お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
09:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 腕の神経束への電気刺激により生じる手掌の皮膚感覚の周波数特性
荻原秀斗青山一真雨宮智浩葛岡英明鳴海拓志東大
人工的に皮膚感覚を再現する手法として,正中神経や尺骨神経などの神経束に対して経皮電気刺激を行う方法が知られている.この手... [more] IMQ2021-55 IE2021-117 MVE2021-84
pp.234-239
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
09:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 多電極味覚電気刺激における味覚生起閾値の調査
田中 壮鳴海拓志中村裕美雨宮智浩葛岡英明青山一真東大
本研究では口腔周辺の皮膚に微弱な電流を印加する経皮電気刺激を利用して,口腔内に味覚の空間的な分 布を制御する新たな味覚デ... [more] IMQ2021-56 IE2021-118 MVE2021-85
pp.240-244
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
10:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 舌部への陽極電気刺激による辛味増強効果の評価
大野雅貴鳴海拓志峯 大典松本啓吾雨宮智浩葛岡英明青山一真東大
バーチャルな辛味の増強手法には,食事の満足感向上や辛味の過剰摂取による健康被害抑制が期待できる.日常的な飲食の場面に応用... [more] IMQ2021-57 IE2021-119 MVE2021-86
pp.245-249
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
16:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 腱電気刺激と視覚的斜面提示が及ぼす地面の傾斜感覚への効果
高橋希実雨宮智浩松本啓吾鳴海拓志葛岡英明廣瀬通孝青山一真東大
HMDを用いた体験中の視覚と体性感覚間の齟齬を解消する軽量で低コストな手法として,本研究では足首の腱への電気刺激による視... [more] IMQ2021-66 IE2021-128 MVE2021-95
pp.296-300
MVE 2020-09-09
14:45
ONLINE オンライン開催(国士舘大学から変更) [招待講演]顔が見える必要ありますか? ~ 遠隔コミュニケーション技術の方向性を探る ~
葛岡英明東大MVE2020-19
新型コロナウィルスによる、半ば強制的なテレワークの普及によって、日本のテレコミュニケーション事情は一気に進化したように見... [more] MVE2020-19
p.44
ET 2019-10-19
10:20
沖縄 琉球大学 議論の場における参加者の表出自動推定のための他者ラベリングと自己申告評価およびセンサによる評価との関係調査
近藤杏祐神戸大)・加藤 浩放送大)・大西鮎美寺田 努神戸大)・葛岡英明東大)・久保田善彦玉川大)・鈴木栄幸茨城大)・塚本昌彦神戸大ET2019-34
 [more] ET2019-34
pp.9-14
ET 2018-10-20
13:00
福岡 福岡工業大学 太陽の日周運動と透明半球の理解を支援する天文教育支援ソフトウェアの開発
松岡浩平葛岡英明筑波大)・久保田善彦宇都宮大)・金井 司茂木中)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大ET2018-43
中学生の科学教育の中でも,天文学習の理解は困難である.本研究では,タブレット上で動作する天文教育ソフトウェアを開発し,天... [more] ET2018-43
pp.29-34
CNR 2017-06-16
13:00
東京 パナソニックラボラトリ東京(PLT) 有明 テレプレゼンスロボットの眼球と頭部の連動が視線伝達に与える影響
森田智紀川口一画葛岡英明筑波大)・鈴木雄介OKICNR2017-4
本研究では,眼球を持つテレプレゼンスロボットにおいて,眼球と頭部の連動が視線伝達に与える影響について調べることを目的とし... [more] CNR2017-4
pp.16-21
AI 2016-02-29
10:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 筑波大学における多言語化の問題点と解決案
谷 尭尚葛岡英明筑波大AI2015-53
筑波大学ではキャンパスのグローバル化を目指し様々な方面で英語化を行っているが,未だ課題は多い.そこで本研究では各担当者へ... [more] AI2015-53
pp.7-10
ET 2014-09-27
13:00
島根 島根大学(松江キャンパス) 発話と頭部動作の共起関係から状況内評価を自動検出するシステムの開発
赤羽 脩山下 淳筑波大)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大ET2014-33
 [more] ET2014-33
pp.23-28
CNR 2013-12-20
11:00
東京 東京大学山上会館 外装型触力覚提示装置を用いた技能教育支援手法の提案
ヤェム ヴィボル葛岡英明筑波大CNR2013-22
触力覚を用いた技能教育の研究において,従来,アクチュエータで道具を直接駆動することによって,道具を握る学習者の掌側に力を... [more] CNR2013-22
pp.7-12
CNR 2013-12-20
15:30
東京 東京大学山上会館 ロボットの身体方向が鑑賞者の身体配置に与える影響に関する研究
伊藤 巧葛岡英明筑波大CNR2013-26
 [more] CNR2013-26
pp.29-34
ET 2013-09-28 広島 広島大学(東広島キャンパス) 顔画像認識によるユーザ選択機能を実装した相互評価システムの実装と評価
山下 淳筑波大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大)・鈴木栄幸茨城大ET2013-43
 [more] ET2013-43
pp.81-86
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-29
15:25
東京 東京大学山上会館 仮想化現実環境モデルに基づく携帯カメラの位置方位推定に向けて
西田 純筑波大)・石川智也牧田孝嗣興梠正克産総研)・山下 淳葛岡英明筑波大)・蔵田武志産総研MVE2011-28
 [more] MVE2011-28
pp.73-78
HCS 2010-08-27
13:10
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号棟N [招待講演]工学と社会科学による共同研究の実践
葛岡英明筑波大HCS2010-26
CSCWの研究では、実験・観察、分析・評価、そしてシステムの試作・開発を繰り返すことが重要であると言われている。しかし、... [more] HCS2010-26
pp.1-4
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2010-07-16
15:25
茨城 筑波大学 [招待講演]CSCW研究におけるデータ収集と分析・評価
葛岡英明筑波大USN2010-20
 [more] USN2010-20
pp.147-149
ET 2009-10-09
15:45
北海道 函館高専 口頭発表のリアルタイム調整技能の育成に着目したプレゼンテーション練習システムの開発
高橋功将飯崎裕史山下 淳筑波大)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大ET2009-39
プレゼンテーションは, 聴衆の反応を確かめながら発表することが大切である. 従ってプレゼンテーション練習では, 先生や練... [more] ET2009-39
pp.39-43
MVE 2009-10-09
16:25
北海道 オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) 光センサと慣性センサを組み合わせた遠隔作業指示のためのタンジブルテールトップインタフェース
君島 翔筑波大/産総研)・興梠正克石川智也産総研)・葛岡英明筑波大)・蔵田武志産総研MVE2009-56
本論文は光センサと慣性センサによる計測を行う第2世代TTTの技術的課題の解決法やインタラクション技法の拡張について述べる... [more] MVE2009-56
pp.125-130
AI 2009-02-27
14:15
東京 関学東京丸の内キャンパス 多言語間チャットによる対象指示コミュニケーションの分析
稲葉利江子NICT)・山下直美NTT)・葛岡英明筑波大AI2008-53
 [more] AI2008-53
pp.49-54
ET 2008-06-14
16:10
愛知 名城大学 PDAのタッチ画面操作時における操作特性に関する研究
飯崎裕史市丸俊亮山下 淳葛岡英明筑波大ET2008-14
著者らは赤外線通信機能とPDAを利用した相互評価システムSounding Boardを開発している。このシステムを実際に... [more] ET2008-14
pp.51-56
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会