電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-19
09:30
和歌山 和歌山大学 ドット文字を対象としたトップダウン型セグメンテーション手法の提案
溝口拓也奈良先端大)・井尻善久諏訪正樹オムロン)・清川 清奈良先端大
ドット文字とはドットマトリクスによって構成される文字であり, 製品管理などに用いられる.文字認識のタスクでは,... [more] PRMU2017-145 CNR2017-23
pp.1-6
HCS 2017-03-15
10:25
宮城 東北大学片平キャンパス 臨機応変に繰り出す多様なる相槌 ~ 寄り添い、理解を示し、展開させる聴き上手の姿 ~
伊達理英子坂井田瑠衣諏訪正樹慶大
 [more] HCS2016-91
pp.5-10
HCS 2017-03-15
10:50
宮城 東北大学片平キャンパス 価値共創としてのコミュニケーション ~ パスタのレシピ創造のケーススタディ ~
諏訪正樹慶大)・藤井晴行東工大)・中島秀之東大
コミュニケーションは基本的に価値共創であること,さらに「共に創る」といっても,つくりだされる価値はコミュニケーションの参... [more] HCS2016-92
pp.11-16
HCS 2017-03-16
16:10
宮城 東北大学片平キャンパス 「あいだ」と「わたし」 ~ 暮らしにおける共創の場を描き出す ~
桑山菊夏諏訪正樹慶大
「誰か」との「あいだ」が、「わたし」をつくり出す。生活の中で何かを言葉にしようとすることは、「あいだ」をつくり出すことで... [more] HCS2016-118
pp.161-166
HCS 2013-08-23
15:15
京都 立命館大学朱雀キャンパス 被災地復興を牽引する地域住民間のコミュニケーション活性化支援
坂井田瑠衣忽滑谷春佳栗本美可子諏訪正樹慶大
被災地復興という社会的課題において,まちやコミュニティが有する価値や魅力を地域住民が自ら考え共有するための仕組みづくりは... [more] HCS2013-35
pp.15-20
HCS 2013-03-05
13:30
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 お好み焼きの協同調理行為を伴う食卓の場のデザイン ~ 座席配置がコミュニケーションに与える影響の分析 ~
坂井田瑠衣加藤文俊諏訪正樹慶大
共食の場をデザインするにあたっては,料理形式や参与者同士の関係性を考慮した上で,相応しい座席配置を決めることが望ましいが... [more] HCS2012-95
pp.99-104
HCS 2012-08-18
17:30
滋賀 立命館大学びわこ・草津キャンパス 身体運動の記述に基づく空手の組手競技における駆け引きの考察
西山武繁諏訪正樹慶大
 [more] HCS2012-44
pp.67-72
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会