お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
10:30
ONLINE オンライン開催 消失確率を考慮したパケットレベルインデックス変調に対する通信路容量
山邊璃久西新幹彦田久 修信州大SR2021-33
パケットレベルインデックス変調は既存の LPWA(Low Power Wide Area)通信規格を変更しないで伝送容量... [more] SR2021-33
pp.61-66
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
11:20
ONLINE オンライン開催 二元定常無記憶情報源に対するレート・遅延関数
大橋輝路西新幹彦信州大IT2020-74 SIP2020-52 RCS2020-165
低遅延通信は重要なものであるが、コスト面などから符号化レートを小さくすることも求められる.そのためには,遅延と符号化レー... [more] IT2020-74 SIP2020-52 RCS2020-165
pp.64-68
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
13:35
ONLINE オンライン開催 復号誤りとコスト超過を許容した漸近的コスト制約付き通信路符号化定理
堀 真樹西新幹彦信州大IT2020-83 SIP2020-61 RCS2020-174
通信路符号化問題において,符号アルファベット上にコストを定義した問題を考える.
このような問題をコスト制約付きの問題と... [more]
IT2020-83 SIP2020-61 RCS2020-174
pp.107-112
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
14:00
ONLINE オンライン開催 LPWAネットワークにおけるパケットレベルインデックス変調モデルに対する通信路容量
山邊璃久西新幹彦田久 修信州大IT2020-84 SIP2020-62 RCS2020-175
パケットレベルインデックス変調は既存のLPWA(Low Power Wide Area)通信規格を変更しないで伝送容量を... [more] IT2020-84 SIP2020-62 RCS2020-175
pp.113-118
IT 2019-07-25
15:25
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 レート・遅延理論に関する基礎的検討
大橋輝路西新幹彦信州大IT2019-18
低遅延通信は重要なものであるが、コスト面などから符号化レートを小さくすることも求められる.そこで,遅延と符号化レートの関... [more] IT2019-18
pp.17-21
IT 2018-09-05
10:35
岩手 清温荘 A*アルゴリズムを用いた順序保存性のない最適な算術符号の探索について
打田尚大西新幹彦信州大IT2018-30
算術符号は順序保存性のある符号として知られている.本稿では順序保存性という制約を緩和することで算術符号のクラスを拡大させ... [more] IT2018-30
pp.19-23
IT 2017-09-08
11:15
山口 セントコア山口 強いランプ型秘密分散法はMDS符号である
西新幹彦信州大IT2017-43
秘密情報とシェアが共に同じ位数の有限体に値を取る場合,
有限体上のMDS符号から完全型しきい値秘密分散法が構成できるこ... [more]
IT2017-43
pp.27-30
IT 2017-07-14
11:15
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 最適な2元AIFV符号の幅優先探索アルゴリズム
山川誠史西新幹彦信州大IT2017-30
 [more] IT2017-30
pp.79-83
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
10:10
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 数独の消失通信路に対する復号誤り特性
比田井 亮西新幹彦信州大IT2013-54 ISEC2013-83 WBS2013-43
パズルの一つとして数独というものがある。
パズルとしての数独は、周囲のマス目に記入された記号から空欄の記号を埋めていく... [more]
IT2013-54 ISEC2013-83 WBS2013-43
pp.1-6
IT 2011-05-20
13:55
大阪 大阪市立大学 2変数2次の多項式補間法による秘密分散法のアクセス構造
柏倉英明西新幹彦信州大IT2011-4
秘密分散法の実現法の一つとしてShamirの多項式補間法があげられる.
本研究ではShamirの多項式補間法を2変数... [more]
IT2011-4
pp.19-24
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-03
11:15
大阪 大阪大学 到着期限のある閉ループ伝送システムにおける歪み最小化アルゴリズム
岩井祐斗西新幹彦信州大IT2010-81 ISEC2010-85 WBS2010-60
ストリーミングのような,動画のダウンロードと再生を同時に行う場合,動画のフレームが再生される時間までにそのデータをダウン... [more] IT2010-81 ISEC2010-85 WBS2010-60
pp.81-86
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
15:20
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 2変数の多項式補間法による秘密分散法のアクセス構造について
柏倉英明西新幹彦信州大IT2009-141 ISEC2009-149 WBS2009-120
秘密分散法の実現法の一つとしてShamirの多項式補間法があげられる.
本研究ではShamirの多項式補間法を2変数... [more]
IT2009-141 ISEC2009-149 WBS2009-120
pp.445-448
IT 2009-07-24
15:15
大阪 関西学院大学(梅田キャンパス) 多項式補間法による強いランプ型しきい値秘密分散法
西新幹彦信州大)・滝澤克則鈴木IT2009-27
ランプ型閾値秘密分散法の構成法としてShamir の多項式補間法を拡張する方法が知られているが,よく知られている方法では... [more] IT2009-27
pp.127-129
IT 2008-07-25
10:50
千葉 東京大学(柏キャンパス) 算術符号を用いた伝送システムにおけるポアソン到着シンボルの遅延
西新幹彦信州大)・杉原辰徳豊田合成IT2008-18
本研究では,
定常無記憶情報源からポアソン到着に従うタイミングで
シンボルを取り出して
算術符号化を行ったときの遅... [more]
IT2008-18
pp.13-16
CAS, NLP
(共催)
2007-10-18
10:30
東京 武蔵工業大学 反辞書木を用いた分岐予測手法
西新幹彦信州大)・森田啓義電通大)・太田隆博長野県工科短大CAS2007-38 NLP2007-66
パイプライン処理によるマイクロプロセッサの高速化を妨げないためには,分岐成立の有無を高い精度で予測することが必要である.... [more] CAS2007-38 NLP2007-66
pp.21-24
WBS, IT, ISEC
(共催)
2006-03-16
09:45
愛知 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 同期マーカを符号語として含むリバーシブル可変長符号の構成について
孫 東照森田啓義西新幹彦電通大
 [more] IT2005-88 ISEC2005-145 WBS2005-102
pp.141-146
WBS, IT, ISEC
(共催)
2006-03-16
10:45
愛知 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 算術符号における符号語の生成過程の確率モデルについて
渡邊 大・○西新幹彦森田啓義電通大
算術符号を用いた符号化では, 情報源系列の先頭部分を見ることによって
符号語の先頭部分を決めることができる.
本稿で... [more]
IT2005-90 ISEC2005-147 WBS2005-104
pp.153-158
NS, PN
(併催)
2005-12-15
15:25
愛媛 愛媛大学 [奨励講演]ライブビデオストリーミングのためのハイブリッドプロトコル
I Gusti Bagus Baskara Nugraha西新幹彦森田啓義電通大
インターネット上のライブビデオストリーミングを目的としたMulticast Datagram Transfer Prot... [more] NS2005-140
pp.29-32
NS 2005-06-24
13:40
福岡 早稲田大学(北九州学研都市) A Prototype of Internet Video Broadcasting Using Unicast Protocol
I Gusti Bagus Baskara NugrahaMikihiko NishiaraHiroyoshi MoritaUniv. of Electro-Comm.
ユニキャストアドレッシングとIP Router Alert Optionを利用したマルチキャスト通信用プロトコルであるM... [more] NS2005-55
pp.69-72
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会