お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SWIM 2020-02-21
16:50
東京 機械振興会館 UXデザインにおけるペルソナ手法を用いたAIニーズ創出法の提案と実習評価
藤田喜広三菱電機インフォメーションシステムズ)・堂坂 辰メルコテクノ横浜)・秋山康智アイテック阪急阪神)・荻野 正明星大)・井上雅裕芝浦工大)・小泉寿男M2M・IoT研究会SWIM2019-32
 [more] SWIM2019-32
pp.47-54
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-25
11:25
東京 機械振興会館 AIへの新規参加者に対するAI教育法の開発 ~ 非IT技術者および営業担当者へのAI教育はどうあるべきか ~
小泉寿男M2M研究会)・大江信宏東海大)・秋山康智アイテック阪急阪神)・虎渡昌史農研機構)・澤本 潤岩手県立大)・清尾克彦サイバー大)・辻 秀一M2M・IoT研究会)・荻野 正明星大)・井上雅裕中島 毅芝浦工大KBSE2019-10 SWIM2019-10
AIは殆ど全ての分野に適用されつつある.多くのAIシステムが構築され,実用化されるためには,IT系以外の技術者も構築に参... [more] KBSE2019-10 SWIM2019-10
pp.65-72
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター JHPCN(学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点)における大規模データ伝送実験報告
村田健史パワランクン プラパン山本和憲NICT)・村永和哉セック)・水原隆道クレアリンクテクノロジー)・深沢圭一郎京大)・江川隆輔東北大)・片桐孝洋荻野正雄名大)・南里豪志九大IN2018-113
筆者らはこれまで、パケットロスが無視できない広帯域ネットワークにおいて高速なデータファイル伝送が可能な通信プロトコルHp... [more] IN2018-113
pp.175-179
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-10
14:25
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 柔軟なIoTエッジコンピューティングアーキテクチャの提案とエネルギー管理への応用
荻野 正明星大)・北上眞二早大)・菅沼拓夫東北大)・白鳥則郎中大IN2017-35
クラウドコンピューティングを中心とする大規模なIoTシステムにおいて,ネットワーク負荷の増大,応答遅延やプライバシー侵害... [more] IN2017-35
pp.1-6
SWIM 2016-08-26
15:25
東京 法政大学(新一口坂校舎) 情報システムの「安心性」評価モデルの提案
宮西洋太郎ISEM, Inc.)・北上眞二早大)・荻野 正明星大)・佐藤文明東邦大)・浦野義頼白鳥則郎早大SWIM2016-9
あらまし 昨今,業務用情報システムにおいても,クラウドコンピューティングの普及により外部情報システムを利用することが日... [more] SWIM2016-9
pp.15-22
MoNA 2016-08-02
13:45
兵庫 瀧川記念学術交流会館(神戸大学) プライバシー保護を考慮した足跡によるユーザトラッキングシステムの歩行者に対する性能評価
和田瞭也田頭茂明荻野正樹関西大)・石田繁巳福田 晃九大MoNA2016-19
本研究では,複数の圧力センサシートにより観測された足跡を利用してユーザの動線を獲得するユーザトラッキングシステムを提案す... [more] MoNA2016-19
pp.65-69
SWIM 2015-12-05
14:00
東京 東京工芸大学 中野キャンパス 機械学習を用いた動画の異常検出システムの検討
荻野 正明星大SWIM2015-13
(事前公開アブストラクト) 機械学習の技術を用いて、動画の異常を検出するシステムについて検討を行った.2種類のプロトタイ... [more] SWIM2015-13
pp.5-10
SWIM 2015-02-27
15:40
東京 機械振興会館 サッカー選手のミス分析システムにおける可視化ツールの作成
平良 翔荻野 正沖縄高専SWIM2014-30
 [more] SWIM2014-30
pp.19-23
SWIM 2015-02-27
16:05
東京 機械振興会館 M2Mシステムでの位置情報検出手法に関する研究
神谷 潤荻野 正沖縄高専SWIM2014-31
 [more] SWIM2014-31
pp.25-29
SWIM 2014-11-29
11:20
東京 東京工芸大学 機械学習を用いた侵入検知システムに関する学習手法の検討
荻野 正沖縄高専SWIM2014-18
インターネットを経由した攻撃は、その手口が巧妙になっており、過去の攻撃パターンを検出するだけでは防ぎきれなくなっている。... [more] SWIM2014-18
pp.23-28
MoNA 2014-07-30
11:45
愛知 愛知工科大学 動物の知覚情報を利用した超拡張現実の実現にむけて
田頭茂明荻野正樹関西大MoNA2014-28
本研究の目的は,人間より優れた感覚機能を持つ動物の知覚情報を活用して,人間の現実を拡張する超拡張現実(Super Aug... [more] MoNA2014-28
pp.69-73
SWIM 2014-02-28
14:35
東京 機械振興会館 機械学習を用いたサイバーアタック検出システムに関する性能評価 ~ Jubatusによる外れ値検出の性能評価 ~
祖慶実頼荻野 正沖縄高専SWIM2013-19
インターネットを経由した攻撃は,その手口が巧妙になっており,過去の攻撃パターンを検出するだけでは防ぎきれなくなっている.... [more] SWIM2013-19
pp.13-18
SWIM 2014-02-28
15:00
東京 機械振興会館 Twitterの情報伝播経路の可視化に関する検討
喜納大喬荻野 正沖縄高専SWIM2013-20
スマートフォンの普及と共にTwitterが多くの人々に利用されるようになった.ユーザーは他のユーザーをフォローしその数を... [more] SWIM2013-20
pp.19-23
SWIM 2013-11-29
13:50
神奈川 東京工芸大学 機械学習を用いたサイバーアタック検出システムに関する検討
荻野 正沖縄高専SWIM2013-13
インターネットを経由した攻撃は,その手口が巧妙になっており,過去の攻撃パターンを検出するだけでは防ぎきれなくなっている.... [more] SWIM2013-13
pp.9-14
HCS 2013-11-09
15:40
大阪 大阪大学(豊中) ぬいぐるみロボットの身体動作によるオブジェクト所有表現の有効性
吉田直人荻野正樹米澤朋子関西大HCS2013-64
我々は日常的に,あらゆるオブジェクトを所有し使用しながら生活している.ま... [more] HCS2013-64
pp.79-83
SWIM 2012-05-26
14:45
東京 機械振興会館 3D画像読影に対応する医療クラウドモデルの検討
野地 保・○安達大貴東海大)・荻野 正三菱電機インフォメーションテクノロジーSWIM2012-4
地域連携医療支援や在宅診療支援,読影支援,健康管理支援では,医用画像を含む診療情報の共有化,連携化が課題である.特に大震... [more] SWIM2012-4
pp.21-25
SWIM 2011-11-18
10:55
東京 東海大学 高輪キャンパス 心拍数を用いる音楽療法向け検索システムの提案
荻野 正三菱電機インフォメーションテクノロジー)・○野地 保真山 紀東海大)・黒瀬 晋NECソフトウェア北陸SWIM2011-20
 [more] SWIM2011-20
pp.13-18
SWIM 2011-08-26
16:35
東京 機械振興会館 哀情報による自己管理型カルテモデルの検討
石川希人野地 保東海大)・黒瀬 晋NECソフトウェア北陸)・荻野 正三菱電機インフォメーションテクノロジーSWIM2011-15
患者の状態を外部からだけでなく,内面から把握する一手段として,我々は哀情報を活用することを研究している.現在,一部商品化... [more] SWIM2011-15
pp.25-29
SWIM 2011-06-17
10:45
東京 機械振興会館 広域災害に対応する哀情報クラウドサービスモデルの検討
野地 保・○石川希人東海大)・荻野 正三菱電機インフォメーションテクノロジーSWIM2011-10
大震災においては,病院や診療所の建物や医療機器,患者情報全てが破損・消失する状況が発生する.その結果,震災後の診療に支障... [more] SWIM2011-10
pp.49-54
SWIM 2010-11-19
14:10
東京 東海大学(高輪) クラウド型広域連携医療サービスの一構成法 ~ 患者サービスプロセスの分析とモデル化 ~
荻野 正三菱電機インフォメーションテクノロジー)・野地 保東海大)・周藤安造麻布大)・佐々木 仁コアーズSWIM2010-22
我々は3D電子紹介状による患者サービス網の広域連携化研究を進めている.患者サービスは3D電子紹介状などの患者情報を基本と... [more] SWIM2010-22
pp.33-38
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会