電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-07-06
16:35
東京 早稲田大学 電圧制御型スピントロニクスメモリにおける書込み特性の高効率化
ブヤンダライ アルタンサルガイ清水真理子與田博明井口智明大沢裕一下村尚治白鳥聡志杉山英行加藤侑志石川瑞恵鴻井克彦及川壮一池上一隆高谷 聡藤田 忍黒部 篤東芝
 [more]
ICD 2017-04-20
10:35
東京 機械振興会館 [依頼講演]2Xnm世代以降のトランジスタに向けた,高速且つ低消費電力動作する不揮発性STT-MRAM用MTJ素子の開発
才田大輔柏田沙織矢ヶ部恵弥大坊忠臣伊藤順一野口紘希東芝)・安部恵子東芝R&D)・藤田 忍東芝)・福本三芳三輪真嗣鈴木義茂阪大
 [more] ICD2017-2
pp.5-9
SDM 2017-01-30
14:00
東京 機械振興会館 [招待講演]電圧トルクMRAM (VCM) 向け読み出し/書き込み回路と大容量キャッシュメモリへの応用
塩田陽一産総研)・野口紘希池上一隆安部恵子藤田 忍東芝)・野崎隆行湯浅新治産総研)・鈴木義茂阪大
電圧トルク MRAM は、電圧パルスによる磁化反転を書き込み原理に利用する MRAM である。磁化反 転に電流を必要とせ... [more] SDM2016-135
pp.21-24
ICD 2016-04-14
15:50
東京 機械振興会館 [依頼講演]Power reduction based on MRAM
Hiroaki YodaShinobu Fujitatoshiba
 [more] ICD2016-11
pp.57-59
ICD 2016-04-14
16:15
東京 機械振興会館 [招待講演]混載STT-MRAMテクノロジのトレンドと近未来のアプリケーション
藤田 忍東芝
 [more] ICD2016-12
pp.61-64
SDM 2016-01-28
15:20
東京 機械振興会館 [招待講演]次世代垂直磁化MTJを用いた高速・低消費電力のキャッシュメモリ階層技術を持つノーマリーオフプロセッサ
池上一隆野口紘希高谷 聡鎌田親義天野 実安部恵子櫛田桂一北川英二落合隆夫下村尚治才田大輔川澄 篤原 浩幸伊藤順一藤田 忍東芝
MTJをキャッシュメモリに応用することで、プロセッサの消費電力を大幅に低減することが期待されている。しかし、10 ns以... [more] SDM2015-126
pp.27-30
ICD 2015-04-17
12:40
長野 信州大学 [招待講演]キャッシュメモリ向け垂直磁化型STT-MRAMの低電力化技術
野口紘希池上一隆櫛田桂一安部恵子板井翔吾高谷 聡田中千加鎌田親義天野 実北川英二下村尚治川澄 篤原 浩幸伊藤順一藤田 忍東芝
 [more] ICD2015-10
pp.45-50
SDM 2015-01-27
14:50
東京 機械振興会館 [招待講演]次世代垂直磁化MTJと非対称磁場補正技術を用いたキャッシュメモリ向け低電力高密度STT-MRAM
池上一隆野口紘希鎌田親義天野 実安部恵子櫛田桂一落合隆夫下村尚治板井翔吾才田大輔田中千加川澄 篤原 浩幸伊藤順一藤田 忍東芝
近年のプロセッサにおける性能向上はキャッシュメモリの増大に頼っている。しかしながら、従来のキャッシュメモリでは、SRAM... [more] SDM2014-142
pp.29-32
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-02
10:20
東京 機械振興会館 [招待講演]垂直磁化型STT-MRAMを用いたノーマリオフコンピューティング
野口紘希池上一隆下村尚治棚本哲史伊藤順一藤田 忍東芝
 [more] ICD2014-102 CPSY2014-114
pp.107-112
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-10-03
09:30
新潟 柏崎エネルギーホール、新潟 携帯端末のキャッシュメモリ用途を目指した垂直磁化MTJの開発
才田大輔下村尚治北川英二鎌田親義矢ヶ部 恵大沢裕一藤田 忍伊藤順一東芝
東芝では,スマートフォン等の携帯機器に搭載されているL2, L3キャッシュメモリにSTT-MRAMを用いることで,SRA... [more] MR2014-18
pp.27-31
ICD, SDM
(共催)
2014-08-05
11:15
北海道 北海道大学 情報教育館(札幌市) [招待講演]MONOSフラッシュの混載技術と書き込み手法の開発による低消費電力かつ高速な不揮発FPGA
財津光一郎辰村光介松本麻里小田聖翔藤田 忍安田心一東芝
フラッシュメモリを用いた高速かつ低消費電力なFPGAを実現するために鍵となる技術を紹介する.1つはMONOS型フラッシュ... [more] SDM2014-75 ICD2014-44
pp.71-76
ICD 2014-04-17
14:00
東京 機械振興会館 [チュートリアル講演]高速低消費不揮発メモリSTT-MRAMの展望
藤田 忍東芝RDC
 [more]
ICD 2014-04-17
15:50
東京 機械振興会館 [パネル討論]システムを構成するメモリ、システムに浸透するメモリ
三輪 達サンディスク)・○新居浩二ルネサス エレクトロニクス)・藤田 忍東芝)・小池洋紀東北大)・竹内 健中大
近年の新しい不揮発性メモリの発展は単に高集積のメモリチップの実現にとどまらず、その特徴を生かしたシステムづくりにも議論の... [more] ICD2014-9
p.45
SDM 2014-01-29
13:30
東京 機械振興会館 [招待講演]適応的コンピューティングシステムのための容量可変不揮発メモリアレイ
野口紘希武田 進野村久美子安部恵子池上一隆北川英二下村尚治伊藤順一・○藤田 忍東芝
 [more] SDM2013-141
p.29
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2013-07-12
16:35
東京 中央大学 スピン注入書き込み技術の進展とノーマリオフコンピューティングへの適用検討
伊藤順一與田博明藤田 忍下村尚治北川英二安部恵子野村久美子野口紘希東芝
スピン注入書き込みMRAMをキャッシュメモリに用いたプロセッサは、通常状態が常に電源オフである”ノーマリーオフコンピュー... [more] MR2013-13
pp.37-41
ICD 2013-04-11
15:30
茨城 産業技術総合研究所 つくばセンター [招待講演]高性能モバイルCPUの低消費電力化を実現する垂直磁化STT-MRAMメモリテクノロジ
藤田 忍安部恵子野口紘希野村久美子北川英二下村尚治伊藤順一與田博明東芝
 [more] ICD2013-8
pp.39-40
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2012-01-19
14:20
東京 電通大 [招待講演]ノーマリオフプロセッサ実現に向けた不揮発メモリの課題と展望 ~ 『不揮発ロジックのジレンマ』を如何に解決するか? ~
藤田 忍安部恵子野村久美子與田博明東芝
 [more] ICD2011-137
pp.27-31
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2011-01-21
10:30
神奈川 慶応大学(日吉) Performance Analysis of 3D-IC for Multi-Core Processors in sub-65m CMOS technologies
Kumiko NomuraKeiko AbeShinobu FujitaYasuhiko KurosawaAtsushi KageshimaToshiba
 [more] ICD2010-134
pp.45-50
ICD, SDM
(共催)
2009-07-16
13:15
東京 東工大 大岡山キャンパス 国際交流会館 [招待講演]CNT(カーボンナノチューブ)素子大規模集積化に向けての展望と課題
藤田 忍東芝
 [more] SDM2009-102 ICD2009-18
pp.29-32
ICD, SDM
(共催)
2008-07-17
15:55
東京 機械振興会館 カーボンナノチューブ素子におけるデバイスと回路のCo-Design ~ カーボンナノチューブがシリコンCMOSを凌駕するためには? ~
藤田 忍東芝
将来、シリコン(Si)CMOSを置き換える新材料(ポストSi)素子が期待される。本論文では、素子と回路のCo-desig... [more] SDM2008-138 ICD2008-48
pp.59-64
 26件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会