お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-01-22
15:25
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 検索クエリを用いたライフログ閲覧時の記憶想起補助の提案
久保田 彰酒田信親西田正吾阪大PRMU2014-97 MVE2014-59
カメラ付き携帯端末の普及に伴い,ライフログが実現可能になりつつある.写真によるライフログはスマートフォンだけで実現可能で... [more] PRMU2014-97 MVE2014-59
pp.111-116
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-01-23
10:15
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 スマートフォンのカメラ画像に基づくユーザプロファイル抽出
篠田美香子酒田信親西田正吾阪大PRMU2014-102 MVE2014-64
 [more] PRMU2014-102 MVE2014-64
pp.199-203
MVE 2014-06-07
13:00
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科棟 [ポスター講演]ボディウォーンカメラと手持ちカメラの連携による撮影支援
篠田美香子酒田信親西田正吾阪大MVE2014-4
ユーザ周囲の映像を体験記録として自動で記録するウェアラブルカメラが注目されている.しかし,これらの自動撮影は,一度設定し... [more] MVE2014-4
pp.99-100
PRMU, CNR
(共催)
2014-02-13
11:00
福岡 福岡大学 検索クエリのライフログへの導入の検討
酒田信親久保田 彰西田正吾阪大PRMU2013-123 CNR2013-31
近年,身の回りのセンサの多様化や記憶装置の小型,大容量化に伴い,個人の体験や行動を記録するライフログの実現が容易になりつ... [more] PRMU2013-123 CNR2013-31
pp.13-17
HCS 2014-02-01
13:10
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 印象変化に着目したグループ議論実験
伊藤京子西田正吾阪大)・持田康弘今田美幸NTTHCS2013-75
複数人が一つのテーマを話し合うグループ議論において、議論の内容だけではなく、議論中に形成される個々の参加者に対する印象が... [more] HCS2013-75
pp.31-36
HCS 2013-11-09
17:00
大阪 大阪大学(豊中) 省エネ行動に向けたタイミング通知インタフェースの効果とその影響
岸 康敬伊藤京子西田正吾阪大HCS2013-68
エネルギー問題の対策の1つとして,浪費を防ぐ省エネ行動がある.消費者が常に省エネ行動しているとは言いづらく,関心はあるが... [more] HCS2013-68
pp.101-106
HCS 2012-01-20
15:15
愛知 ウインクあいち(名古屋) 初等教育におけるエネルギー・環境問題の話し合いでの教育指針の検討
大森耕介伊藤京子大西 智酒田信親西田正吾阪大HCS2011-61
近年,エネルギー・環境問題に関する教育方法の一つとして,話し合い活動が初等教育より導入されている.この活動では,児童自身... [more] HCS2011-61
pp.41-46
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2011-10-13
11:30
北海道 稚内総合文化センター テーブルトップを用いた複数指示者による遠隔協調作業のためのインタラクション手法の検討
上村敬志・○酒田信親西田正吾阪大MVE2011-36
 [more] MVE2011-36
pp.29-32
HCS 2011-01-21
16:00
大阪 大阪大学中之島センター 笑顔とは何か? ~ 笑顔の顕在化を用いた会話実験 ~
埴淵俊平伊藤京子西田正吾阪大HCS2010-54
近年笑顔認識技術の向上・市販化により, 今後人と人, もしくは人と人工物がコミュニケーションをする際に笑顔情報を利用した... [more] HCS2010-54
pp.59-64
HCS 2011-01-21
16:30
大阪 大阪大学中之島センター 環境配慮行動に関する思い込み認知を用いた目標意図向上手法の提案
山本 怜伊藤京子西田正吾阪大HCS2010-55
近年の環境問題に対し,一般の人々が環境配慮行動を行うことが必要とされている.
環境配慮行動を促進する枠組みとして,we... [more]
HCS2010-55
pp.65-70
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-01-20
09:00
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス ProCams搭載ノートパソコンの協調作業への適用
進来太彦富谷 拓酒田信親西田正吾阪大PRMU2010-149 MVE2010-74
プロジェクタとカメラで構成されたシステムをProCamsと呼ぶ.プロジェクタは従来のものに比べて小型化され,現在では様々... [more] PRMU2010-149 MVE2010-74
pp.1-6
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-01-20
10:50
滋賀 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス タッチパネルを用いた没入型AR空間内の仮想物体の遠距離操作方法
富谷 拓酒田信親西田正吾阪大PRMU2010-159 MVE2010-84
 [more] PRMU2010-159 MVE2010-84
pp.65-68
HCS 2010-10-23
11:00
東京 東京医科歯科大学 [ポスター講演]笑顔の視覚化が会話参加者に与える影響
埴淵俊平伊藤京子西田正吾阪大HCS2010-42
会話は人と人が関係を確立する上で, 最も基本的なコミュニケーション行動であり, 他者との会話を楽しむことは他者との関係を... [more] HCS2010-42
pp.23-28
MVE 2010-10-22
09:45
北海道 とかちプラザ(帯広) 慣性センサを用いた腰部搭載プロジェクタ投影安定化手法
多治見圭亮上村敬志梶原康宏酒田信親西田正吾阪大MVE2010-63
近年,地図案内情報や位置情報管理サービスが,個人や仕事で使われている.
これらのサービスは,携帯電話やPDAを使って,... [more]
MVE2010-63
pp.61-66
HCS 2009-10-09
10:40
京都 コミュニティ嵯峨野 表出時間の変化に伴う笑顔の印象変化の分析 ~ 表情表出過程トレーニング支援に向けて ~
埴淵俊平伊藤京子西田正吾阪大HCS2009-54
笑顔は人と人とのコミュニケーションにおいて相手に対して肯定的な印象を与えるため,意識してつくることの多い表情である.従来... [more] HCS2009-54
pp.35-40
HCS 2009-10-09
11:20
京都 コミュニティ嵯峨野 インターネットを介したpublic opinion表明方法の提案 ~ 先端技術をテーマとしたゆるやかなコミュニケーション ~
山本 怜伊藤京子大西智士西田正吾阪大HCS2009-55
先端技術の導入・利用を検討するために,先端技術に関する一般の人々のpublic opinionが必要とされている.
し... [more]
HCS2009-55
pp.41-46
HCS 2009-03-23
13:30
島根 島根大学 松江キャンパス 教養講義室棟2号館 表情トレーニング支援インタフェースの臨床における有用性の検証 ~ 口唇口蓋裂を有する患者への適用 ~
高見 愛伊藤京子埴淵俊平西田正吾八木雅和阪大)・上松節子阪大歯学部附属病院)・高田健治阪大HCS2008-58
口唇口蓋裂は日本では500人に1人の割合で発症する顔の先天性奇形である.近年,治療方法はめざましく発展しているが,表情の... [more] HCS2008-58
pp.1-6
HCS 2009-03-23
14:00
島根 島根大学 松江キャンパス 教養講義室棟2号館 協調的な意思決定型議論を支援する情報提示に向けた検討
大西智士伊藤京子西田正吾阪大HCS2008-59
社会生活において,集団で意思決定や問題解決をしなければならない場面が多々ある.意思決定型議論の効用を最大にするためには,... [more] HCS2008-59
pp.7-12
MVE 2008-10-02
17:15
北海道 釧路市観光国際交流センター テーブルトップ型拡張現実感におけるMagicCupの提案と評価
明神聖子阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大MVE2008-48
本論文では,テーブルトップ型拡張現実感に適した3次元仮想物体操作インタフェースとして,実物体のカップを操作インタフェース... [more] MVE2008-48
pp.15-20
HIP 2008-03-22
- 2008-03-23
福岡 北九州学術研究都市 実写ベースカーナビにおける交差点案内の情報提示手法に関する検討と評価
赤穂賢吾阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大HIP2007-171
カーナビゲーションシステムの経路案内において,交差点で必要な情報を短時間で正確に運転者へ伝える点は改善する必要があるため... [more] HIP2007-171
pp.73-78
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会