お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2009-03-07
16:00
香川 香川大 確率的推論を基礎とする学習成績マップを利用した対面教育適応化法
福島潤一郎藤原祥隆前田康成北見工大ET2008-117
学習者の満足度向上と教師の負担軽減を目的とする対面教育支援システムを研究している。ベイジアンネットワークで構成される「学... [more] ET2008-117
pp.139-143
ET 2007-01-26
14:40
東京 八王子学園都市センター 携帯電話を利用したe-Learningシステム用簡易教材作成ツールの開発・評価
太田敏彰藤原祥隆吉田秀樹前田康成北見工大)・菅 健二KDDIテクノロジー
 [more] ET2006-92
pp.55-58
ET 2007-01-26
15:00
東京 八王子学園都市センター e-LearningシステムKUSEL用教材オーサリングツールの機能改善
阿部仁紀藤原祥隆吉田秀樹前田康成渡辺将人北見工大)・高島健太北海道NSソリューションズ
 [more] ET2006-93
pp.59-64
WBS, IT, ISEC
(共催)
2006-03-16
10:20
愛知 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 統計的決定理論に基づく複数のクラスに属する文書の分類方法に関する一考察
前田康成吉田秀樹藤原祥隆北見工大)・松嶋敏泰早大
近年,人工知能の自然言語処理の分野において,複数クラスに属する文書の分類問題に関する研究が数多く行われている.文書の生成... [more] IT2005-89 ISEC2005-146 WBS2005-103
pp.147-152
LOIS, IN, ICM
(共催)
2005-01-21
14:00
福岡 福岡工業大学 コミュニケーション支援のための会話内容の図式化ツールの開発
二宮和弘藤原祥隆岡田信一郎北見工大)・後藤寛幸リコーシステム開発
 [more] IN2004-168 TM2004-91 OIS2004-89
pp.37-42
CQ 2004-07-16
09:55
北海道 北見工業大学 音響構造のモデル化と圧縮法の提案
三ヶ島敬宏吉田秀樹藤原祥隆北見工大
音響波形を1オクターブ幅の帯域通過フィルターに通すと、波形は歪んだ正弦波状になり単純化された。フィルタリング後の波形につ... [more] CQ2004-61
pp.7-11
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会