電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-07-19
16:10
東京 工学院大学 HDMRにおけるドットの条件と面記録密度の関係
松島直史赤城文子工学院大
磁気ディスク装置の高記録密度化のために,熱アシスト磁気記録(heat assisted magnetic recordi... [more] MRIS2019-13
pp.31-36
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-06-08
09:15
宮城 東北大学 負の磁気異方性定数をもつFGLの注入電流密度低減効果
赤城文子加瀬愛菜崔 宰榮吉田和悦工学院大
磁気ディスク装置の高記録密度化を実現する手法の1つとしてマイクロ波アシスト磁気記録方式(microwave assist... [more] MRIS2018-9
pp.49-54
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-06-09
09:40
宮城 東北大学 デュアルSIL構造をもつSTOにおいて注入電流密度低減のためのSILの飽和磁化及び膜厚
加瀬愛菜上村朋子赤城文子吉田和悦工学院大
磁気ディスク装置の高記録密度化を実現する手法の1つとしてマイクロ波アシスト磁気記録方式(microwave assist... [more] MR2017-7
pp.47-52
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-06-05
10:20
宮城 東北大学 BPMを用いた熱アシスト磁気記録方式において,熱分布とヘッド磁界強度の立ち上がり時間がビットエラーレートに及ぼす影響
田村尚也赤城文子工学院大
 [more] MR2015-8
pp.49-53
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-11-25
13:00
東京 早稲田大学 マイクロ波アシスト記録におけるダンピング定数が発振磁界に及ぼす影響及び発振磁界増大方法についての検討
古賀理樹赤城文子吉田和悦工学院大
現在, 磁気ディスク装置の高記録密度化においては,媒体の雑音,熱揺らぎ,記録ヘッドの磁界強度限界のトリレンマがある.その... [more] MR2014-23
pp.1-5
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2012-10-18
14:45
秋田 秋田県産業技術センター(AIT) 高度技術研究館 [招待講演]5Tb/in2超エネルギーアシスト記録 ~ 超高密度ナノビット磁気記録技術 ~
宮本治一赤城文子向尾将樹武井久子牛山純子日立
NEDOプロジェクト「超高密度ナノビット磁気記録技術の開発(グリーンITプロジェクト)」では、データセンタなどでのストレ... [more] MR2012-20
pp.13-17
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2012-10-18
15:50
秋田 秋田県産業技術センター(AIT) 高度技術研究館 2.5Tbit/in2級熱アシスト記録用ヘッドの記録磁極構造に関する検討
山川清志伊勢和幸秋田県産技センター)・赤城文子渡邉克郎五十嵐万壽和宮本治一日立
熱アシスト記録用ヘッドの記録磁極構造についてシミュレーションによる検討を行った。主磁極前端側に近接場光を印加して記録を行... [more] MR2012-21
pp.19-24
ITE-MMS, MRIS
(連催)
2010-07-08
16:00
茨城 茨城大学 面記録密度1Tb/in2-2.5Tb/in2を達成するための熱アシスト磁気記録計算機シミュレーション
赤城文子廣常明美根本広明松本拓也大倉康孝向尾将樹牛山純子宮本治一日立
本研究では,熱アシスト磁気記録方式(Thermally Assisted magnetic Recording:TAR)... [more] MR2010-17
pp.29-36
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会