お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2009-06-19
15:10
東京 機械振興会館 高機能FFによる微小遅延故障検出技術の小面積化手法
野口宏一朗野瀬浩一NEC)・尾野年信NECエレクトロニクス)・水野正之NECDC2009-16
 [more] DC2009-16
pp.31-34
ICD, SDM
(共催)
2008-07-17
10:55
東京 機械振興会館 高信頼なLSIを実現するための微小遅延欠陥検出技術
野口宏一朗野瀬浩一NEC)・尾野年信NECエレクトロニクス)・水野正之NECSDM2008-132 ICD2008-42
プロセスの微細化によるチップの高集積化に伴い、微小遅延故障がチップの信頼性を下げる大きな要因の一つになっている。我々はL... [more] SDM2008-132 ICD2008-42
pp.23-28
ICD, VLD
(共催)
2007-03-07
17:00
沖縄 メルパルク沖縄 サブ100nmデジタルシグナルインテグリティのためのオンチップモニタ
坂東要志野口宏一朗永田 真神戸大
サブ100nm CMOS時代を迎えて、大規模・高速デジタルLSIにおけるダイナミックな電源雑音やウェル電位変動に起因した... [more] VLD2006-116 ICD2006-207
pp.61-66
ICD, ITE-CE
(共催)
2006-12-15
09:00
広島 (財)広島産業振興機構 広島県情報プラザ オンチップマルチチャネル信号モニタによるアナログ回路動作診断
佐藤秀一橋田拓志野口宏一朗永田 真神戸大
 [more] ICD2006-158
pp.85-90
ICD, ITE-IST
(共催)
2006-07-27
12:00
静岡 静岡大学(浜松キャンパス内) オンチップマルチチャネル信号モニタを用いたチップ内部信号測定システムの構築
橋田拓志野口宏一朗永田 真神戸大
本研究では、オンチップマルチチャネルモニタシステムを利用したミックストシ
グナルLSIテスト環境の構築を目指し、汎用F... [more]
ICD2006-64
pp.23-28
ICD 2005-07-14
09:30
愛知 豊橋技術科学大学 ミックストシグナルLSIのためのオンチップマルチチャネル信号モニタ
野口宏一朗永田 真神戸大
 [more] ICD2005-40
pp.1-6
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会