お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
サポートベクトルマシンを用いた検証要否判定のための複合語有益性評価
須永 聡菊間一宏NTT)・猪腰松大佐藤孝樹上田清志日大NS2019-226
次世代ネットワーク (NGN) 等に用いられる通信ソフトウェアは高い
信頼性が要求されるため多数の品質向上施策により開... [more]
NS2019-226
pp.271-276
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
試験項目自動生成手法におけるMAP推定を用いたPMIによる教師データ作成法
佐藤孝樹松本悠希日大)・山田 剛菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2019-237
世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を... [more] NS2019-237
pp.335-339
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]機械学習を利用したソフトウェア開発ドキュメントからの情報抽出手法の精度向上に向けた教師データ作成自動化の検討
山田剛史菊間一宏NTTRCC2019-20 NS2019-56 RCS2019-113 SR2019-32 SeMI2019-29
過去の試験項目と設計書の記載を数理手法で関連付ける事により人手を介さない教師データの作成手法を検討している.本発表では,... [more] RCC2019-20 NS2019-56 RCS2019-113 SR2019-32 SeMI2019-29
pp.47-48(RCC), pp.73-74(NS), pp.69-70(RCS), pp.79-80(SR), pp.61-62(SeMI)
IN, NS
(併催)
2019-03-05
15:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター サポートベクトルマシンによる検証要否判定のための主要品詞選択
須永 聡星野幸司菊間一宏NTT)・神保光希佐藤孝樹上田清志日大NS2018-288
次世代ネットワーク(NGN)等に用いられる通信ソフトウェアは高い信
頼性が要求されるため多数の品質向上施策を取り入れて... [more]
NS2018-288
pp.545-550
NS 2019-01-18
12:40
長崎 長崎県美術館 ソフトウェア開発効率化手法における機械学習性能の向上に向けた教師データ作成法
佐藤孝樹日大)・山田 剛菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2018-184
世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を... [more] NS2018-184
pp.35-40
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
12:20
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス サポートベクトルマシンを用いた検証要否判定手法
須永 聡星野幸司菊間一宏NTT)・神保光希佐藤孝樹上田清志日大NS2018-147
次世代ネットワーク(NGN)に代表される通信ソフトウェアは高い信頼性が要求されるため,
公衆網運用のサービス中断を防ぐ... [more]
NS2018-147
pp.99-104
NS 2018-10-18
13:50
京都 京都教育文化センター [ポスター講演]機械学習を利用したソフトウェア開発ドキュメントからの情報抽出手法の精度向上に向けた前処理の検討
山田剛史菊間一宏NTT)・佐藤孝樹塚田 光上田清志日大NS2018-111
 [more] NS2018-111
pp.37-38
NS 2018-10-18
13:50
京都 京都教育文化センター [ポスター講演]大規模ソフトウェア開発の試験項目自動抽出手法における複合語生成の精度向上
栁平貴也佐藤孝樹日大)・須永 聡星野幸司菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2018-112
世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を... [more] NS2018-112
pp.39-42
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]通信ソフトウェアのプロセスからデータを分離する開発をした際の遅延評価手法の検討
山田剛史星野幸司菊間一宏NTTRCC2018-40 NS2018-53 RCS2018-98 SR2018-37 ASN2018-34
ハードウェア仮想化やクラウド化の進展により,ソフトウェア実行環境の柔軟性が高まるとともに,実行環境の有効活用や運用効率化... [more] RCC2018-40 NS2018-53 RCS2018-98 SR2018-37 ASN2018-34
pp.85-86(RCC), pp.91-92(NS), pp.103-104(RCS), pp.95-96(SR), pp.101-102(ASN)
NS 2018-01-19
13:40
沖縄 石垣市商工会館 要求仕様の自動構造化による試験項目自動生成
佐藤孝樹飯野圭太朗日大)・中村義和菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2017-158
世界的なIoT/M2Mサービスの拡大に伴うブロードバンド通信の拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を... [more] NS2017-158
pp.81-86
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
16:25
北海道 北海道大学 SIPサーバへの仮想化技術の適用に関する評価
川口 峻黒川恵介佐久間美能留菊間一宏NTTNS2017-70
ブロードバンド通信市場の拡大により,キャリアは継続的なCAPEX/OPEX の削減を要求されている.
1982 年に導... [more]
NS2017-70
pp.211-216
NS, IN
(併催)
2017-03-03
10:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル SIPサーバにおけるサーバ仮想化/NFV技術を適用したソフトウェアアップデートに関する一検討
佐久間美能留黒川恵介川口 峻菊間一宏NTTNS2016-215
ブロードバンド通信市場の拡大により,キャリアは継続的なCAPEX/OPEXの削減を要求されている.1982 年に導入され... [more] NS2016-215
pp.331-336
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-26
13:10
東京 機械振興会館 災害時の安否確認におけるシステム間連携と構成法 ~ 安否確認システムの概要と実現機能の特徴について ~
平澤貴宏稲葉 徹大西正嗣菊間一宏NTTCAS2016-85 ICTSSL2016-39
災害時における罹災者の安否情報は救助や必要な物資の特定のために重要な手がかりとなり,安否情報を確実に届ける通信手段の確保... [more] CAS2016-85 ICTSSL2016-39
pp.41-46
NS 2017-01-26
15:15
鹿児島 鹿児島市町村自治会館 大規模通信ソフトウェア開発における試験項目自動作成
郡司寛之廣澤 孝日大)・篠田貴彦菊間一宏NTT)・上田清志日大NS2016-146
 [more] NS2016-146
pp.29-34
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
09:55
山口 下関商工会議所 大規模通信ソフト開発環境へのOSSツール適用の評価
菊間一宏・○篠田貴彦NTT)・福田 晃九大NS2016-112
IoTが牽引するブロードバンド通信市場の世界的拡大は,多くの通信キャリアに対し激しいサービス低廉化競争を余儀なくさせてい... [more] NS2016-112
pp.61-66
IN, NS, CS, NV
(併催)
2015-09-04
14:40
岩手 岩手県公会堂 ストレージ更改のデータ移行における平衡値低減の検討
三原孝太郎菊間一宏NTTNS2015-82
 [more] NS2015-82
pp.65-70
IN 2010-06-03
14:30
秋田 秋田アトリオン [招待講演]NGNの現状と発展に向けて
菊間一宏相原正夫NTT東日本IN2010-13
PSTN(Public Switched Telephone Networks)がもつ信頼性・安定性を確保しながら、IP... [more] IN2010-13
pp.17-19
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会