お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-19
13:50
ONLINE オンライン開催 サイドチャネル攻撃対策を適用したTERO-based TRNGの乱数性評価
大須賀彩希産総研)・藤本大介林 優一奈良先端大)・川村信一産総研
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMCJ 2022-06-10
16:50
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
暗号機器のプリント基板上の電源供給ネットワークにおける電磁的情報漏えい抑制に関する基礎検討
和田慎平藤本大介林 優一キム ヨンウ奈良先端大EMCJ2022-27
 [more] EMCJ2022-27
pp.63-67
HWS 2022-04-26
13:30
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター(別館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
静電容量センサの出力分布に着目したID生成手法に関する基礎検討
鍛治秀伍太刀掛彩希藤本大介林 優一奈良先端大HWS2022-4
IC内部の定電流源とA/Dコンバータにより構成された静電容量センサを用いて個体を識別することにより、外部の計測機器を用い... [more] HWS2022-4
pp.19-23
HWS 2022-04-26
13:55
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター(別館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
利用環境を考慮したディスプレイからの電磁的漏えい強度の評価
北村圭輝北澤太基藤本大介林 優一奈良先端大HWS2022-5
ディスプレイの動作に応じて放射される電磁波から画面情報を取得するTEMPEST攻撃の脅威が指摘されている。
こうした情... [more]
HWS2022-5
pp.24-27
EMCJ 2022-04-15
14:45
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
薄膜高誘電率基板を用いた低インピーダンスPDNによるクロストーク抑制効果の解析
北澤太基キム ヨンウ藤本大介林 優一奈良先端大EMCJ2022-5
高インピーダンス電源供給ネットワーク (PDN: Power Delivery Network) に起因して生じるクロス... [more] EMCJ2022-5
pp.25-30
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
15:45
ONLINE オンライン開催 音声の周波数スペクトルに着目したスピーカーフォンからの電磁的情報漏えい評価法
上田浩行高野誠也藤本大介林 優一奈良先端大VLD2021-102 HWS2021-79
スピーカーフォンに対する電磁情報漏えいの脅威が指摘されている。スピーカーフォンはリモートワークに伴い利用環境が多様化して... [more] VLD2021-102 HWS2021-79
pp.147-152
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
16:10
ONLINE オンライン開催 通信線路上のハードウェアトロイによる電磁情報漏えい評価法の検討 ~ 変調度と放射強度に着目した評価 ~
湯川大雅鍛治秀伍藤本大介林 優一奈良先端大VLD2021-103 HWS2021-80
情報機器の通信線路上にハードウェアトロイ (Hardware Trojan: HT) を実装することで、電磁情報漏えいを... [more] VLD2021-103 HWS2021-80
pp.153-157
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
17:15
ONLINE オンライン開催 マトリクス型Direct ToF Lidarの攻撃耐性評価環境の構築
鈴木雅人藤本大介林 優一奈良先端大VLD2021-105 HWS2021-82
自動運転車などの高速に周囲の状況が変化する用途において、周囲の物体までの距離情報を高解像度かつ高速に取得可能なマトリクス... [more] VLD2021-105 HWS2021-82
pp.164-169
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2021-10-19
10:50
ONLINE オンライン開催 周波数・振幅・位相を制御した連続正弦波を用いた暗号モジュールへの故障注入に関する基礎検討
西山 輝藤本大介キム ヨンウ林 優一奈良先端大HWS2021-43 ICD2021-17
連続正弦波を用いた意図的な電磁妨害による故障注入手法は、機器への侵襲や改変を必要とせずに差分故障解析に利用可能な故障を暗... [more] HWS2021-43 ICD2021-17
pp.13-18
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2021-10-19
14:20
ONLINE オンライン開催 オンチップセンサを用いた線路上のハードウェアトロージャン検知に関する基礎検討
西鳥羽 陽鍛治秀伍奈良先端大)・衣川昌宏福知山公立大)・藤本大介林 優一奈良先端大HWS2021-48 ICD2021-22
機器周辺の接続線路にハードウェアトロージャン(Hardware Trojan, HT)を挿入し、情報漏えいを引き起こす脅... [more] HWS2021-48 ICD2021-22
pp.38-42
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2021-10-19
15:25
ONLINE オンライン開催 静電容量センサを用いたプリント基板の個体差の検出に関する基礎検討
太刀掛彩希鍛治秀伍藤本大介林 優一奈良先端大HWS2021-50 ICD2021-24
Physical Unclonable Function (PUF) を用いた個体識別技術は、半導体デバイスやプリント基... [more] HWS2021-50 ICD2021-24
pp.49-52
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-19
13:30
ONLINE オンライン開催 RNS表現におけるペアリング計算に適したBEEAの逆元計算高速化の検討
森本康太藤本大介大須賀彩希奈良先端大)・川村信一照屋唯紀産総研)・林 優一奈良先端大ISEC2021-10 SITE2021-4 BioX2021-11 HWS2021-10 ICSS2021-15 EMM2021-15
高機能暗号においてペアリング計算は重要なツールであり、RNS (Residue Number System) 表現を用い... [more] ISEC2021-10 SITE2021-4 BioX2021-11 HWS2021-10 ICSS2021-15 EMM2021-15
pp.1-7
HWS 2021-04-12
15:05
東京 東京大学 武田先端知ビル(武田ホール)/オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周波数注入攻撃に対するROベースのTRNG耐性評価に関する検討
橋本律紀藤本大介林 優一奈良先端大HWS2021-9
リングオシレータ(RO)を使用した真性乱数生成器(TRNG)の乱数性を低下させる攻撃として、周波数注入攻撃が報告されてい... [more] HWS2021-9
pp.39-42
EMD 2021-03-08
16:15
ONLINE オンライン開催 接触境界の表面粗さとトルク値がコネクタ高周波特性に与える影響に関する基礎検討
上田浩行鍛治秀伍藤本大介キム ヨンウ林 優一奈良先端大EMD2020-37
コネクタの摺動や振動により接触表面に摩耗が発生し、接触抵抗が増加することで、信号伝送性能が劣化するなどの悪影響を引き起こ... [more] EMD2020-37
pp.40-43
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
16:50
ONLINE オンライン開催 複数の漏えい周波数に着目した高解像度ディスプレイからの画面情報復元に関する検討
荒井公寛藤本大介林 優一奈良先端大VLD2020-90 HWS2020-65
 [more] VLD2020-90 HWS2020-65
pp.126-129
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
17:15
ONLINE オンライン開催 設置環境の異なるスマートスピーカーからの電磁的情報漏えい評価と対策
福嶋章悟藤本大介林 優一奈良先端大VLD2020-91 HWS2020-66
電磁波を通じた情報漏えいに関する従来の検討は主に情報機器単体を対象としてきた。一方、機器から生ずる電磁放射は機器内外の電... [more] VLD2020-91 HWS2020-66
pp.130-135
EMCJ 2021-01-22
14:40
ONLINE オンライン開催 コネクタにおける信号伝送評価のための3D解析モデルの構築
北澤太基長野高専)・上田浩行藤本大介キム ヨンウ林 優一奈良先端大)・春日貴志長野高専EMCJ2020-67
大容量データの高速伝送化が進む中,プリント基板(Print Circuit Board, PCB)やコネクタ,ケーブルに... [more] EMCJ2020-67
pp.18-23
EMD 2020-12-04
15:50
ONLINE オンライン開催 Fundamental Evaluation of Impedance Variations in the Connector Caused by High-Frequency Noise Propagation
Hiroyuki UedaShugo KajiYoungwoo KimDaisuke FujimotoNAIST)・Taiki KitazawaTakashi KasugaNIT,Nagano College))・Yuichi HayashiNAISTEMD2020-24
 [more] EMD2020-24
pp.34-38
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
09:50
ONLINE オンライン開催 意図的に引き起こされる電磁的情報漏えい評価法の検討 ~ デジタル出力回路のインピーダンス変化に着目した評価 ~
鍛治秀伍藤本大介奈良先端大)・衣川昌宏福知山公立大)・林 優一奈良先端大HWS2020-27 ICD2020-16
機器に対する特定周波数の電磁波の印加により、機器内部の情報を含む漏えい電磁波の放射強度を制御する脅威が報告されている。本... [more] HWS2020-27 ICD2020-16
pp.13-17
EMCJ 2020-07-02
15:20
ONLINE オンライン開催 意図的な電磁妨害時に生ずる情報漏えいの基礎評価
鍛治秀伍藤本大介林 優一奈良先端大EMCJ2020-15
電磁的情報漏えいの脅威は、機器の動作時に非意図的に放射された電磁波に含まれる機器内部の情報取得に焦点が置かれてきた。これ... [more] EMCJ2020-15
pp.25-28
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会