構築しマルチホップ通... [more] ITS2018-86
pp.1-4
CQ 2018-08-24
09:40
滋賀 立命館大学びわこ・くさつキャンパス アドホックネットワークにおける隣接ノード移動性に基づく適応的ネットワークコーディング
吉田政望ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大CQ2018-52
モバイル端末により構成されるアドホックネットワークでは,端末が使用できる電池容量や周波数帯域など資源は有限であるため,効... [more] CQ2018-52
pp.35-40
CQ 2018-08-24
10:05
滋賀 立命館大学びわこ・くさつキャンパス ワイヤレスセンサネットワークにおけるセンシングエリアを考慮した代替ノード配置方式
老田昭伍ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大CQ2018-53
 [more] CQ2018-53
pp.41-45
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-29
11:00
宮城 東北大学 アドホックネットワークにおけるネットワークコーディングを用いた動的転送制御
吉田政望野口 拓立命館大NS2016-75
モバイル端末によって構成されるアドホックネットワークでは,端末電池容量,周波数帯域などのネットワーク資源が限られているた... [more] NS2016-75
pp.7-11
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
ASN, MoNA
(併催) [詳細]
2016-03-01
10:30
東京 東京理科大学 協調処理を実現する広域センサネットワークシステムのためのフレームワーク
森 香樹野口 拓立命館大ASN2015-107
電源容量が限られたセンサノードで構成された無線センサネットワークでは,不必要な環境観測を削減し,センサノードをできるだけ... [more] ASN2015-107
pp.129-134
RCS, IN
(併催)
2009-05-21
13:20
東京 機械振興会館 マルチソースネットワークコーディングを用いた無線ブロードキャストの性能改善
南 圭祐阪大)・野口 拓立命館大)・松田崇弘滝根哲哉阪大IN2009-2
マルチホップ無線ネットワークにおいてフラッディングを用いてブロードキャスト通信を行った場合,冗長なパケット転送によるパケ... [more] IN2009-2
pp.7-12
CS, IN, NS
(併催)
2008-09-12
09:50
宮城 東北大学 無線ブロードキャストのためのマルチソースネットワークコーディング
南 圭祐阪大)・野口 拓立命館大)・松田崇弘滝根哲哉阪大/NICTIN2008-54
モバイルアドホックネットワークなどのマルチホップ無線ネットワークにおいて,ブロードキャストの代表的な手法であるフラッディ... [more] IN2008-54
pp.63-68
NS, IN
(併催)
2008-03-06
08:40
沖縄 万国津梁館(沖縄) ネットワークコーディングを用いたアプリケーションレベルマルチキャストのための経路構築法
中井隆幸阪大)・野口 拓立命館大)・松田崇弘滝根哲哉阪大/NICTIN2007-160
ネットワークコーディング(Network Coding: NC)は,ネットワーク内の中間ノードに複数のパケットを演算(符... [more] IN2007-160
pp.7-12
IN, NS, CS
(併催)
2006-09-15
16:10
宮城 東北大学 ランダムネットワークコーディングを用いたアドホックブロードキャスト
松田崇弘阪大)・野口 拓立命館大)・滝根哲哉阪大IN2006-74
本稿では,無線アドホックネットワーク上でのブロードキャスト通信について検
討している.無線アドホックネットワーク上でブ... [more]
IN2006-74
pp.151-156
NS, IN
(共催)
2005-03-03
11:10
沖縄 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) [奨励講演]無線ホストを考慮したロバストなアプリケーションレベルマルチキャストツリーの性能評価
野口 拓立命館大)・山本 幹阪大
近年,IPマルチキャストが普及するまでの近未来における現実解として,アプリケーションレベルマルチキャストが提案されている... [more] NS2004-242 IN2004-242
pp.225-228
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会