電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-28
10:50
東京 東京大学山上会館 発話率のフィードバックによる食事コミュニケーション支援
小川恭平竹内俊貴西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-14
本研究は,食事中の発話量をユーザの望む方向へ変化させ,食事コミュニケーションを支援することを目的とする.食事中のユーザの... [more] MVE2011-14
pp.1-6
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-29
15:50
東京 東京大学山上会館 高精細大画面ディスプレイを利用した可視化を対象とする視線位置に応じたインタラクティブな情報認識支援システム
荒川卓也山崎充彦林 織部西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-29
高精細大画面ディスプレイを利用した情報の可視化は,情報量は多いが,表示範囲がユーザの中心視野領域を大きく超え,特定の情報... [more] MVE2011-29
pp.79-84
MVE 2011-05-13
11:00
茨城 筑波大学 PRIMA ~ 異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム ~
竹内俊貴中島統太郎西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2011-1
我々は,複数台のKinectセンサを用いて,異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム,“PRIMA ... [more] MVE2011-1
pp.7-12
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-29
10:55
東京 東京大学山上会館 ハンドヘルドプロジェクタによる高臨場空間投影手法に関する研究
山崎充彦西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-26
 [more] MVE2010-26
pp.19-24
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-30
09:30
東京 東京大学山上会館 レシートログと消費行動に関する未来予測
竹内俊貴鳴海拓志西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-40
本研究では,過去の購買情報から未来の消費行動を予測・提示することで,ユーザの収支バランスの改善を図ることを目的とする.ま... [more] MVE2010-40
pp.99-104
MVE, ITE-HI
(連催)
2010-06-30
13:40
東京 東京大学山上会館 嗅覚ディスプレイを用いた作業支援
宮浦理彰鳴海拓志西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2010-47
匂いをユーザの鼻先に出し,匂い強度を時間的,空間的に制御することができる個人型嗅覚ディスプレイを用いることで,ユーザの状... [more] MVE2010-47
pp.137-142
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-08
09:30
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 過去の写真から現在の写真の撮影と接続に関する研究
山蔦良知西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-1
 [more] MVE2009-1
pp.1-6
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-08
13:50
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 水滴を利用した空間充填型ディスプレイの明るさ向上に関する研究
永徳真一郎東大/NTT)・西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-7
空間内に粒子を配置し粒子の位置や発光パターンを制御することで,視覚的な表現に加えその映像を構成する物質に触れて楽しむこと... [more] MVE2009-7
pp.37-42
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-09
09:30
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 顔情報を用いたライフログ利用に関する研究
高松創介西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-14
近年情報インフラの整備が進み、人間が日常的に接する情報量は大きく増加している.一方でコンピューターの小型化、記憶容量の増... [more] MVE2009-14
pp.73-78
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-09
10:00
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 多様なセンサによるライフログのニューラルネットワークを用いた構造化
小野将之西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-15
科学技術の高度な発達があり,様々なセンサ有したデバイスを用いて日常生活での体験をデジタル化して記録に残すことが手軽になっ... [more] MVE2009-15
pp.79-84
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-09
10:30
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 大量動画視聴における注意誘導に関する研究
林 織部西村邦裕阿部浩二谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-16
現在,インターネット上の動画共有サイトなどに大量の動画情報が存在する.この中から興味のある動画や面白い動画を効率的に見る... [more] MVE2009-16
pp.85-90
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-09
14:00
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 視覚情報を利用した味覚ディスプレイに関する基礎的検討
鳴海拓志東大/学振)・二俣智栄東大/東芝)・西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2009-20
視覚や聴覚に対する情報提示が物理信号によって実現可能であるのに対し,味覚は化学的な信号から構成されている.そのため,これ... [more] MVE2009-20
pp.107-112
MVE 2008-06-02
14:00
東京 東京大学 山上会館 視覚の影響を利用した嗅覚ディスプレイの研究
南部愛子鳴海拓志西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2008-7
 [more] MVE2008-7
pp.37-40
MVE 2008-06-02
17:30
東京 東京大学 山上会館 筋電を用いた擬似的力覚評価法の検討
中島 総西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2008-13
 [more] MVE2008-13
pp.67-72
MVE 2008-06-03
16:15
東京 東京大学 山上会館 臨場感向上のための映像提示手法の研究
伊藤あをい伊藤紘基西村邦裕谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2008-24
 [more] MVE2008-24
pp.129-134
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会