お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
13:50
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) 大規模衛星通信システムのネットワーク最適化
阿部侑真NICT/慶大)・小蔵正輝阪大)・辻 宏之三浦 周NICT)・足立修一慶大SAT2019-72
 [more] SAT2019-72
pp.29-32
SAT 2019-10-11
11:40
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} Array Calibration Method Considering Mutual Coupling between Elements
Hiroyuki TsujiYuma AbeNICT)・Tomotada KondoYuiko KikuchiShuichi AdachiKeio Univ.SAT2019-59
 [more] SAT2019-59
pp.81-85
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-07
13:25
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 Geometric Programmingによる衛星通信ネットワーク設計法の検討
阿部侑真NICT/慶大)・小蔵正輝奈良先端大)・辻 宏之三浦 周NICT)・足立修一慶大WBS2018-67 ITS2018-50 RCC2018-98
 [more] WBS2018-67 ITS2018-50 RCC2018-98
pp.223-227
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-21
13:30
福岡 福岡工業大学 [ショートペーパー]Unscented transformを用いたGANの事前学習
金井関利NTT/慶大)・藤原靖宏NTT)・足立修一慶大PRMU2018-61 IBISML2018-38
本稿ではUnscented transform(UT)を使ったGenerative adversarial networ... [more] PRMU2018-61 IBISML2018-38
pp.155-156
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]出力追従制御を応用したトランスオーラル再生制御器の緩和処理に関する一検討
松井健太郎伊藤敦郎NHK)・森 翔平井上正樹足立修一慶大EA2017-120 SIP2017-129 SP2017-103
出力追従制御を応用した,チャンネルベース音響のトランスオーラル再生法を検討している.本稿では,出力追従性能を犠牲にして制... [more] EA2017-120 SIP2017-129 SP2017-103
pp.111-116
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
10:55
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 モデル予測制御に基づく衛星通信の周波数割り当てに関する検討
阿部侑真NICT/慶大)・辻 宏之三浦 周NICT)・足立修一慶大WBS2017-70 ITS2017-47 RCC2017-86
本稿では,モデル予測制御(Model Predictive Control:MPC)の考え方に基づいた周波数割り当ての方... [more] WBS2017-70 ITS2017-47 RCC2017-86
pp.197-202
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-03
14:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 頭部伝達関数の共通極・零モデリング法の一検討
松井健太郎NHK/慶大)・金井関利菅谷真帆足立修一慶大EA2015-12
多方向の頭部伝達関数を,予測誤差法を用いて、共通極・零点型のモデルとして推定する方法を提案する.提案法は,頭部伝達関数を... [more] EA2015-12
pp.13-16
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
13:15
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) トランスオーラル再生のための対角化法による逆システムの構成
菅谷真帆慶大)・松井健太郎慶大/NHK)・中山靖茂NHK)・足立修一慶大EA2014-123 SIP2014-164 SP2014-186
本稿では,音場再生技術の一つであるトランスオーラル再生に注目し,必要となる制御器の新たな構成法を提案する.トランスオーラ... [more] EA2014-123 SIP2014-164 SP2014-186
pp.285-290
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
13:40
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) 多方向頭部伝達関数のARXモデリング
金井関利慶大)・松井健太郎NHK/慶大)・中山靖茂NHK)・足立修一慶大EA2014-124 SIP2014-165 SP2014-187
本稿では,多方向の頭部伝達関数(HRTF)を多入力1出力系とみなし,多入力1出力のARXモデルによって同時推定する方法を... [more] EA2014-124 SIP2014-165 SP2014-187
pp.291-294
EA 2014-08-19
15:20
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス 低次HRTFモデルを用いたトランスオーラル再生
松井健太郎NHK/慶大)・中山靖茂NHK)・菅谷真帆足立修一慶大EA2014-16
本稿では,頭部伝達関数の低次モデルを用いたトランスオーラル再生法を提案する.頭部伝達関数の低次モデルは,二つのステップか... [more] EA2014-16
pp.25-30
EA 2013-08-09
15:50
宮城 東北大学 正則化最小二乗法を用いた頭部伝達関数の多方向同時推定
金井関利足立修一慶大)・松井健太郎安藤彰男NHKEA2013-61
筆者らは先行研究として,予測誤差法を用いて複数方向の頭部伝達関数を同時に推定する手法を提案した。
しかし,SN比の問題... [more]
EA2013-61
pp.45-50
EA 2012-08-02
14:10
宮城 東北学院大学 予測誤差法を用いた頭部伝達関数の多方向同時推定精度の検証
石川健太郎慶大)・丸田一郎京大)・足立修一慶大)・松井健太郎安藤彰男NHKEA2012-63
頭部伝達関数の測定は一方向ずつ行うことが一般的であり,長い測定時間を要することが課題となっていた。そこで筆者らは,先行研... [more] EA2012-63
pp.55-60
EA 2011-08-10
10:00
宮城 東北大学電気通信研究所 予測誤差法による頭部伝達関数の多方向同時推定
徳住ゆりか竹中裕司足立修一慶大)・松井健太郎安藤彰男NHKEA2011-59
頭部伝達関数を測定するには,多方向について一方向ずつ測定用の音響信号を出力する必要があり,測定に長い時間を要していた.そ... [more] EA2011-59
pp.55-60
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会