電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-07
14:55
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 聴覚的臨場感に関する基本印象語・複合印象語リストの検討(5) ~ ダイナミックレンジを操作した22.2ch音響コンテンツの印象比較 ~
谷口高士阪学院大)・大出訓史長谷川知美中山靖茂NHKCQ2016-130
音響コンテンツを放送したり,ネットで配信したりする際には,再生機器の特性や視聴環境を考慮して,信号レベルのダイナミックレ... [more] CQ2016-130
pp.119-124
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
13:00
沖縄 名桜大 [特別講演]超臨場感コミュニケーションにおける聴覚的臨場感の階層的推定について
谷口高士阪学院大IMQ2015-60 CQ2015-145 IE2015-159 MVE2015-87
視聴覚メディアのさらなる高品質化に対応して,サービス品質と視聴者の体感品質を推定するための新たな測定指標が必要である.著... [more] IMQ2015-60 CQ2015-145 IE2015-159 MVE2015-87
pp.181-186(IMQ), pp.211-216(CQ), pp.181-186(IE), pp.181-186(MVE)
CQ 2014-07-11
14:20
大阪 大阪大学基礎工学国際棟セミナー室(大阪大学) 聴覚的臨場感の基本印象・複合印象尺度に関する時系列的検討 ~ 2ch/22.2ch音楽コンテンツの連続時間評価 ~
谷口高士阪学院大)・大出訓史中山靖茂NHKCQ2014-36
聴覚的臨場感に関する基本印象と複合印象の時系列的な変化を検討するために,空間的印象の異なる22.2chと2.1chで再生... [more] CQ2014-36
pp.117-122
CQ 2013-07-12
09:25
北海道 北海道大学 聴覚的臨場感に関する基本印象語・複合印象語リストの検討(2) ~ 再生帯域を操作した22.2ch音響コンテンツの印象比較 ~
谷口高士阪学院大)・大出訓史安藤彰男NHKCQ2013-21
先行研究に基づいて提案した,聴覚的臨場感に関する基本印象および複合印象の測定尺度の有用性を検討する一連の実験の一つとして... [more] CQ2013-21
pp.43-48
CQ 2012-07-13
12:45
愛媛 愛媛大学 音響技術者の評価に基づく聴覚的臨場感に関連する音の印象語の階層関係について
谷口高士阪学院大CQ2012-34
本研究は,音に関する複合的印象語と基本印象語における階層関係を調べるためにおこなった.聴覚的臨場感や空間的印象に関連する... [more] CQ2012-34
pp.101-106
EMM 2012-03-16
13:30
大阪 大阪大学吹田キャンパス [招待講演]感動評価尺度による音楽コンテンツの価値評価
大出訓史安藤彰男NHK)・谷口高士阪学院大EMM2011-70
感動という言葉は,日常生活において,大きな感情の変化を伴うと同時に,自らの体験や見聞きした対象に対して,肯定的な価値評価... [more] EMM2011-70
pp.37-42
CQ 2011-07-14
13:25
北海道 小樽市民会館 再生周波数帯域の操作による臨場感・空間印象の変化
谷口高士阪学院大)・大出訓史安藤彰男NHKCQ2011-19
音響コンテンツの再生周波数帯域を制限することで,音特徴の知覚的印象および臨場感・空間印象がどのように変化するかを調べるた... [more] CQ2011-19
pp.5-10
EA 2011-06-24
13:45
北海道 北海道医療大学 音の広がり感に関する音響物理量の時間変化と感動評価との関係
大出訓史安藤彰男NHK)・谷口高士阪学院大EA2011-41
 [more] EA2011-41
pp.65-70
CQ 2010-07-08
11:50
北海道 宗谷ふれあい公園 映画における音声と映像の非同期に対する違和感とずれ量推定について
谷口高士平田 梓阪学院大CQ2010-22
映像と音声の開始タイミングがずれると違和感を覚えるが、一般に音声が遅延する方が許容されやすい。映像と音声の非同期に対する... [more] CQ2010-22
pp.37-40
CQ 2010-07-08
13:30
北海道 宗谷ふれあい公園 視聴者の経験による場面注視行動の違いについて(1)
谷口高士松田依子阪学院大CQ2010-24
マーチング経験者・非経験者の、マーチング演技視聴時の視線をアイマークレコーダーで記録した。場面により両者の視線の動き(注... [more] CQ2010-24
pp.45-50
EA 2010-06-10
13:30
北海道 北海道医療大学 音楽聴取における音の臨場感と主観的な近さとの関係
大出訓史安藤彰男NHK)・谷口高士阪学院大EA2010-22
近年,臨場感という観点から映像・音響メディアの研究が行われている.
臨場感という言葉は,再生品質の評価において「リアリ... [more]
EA2010-22
pp.1-6
EA 2009-06-26
10:30
北海道 北海道医療大学 音や音楽の印象評価における反意表現の検討
大出訓史安藤彰男NHK)・谷口高士阪学院大EA2009-27
視聴者満足度といった観点から音や音楽を評価する場合,その音が大きいか小さいかといった物理的な特徴量と,その結果としてどう... [more] EA2009-27
pp.55-60
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会