お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 129件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
16:50
ONLINE オンライン開催 IEEE 802.11ax無線LANにおけるTCPのトラヒック強度を考慮したOFDMA伝送法
上村洸瑠谷川陽祐戸出英樹阪府大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
14:25
ONLINE オンライン開催 Named Data Networkingにおけるエッジコンピューティング資源探索に関する一検討
近藤大嗣谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2020-85
コネクテッドカーや仮想現実,拡張現実等のアプリケーションを実現する手法の1つとして,Named Data Network... [more] NS2020-85
pp.56-61
PN 2020-11-10
13:25
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]稠密空間分割多重型エラスティック光網における使用禁止・準禁止領域を導入したクロストークアウェア周波数/コア資源割当手法
久保田浩介谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2020-26
トラヒックの飛躍的な増大に対処するため,空間分割多重型エラスティック光網に関する研究が盛んに行われている.
稠密な空間... [more]
PN2020-26
pp.18-23
NS 2020-10-08
10:20
ONLINE オンライン開催 無線センサネットワークにおける周期パケットおよび非周期パケット間の送信タイミング制御
小山 彩谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2020-63
近年,無線センサネットワークにおいて,環境や生体などに関するデータの周期的な伝送に加え,イベント検出などの非周期的に生成... [more] NS2020-63
pp.42-47
PN, NS, OCS
(併催)
2020-06-19
13:45
ONLINE オンライン開催 空間分割多重型光パケット交換網のためのフロー単位の空間チャネル資源割当法及び基本機能検証
橋本侑亮久保田浩介阪府大)・藤本章宏和歌山大)・谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2020-11
近年,ファイバ容量のさらなる拡大,並びに時間領域におけるより効率的かつ柔軟なサービスの収容を目指し,空間分割多重型光パケ... [more] PN2020-11
pp.39-45
NS 2020-05-15
13:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]2019年度ネットワークシステム研究会における研究動向報告
谷川陽祐阪府大)・河野伸也水野志郎NTTNS2020-18
 [more] NS2020-18
pp.63-69
NS, IN
(併催)
2020-03-05
09:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
長距離無線通信の支援による無線LAN通信を用いたマルチホップ伝送法
永吉涼佑谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-179
無線LAN は使用料や使用契約が不要であるという利点をもつため,スマートフォンやタブレット端末等のユーザの多くは,無線L... [more] NS2019-179
pp.13-19
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
多数無線LANが相互干渉する環境におけるRSSI情報を用いた確度の異なる2つの同時伝送判定規律に基づく伝送スループット向上法
川島 健谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-246
近年,無線LAN が広く普及し,多くの無線LAN が相互干渉するほど近接して配置される環境が増加している.このような環境... [more] NS2019-246
pp.389-394
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
10:40
徳島 徳島大学 無線センサ網における経路上のノード相互のMAC連携と段階的チャネル予約に基づく緊急データ優先伝送法の評価
井上 翼谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-137
近年,IoT (Internet of Things) の普及と発展に伴い,無線センサネットワークとそのアプリケーション... [more] NS2019-137
pp.19-24
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
11:05
徳島 徳島大学 多数無線LANが相互干渉する環境における複数フレームの有効な同時伝送に基づく伝送スループット向上法
川島 健谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-138
近年,無線LAN が広く普及し,多くの無線LAN が相互干渉するほど近接して配置される環境が増加している.このような環境... [more] NS2019-138
pp.25-30
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]Q学習を用いた光パケット網のオフローディング応用
戸出英樹小島 諒谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT
 [more]
NS 2019-10-10
13:30
愛知 名古屋工業大学 [ポスター講演]無線センサ網における経路上のノード相互のMAC連携と段階的チャネル予約に基づく緊急データ優先伝送法の提案
井上 翼谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-104
近年,IoT (Internet of Things) の普及と発展に伴い,無線センサネットワークとそのアプリケーション... [more] NS2019-104
pp.23-26
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
15:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 相互干渉する複数のIEEE 802.11ax無線LAN環境における競合局数と送信バッファリング量に着目した上りOFDMA伝送法
高橋良一谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-98
近年,無線LANが広く普及し,多くの無線LANが相互干渉するほど近接して配置される環境が増加している.また,無線LANに... [more] NS2019-98
pp.53-58
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) 無線LANの活用によるZigBeeネットワークの通信負荷および無線LANからの電波干渉の軽減法
谷川陽祐松本 輝戸出英樹阪府大NS2019-54
近年,近距離無線通信規格としてZigBee に期待が高まっている.ZigBee は低消費電力かつ狭帯域での運用を前提とし... [more] NS2019-54
pp.61-66
NS 2019-05-17
10:45
東京 工学院大学 新宿キャンパス [依頼講演]2018年度ネットワークシステム研究会における研究動向報告
谷川陽祐阪府大)・橿渕健一松井健一NTTNS2019-31
本稿では,ネットワークシステム研究専門委員会が2018年度に開催した研究会を対象に,研究テーマごとの講演件数を調査し,研... [more] NS2019-31
pp.61-67
NS 2019-04-19
11:15
鹿児島 天文館ビジョンホール カバレッジの異なる異種無線ネットワーク間連携における端末局と基地局の接続制御法
永吉涼佑谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-14
無線LANは使用料や使用契約が不要であるという利点をもつため,スマートフォンやタブレット端末等のユーザの多くは,無線LA... [more] NS2019-14
pp.79-84
PN 2019-03-15
13:50
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 空間分割多重型エラスティック光網におけるファイバ内及びノード内のクロストークの影響を考慮した周波数資源割当手法
久保田浩介谷川陽祐戸出英樹阪府大)・廣田悠介NICTPN2018-94
 [more] PN2018-94
pp.67-72
PN 2019-03-15
15:25
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 空間分割多重型エラスティック光網における資源利用効率を考慮したクロストークアウェア周波数/コア資源割当手法
端野宏太郎阪府大)・廣田悠介NICT)・谷川陽祐戸出英樹阪府大PN2018-97
 [more] PN2018-97
pp.85-90
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 網内誘導情報に基づくサービスチェイン探索機構における近傍性を考慮したVNFの動的な複製配置法
小田悠太郎谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2018-242
 [more] NS2018-242
pp.289-294
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター Named-Data NetworkingにおけるIn-network誘導を用いた参加型細粒度クラウドコンピューティングプラットフォームの構築
アンスカ トマ谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2018-276
 [more] NS2018-276
pp.481-486
 129件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会