お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-08-22
13:00
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [招待講演]水中音響計測における音波伝搬特性解析
蜂屋弘之東工大
 [more]
US 2022-08-22
16:30
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 機械的バースト加振shear wave elastographyによる粘弾性媒質の周波数分散性評価
平田慎之介齋藤慎一郎吉田憲司山口 匡千葉大)・蜂屋弘之東工大
 [more]
US 2021-08-27
15:10
ONLINE オンライン開催 路面上の障害物による反射波形の評価
檀 裕琪東工大)・平田慎之介千葉大)・蜂屋弘之東工大US2021-30
 [more] US2021-30
pp.14-19
US 2020-08-26
14:55
ONLINE オンライン開催 FDTD法による海面反射波変動特性の解析
津久井智也東工大)・平田慎之介千葉大)・蜂屋弘之東工大US2020-24
海洋資源開発や海洋観測においては多くの水中音響機器が活躍しているが,海水中を伝搬する音波を利用する上で,海面反射の影響を... [more] US2020-24
pp.21-26
US 2020-08-26
15:20
ONLINE オンライン開催 横方向分解能を考慮した二成分マルチレイリーモデルによる肝病変定量評価精度の検討
張 闖平田慎之介蜂屋弘之東工大US2020-25
肝臓からのエコー振幅の分布関数のモデルとしてマルチレイリーモデルを提案している。このモデルパラメータは肝線維化を表現する... [more] US2020-25
pp.27-32
US 2019-08-28
14:15
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス ライス分布を用いた沿岸域の多経路伝搬音波の変動特性評価
蜂屋弘之東工大US2019-40
 [more] US2019-40
pp.17-22
US 2019-06-17
16:00
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 複素数空間での振幅確率密度関数モーメントを用いた肝線維化パラメータの高精度化
張 闖平田慎之介蜂屋弘之東工大US2019-24
超音波画像を用いた肝線維化定量評価を目的とし, 線維性肝組織の超音波画像の振幅確率分布モデルであるマルチレイリーモデルに... [more] US2019-24
pp.25-30
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]非接触QUSにおける周波数減衰特性の計測手法の基礎的検討
大久保俊朗平田慎之介蜂屋弘之東工大US2018-100
定量的超音波法(QUS)は骨粗鬆症の検診・スクリーニング手法として広く普及している.本研究で は,非接触で QUS を行... [more] US2018-100
pp.103-106
US 2018-08-30
13:30
東京 東京工業大学田町キャンパス シミュレーションによる海面での音波反射特性の検討
津久井智也澤田信一IHI)・平田慎之介蜂屋弘之東工大US2018-41
AUVやASVを利用した海洋資源開発や海洋観測においては,音響通信などのさまざまな水中音響機器が活躍しているが,海水中を... [more] US2018-41
pp.1-6
US 2018-05-21
16:20
東京 機械振興会館 路面から反射した音波の振幅統計量による路面凹凸の評価方法に関する検討
篠田直毅平田慎之介蜂屋弘之東工大US2018-17
路面形状の計測や路面上の障害物検知といった空間情報計測は,自動車の自動運転や自律移動型ロボットに役立つため,盛んに研究・... [more] US2018-17
pp.35-40
US 2017-08-31
10:00
神奈川 IHI 横浜事業所 造波水槽を用いた海面反射波変動の評価
津久井智也澤田信一IHI)・平田慎之介蜂屋弘之東工大US2017-46
AUVやASVを利用した海洋資源開発や海洋観測においては,音響通信などのさまざまな水中音響機器が活躍しているが,海水中を... [more] US2017-46
pp.1-6
US 2017-05-22
13:55
東京 機械振興会館 空中音響画像を用いた呼吸・心拍による体表面の2次元変位の非接触計測
林 泰輝平田慎之介蜂屋弘之東工大US2017-15
現在,広く普及しているバイタルサイン計測は,センサを体に接触させるものが主である.そのため,常時モニタリングやセンサを接... [more] US2017-15
pp.7-12
EA, US
(併催)
2017-01-25
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]生体擬似ファントムにおける加振条件とせん断波伝搬速度の関係に関する基礎検討
長谷川博人森 翔平平田慎之介蜂屋弘之東工大US2016-83
びまん性肝疾患では,せん断波速度に関連する病変部の剛性率が正常部よりも大きく,この剛性率の違いを計測し,病変を評価する手... [more] US2016-83
pp.55-60
EA, US
(併催)
2017-01-25
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]包絡線統計分布を用いた摘出ラット肝臓の散乱構造推定
田村和輝鳥井亮汰吉田憲司丸山紀史千葉大)・長谷川英之富山大)・蜂屋弘之東工大)・山口 匡千葉大US2016-88
 [more] US2016-88
pp.85-89
US 2016-08-25
14:25
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 東工大蔵前会館 ロイヤルブルーホール 波のある海面からの海面反射波変動のFDTD法による基礎検討
津久井智也澤田信一IHI)・平田慎之介蜂屋弘之東工大US2016-39
海面は時間とともに変動する粗面なので,海面反射波は時間的に大きく変動する.この海面反射波は,各種海洋開発で利用されている... [more] US2016-39
pp.7-12
US, EA
(併催)
2016-01-29
15:30
大阪 関西大学 100周年記念会館 散乱体密度が異なる複数の領域からなるファントムを用いた肝線維化定量診断における線維確率画像の評価
大橋 穣平田慎之介蜂屋弘之東工大US2015-104
 [more] US2015-104
pp.117-122
US 2015-10-09
14:00
石川 金沢工業大学 M系列でコード化したLFM信号を用いた超音波距離計測における多チャンネル化の検討
山中航太平田慎之介蜂屋弘之東工大US2015-60
超音波距離計測手法の一種であるパルスエコー法にパルス圧縮を適用することで,エコーの信号対雑音比(signal-to-no... [more] US2015-60
pp.13-18
US 2015-06-19
12:55
熊本 熊本大学 臨床画像に含まれる非スペックル成分を考慮した肝線維化定量手法の推定精度の検討
森 翔平平田慎之介東工大)・山口 匡千葉大)・蜂屋弘之東工大US2015-17
病変肝超音波画像の振幅分布モデルであるマルチレイリーモデルを用いたびまん性肝疾患の定量診断手法を検討している。先行研究で... [more] US2015-17
pp.7-12
US, EA
(併催)
2015-01-28
16:15
京都 同志社大学 非接触音響特性計測を目的とした生体を透過した空中超音波の検出
寺島光一平田慎之介蜂屋弘之東工大)・新実信夫日本シグマックスUS2014-81 EA2014-60
海綿骨内を伝搬する超音波の速度や減衰特性から骨量を推定する手法は,骨粗鬆症のスクリーニング手法として臨床応用・研究開発が... [more] US2014-81 EA2014-60
pp.39-43(US), pp.7-11(EA)
US 2014-11-13
15:20
石川 金沢工業大学 雑音環境におけるM系列周波数スペクトルを用いたドプラ速度計測の高精度化
碇 洋平平田慎之介蜂屋弘之東工大US2014-62
 [more] US2014-62
pp.23-28
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会