電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2018-12-14
10:00
宮城 東北大学 Separation Multi-task Networksによる顔器官点と顔属性の同時推定
松井 涼山下隆義藤吉弘亘中部大
マルチタスクラーニングは,単一のDCNNで複数タスクを同時に学習および推定する手法である.しかし,従来のマルチタスクラー... [more] PRMU2018-82
pp.39-44
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-20
13:20
和歌山 和歌山大学 [特別講演]Amazon Robotics Challenge 2017の参加レポート
藤吉弘亘中部大)・岡田 慧東大)・江原浩二東芝インフラシステムズ)・Gustavo Garcia奈良先端大
 [more] PRMU2017-170 CNR2017-48
pp.145-154
PRMU 2017-10-12
14:00
熊本 熊本大学 自己状態を付与したCNNによる自動運転制御の高精度化
村瀬卓也平川 翼山下隆義藤吉弘亘中部大
 [more] PRMU2017-77
pp.85-90
PRMU 2017-10-13
09:45
熊本 熊本大学 [サーベイ論文]動画像を用いた経路予測手法の分類
平川 翼山下隆義中部大)・玉木 徹広島大)・藤吉弘亘中部大
経路予測とは,歩行者や自動車などの予測対象が未来にどのような経路を移動するかを推定する技術である.コンピュータビジョンに... [more] PRMU2017-82
pp.109-118
PRMU 2017-10-13
14:50
熊本 熊本大学 階層型Knowledge DistillationによるDNNのコンパクト化
西行健太山下隆義藤吉弘亘中部大
 [more] PRMU2017-94
pp.175-180
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-21
14:35
愛知 名城大 AutoEncoderを導入したRegression Forestsによるノイズ発見
日比野眞也中部大)・木村昭悟NTT)・山下隆義山内悠嗣藤吉弘亘中部大
本研究では,Regression Forestsの回帰過程において発生するテストサンプルのノイズによるノードの分岐反転を... [more] BioX2016-68 PRMU2016-231
pp.209-214
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
16:00
北海道 北海道大学 [特別講演]Amazon Picking Challenge2016の参加レポート
藤吉弘亘中部大)・松元叡一PFN)・岡田 慧東大
 [more] PRMU2016-174 CNR2016-41
pp.123-129
PRMU 2016-12-16
10:00
鳥取 鳥取大学 [ショートペーパー]歩行者検出におけるグランドチャレンジ
藤吉弘亘山下隆義山内悠嗣中部大
 [more] PRMU2016-118
pp.25-26
PRMU 2016-12-16
12:45
鳥取 鳥取大学 [サーベイ論文] Deep Learningを用いた歩行者検出の研究動向
福井 宏山下隆義山内悠嗣藤吉弘亘中部大
 [more] PRMU2016-121
pp.37-46
PRMU 2016-12-16
13:15
鳥取 鳥取大学 Binarized-DCNNによる識別計算の高速化とモデル圧縮
神谷龍司山下隆義中部大)・安倍 満佐藤育郎デンソーITラボラトリ)・山内悠嗣藤吉弘亘中部大
Deep Convolutional Neural Network (DCNN) は,一般物体認識やセマンティックセグメ... [more] PRMU2016-122
pp.47-52
PRMU, BioX
(共催)
2016-03-25
15:45
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 教師あり学習の導入によるMondrian Forestsの効率化
村田隆英中部大)・木村昭悟牛久祥孝NTT)・山下隆義山内悠嗣藤吉弘亘中部大
Random Forestsのオンライン学習法であるMondrian Forestsは,学習時に,木構造全体を再構築する... [more] BioX2015-73 PRMU2015-196
pp.191-196
PRMU, CNR
(共催)
2016-02-22
09:30
福岡 九州工業大学・飯塚キャンパス クラウドロボティクスのための画像認識エンジンの提案
山内悠嗣加藤 優山下隆義藤吉弘亘中部大
少子高齢化に伴う労働人口の減少から,障がい者や高齢者を支援するためにロボットを活用することが期待されている.このようなサ... [more] PRMU2015-149 CNR2015-50
pp.91-96
PRMU 2015-12-21
15:10
長野 信州大学 対応点探索のための特徴量表現
安倍 満デンソーITラボラトリ)・長谷川昂宏藤吉弘亘中部大
対応点探索とは,ある対象を異なる視点から撮影して得られた複数の画像から,物理的に同一の個所(対応点)見つける処理のことを... [more] PRMU2015-104
pp.53-73
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-15
11:45
愛媛 愛媛大学 [ショートペーパー]木構造に着目した負の転移を回避する転移学習アルゴリズム
西行健太メガチップス)・藤吉弘亘中部大
事前ドメインと目標ドメインの生成分布が大きく異なる際、転移学習により得られた識別器の検出性能が低下する”負の転移”が生じ... [more] PRMU2015-84 IBISML2015-44
pp.127-128
ICD, ITE-IST
(連催)
2015-07-02
14:50
神奈川 防衛大学校 [招待講演]機械学習を用いた距離画像からの物体認識技術
藤吉弘亘中部大
本稿では,機械学習を用いた距離画像からの物体認識技術として,ポイントクラウドを用いた物体認識と距離画像を用いた物体認識手... [more] ICD2015-17
pp.13-18
ICD, ITE-IST
(連催)
2015-07-02
15:50
神奈川 防衛大学校 [パネル討論]3Dイメージング技術とその応用 ~ 現状の課題と展望 ~
桝井昇一富士通研)・池田 誠東大)・川人祥二静岡大)・藤吉弘亘中部大
KinectTMやRealSenseTMといった3D(深度)センサーを用いた人・物体の動作認識は、これまでのゲームや情報... [more] ICD2015-18
p.19
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
16:25
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 車載カメラ画像からの「スマホ歩き」認識に基づく歩行者の不注意度推定
新村文郷川西康友出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・藤吉弘亘中部大
歩行者の不注意による道路への飛び出しは衝突事故の危険性が高く,安全な運転のためにはそのような歩行者の存在を把握することが... [more] PRMU2015-46 SP2015-15 WIT2015-15
pp.83-88
PRMU, BioX
(共催)
2015-03-20
14:00
神奈川 慶応大学矢上キャンパス 並列分散処理における共変量シフトを導入したRandom Forestsの学習
若山涼至中部大)・木村昭悟NTT)・山下隆義山内悠嗣藤吉弘亘中部大
データの大規模化は,統計的機械学習において高い識別性能を得るために重要な要件の1つであるが,学習時間を増加させる問題があ... [more] BioX2014-73 PRMU2014-193
pp.205-210
PRMU, CNR
(共催)
2015-02-19
16:20
宮城 東北大学 [ポスター講演]Convolutional Neural Networkによる顔の向きに頑健な顔器官検出
木村真稔・○福井 宏山下隆義山内悠嗣藤吉弘亘中部大
本稿では,Convolutional Neural Network (CNN) による顔向きに頑健な顔器官検出手法を提案... [more] PRMU2014-127 CNR2014-42
pp.87-88
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2014-09-02
11:00
茨城 筑波大学 RGB-D情報を同時取得可能な単一撮像素子を用いた人物向きの推定に関する予備的検討
新村文郷出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・藤吉弘亘中部大
カラー画像と距離画像を同時取得可能な単一撮像素子のセンサを利用し,画像中の人物が向く方向を推定する手法に関する予備的検討... [more] PRMU2014-50 IBISML2014-31
pp.121-125
 41件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会