電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
09:30
東京 電気通信大学 U-Netを利用したCT画像からの脊椎領域自動抽出タスクにおける立体形状学習の有用性
重田尚郁鎌田理詩菊池眞之東京工科大NC2018-75
 [more] NC2018-75
pp.169-174
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
11:15
東京 機械振興会館 U-NetによるCT画像における脊椎の自動検出
鎌田理詩菊池眞之東京工科大)・庄野 逸電通大)・林 勲関西大)・福島邦彦ファジィシステム研NC2017-81
本研究では,患者のCT画像から脊椎の3Dメッシュモデルを自動生成するための足がかりとして,深層学習を用いたCT画像におけ... [more] NC2017-81
pp.81-84
ET 2015-10-31
15:50
大分 日本文理大学 湯布院研修所 プログラミングの初年度導入教育に関する実施報告 ~ プログラミング嫌い減少のために ~
今仁順也長名優子菊池眞之伊藤雅仁石畑宏明東京工科大ET2015-51
本学部では STELM (Science, Technology, Engineering based on the c... [more] ET2015-51
pp.43-48
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
11:30
東京 玉川大学 短時間で集中力を高めるパターンの提案
小野沢文也宇田隆哉菊池眞之東京工科大NC2012-141
視覚情報は人間の知覚する情報の内,約8割と言われる.知覚する情報の内,大半である.しかし,視覚と作業の関係に不明な点は多... [more] NC2012-141
pp.43-48
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
11:05
東京 玉川大学 音楽を聴いた時の脳活動と感性評価について
掛川茉祐小宮山 諒政倉祐子菊池眞之東京工科大NC2012-174
本研究では脳活動データと感性評価結果から,音楽のジャンル識別を行う.脳活動の計測にはNIRSを用いて行い,感性評価の指標... [more] NC2012-174
pp.233-238
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
11:30
東京 玉川大学 3次元表面の凹凸特徴の視知覚特性
奥 晋吾・○菊池眞之東京工科大NC2010-130
 [more] NC2010-130
pp.19-21
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
16:00
東京 玉川大学 新しい競合学習法を用いたネオコグニトロン
福島邦彦林 勲関西大)・庄野 逸電通大)・菊池眞之牧野裕樹東京工科大NC2009-155
ネオコグニトロンは,階層構造を持つ多層の人工神経回路で,頑強な視覚パターン認識能力を学習によって獲得していく.本報告では... [more] NC2009-155
pp.397-402
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
16:25
東京 玉川大学 ネオコグニトロンにおけるエッジ抽出法の検討
牧野裕樹菊池眞之東京工科大)・福島邦彦林 勲関西大)・庄野 逸電通大NC2009-156
ネオコグニトロンとは視覚系のパターン認識能力を持つ階層型の神経回路モデルである.S細胞と呼ぶ特徴抽出細胞でエッジを抽出す... [more] NC2009-156
pp.403-406
NC, MBE
(併催)
2008-03-12
15:20
東京 玉川大学 輪郭統合に与える空間周波数変化の影響について
菊池眞之但馬弘高東京工科大NC2007-123
位置・方位がランダムなガボールパッチ群の中から,滑らかな曲線に沿って配置されたガボールパッチ群(path)を検出すること... [more] NC2007-123
pp.67-71
NC 2006-03-16
14:30
東京 玉川大学 運動統合の奥行次元依存性
菊池眞之長岡将基東京工科大
 [more] NC2005-133
pp.49-54
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会