お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2016-01-29
13:00
東京 明治大学(駿河台)アカデミーコモン8階308E教室 倫理を制限する正義 ~ レヴィナスの「顔」の概念と正義の二面性 ~
辻 和希早大TL2015-57
エマニュエル・レヴィナスは、主体の思考を超え出る「無限なる他者」を想定した他者論を展開させたことで知られている。そうした... [more] TL2015-57
pp.13-18
NLP 2013-12-06
13:30
海外 City University of Hong Kong Basic Analysis of Hyperchaotic Circuit with Time and State Dependent Switches
Kazuki YotsujiToshimichi SaitoHosei Univ.NLP2013-115
This paper studies a continuous-time non-autonomous hypercha... [more] NLP2013-115
pp.13-16
NC, NLP
(共催)
2013-01-25
13:50
北海道 北海道大学百年記念会館 非自律系カオス的スパイク発振器のスパイク列の解析
四辻和希斎藤利通法政大NLP2012-135 NC2012-125
本論文では、連続時間系非自律系カオス的スパイク発振器のスパイク列について考察する。
スパイク発振器は、状態変数のしきい... [more]
NLP2012-135 NC2012-125
pp.175-179
MBE, NC
(併催)
2012-11-17
15:20
宮城 東北大学 リカレンスプロットに基づくスパイク信号の解析: カオス的スパイク発振器の例
四辻和希斎藤利通法政大NC2012-72
本論文では連続時間系のカオス的スパイク発振器から生成されるスパイク列の2つの解析手法を考察する。
スパイク間隔によるヒ... [more]
NC2012-72
pp.63-67
NLP 2012-01-24
10:10
福島 會津稽古堂 状態と時間に依存して発火するカオス的スパイク発振器の解析
四辻和希今井聡志法政大)・三堀邦彦拓殖大)・斎藤利通法政大NLP2011-136
本論文では時間と状態に依存して発火するカオス的スパイク発振器について考察する。
状態に依存するスイッチのみを用いた場合... [more]
NLP2011-136
pp.69-73
NLP 2011-11-09
13:40
沖縄 宮古島マリンターミナル2F研修室 2種類のインパルススイッチを有するカオススパイク発振器のISI特性
今井聡志四辻和希斎藤利通法政大NLP2011-99
本論文では、2つのインパルススイッチを有するカオス的スパイク発振器が出力するスパイク列のスパイク間隔特性について考察する... [more] NLP2011-99
pp.43-48
NLP 2007-03-05
14:50
宮城 東北大学片平さくらホール 蟻の行動の時系列解析とモデリング
内川哲哉東北大)・菅原 研東北学院大)・菊地友則辻 和希琉球大)・早川美徳東北大
 [more] NLP2006-147
pp.27-30
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会