お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2015-08-04
14:30
大分 ビーコンプラザ(別府) 布線論理によるμITRONタスクスケジューラ実装の実現可能性の検討
荒木光一五大開発)・請園智玲福岡大CPSY2015-20
オペレーティングシステムのタスクスケジューラが発生させるソフトウェアオーバヘッドは変動要因を持ち,各タスクの実行完了時刻... [more] CPSY2015-20
pp.53-58
RECONF 2013-09-19
11:25
石川 北陸先端科学技術大学院大学 組込みシステムにおける再構成時間を考慮した低消費電力指向の設計フレームワークの提案
荒木光一佐藤幸紀井口 寧北陸先端大RECONF2013-31
 [more] RECONF2013-31
pp.67-72
RECONF 2013-09-19
14:50
石川 北陸先端科学技術大学院大学 動的部分再構成による連想メモリ内エントリの定数化の検討
請園智玲荒木光一北陸先端大RECONF2013-36
一般的に連想探索を行うメモリはエントリ数の増加に比例してハードウェアサイズが大きくなり,参照遅延も同様に長くなる.そのた... [more] RECONF2013-36
pp.97-102
RECONF 2011-09-27
09:25
愛知 名古屋大学(NCES) 高速データバスに接続されたFPGAにおけるHWボトルネックを解消するための設計フレームワーク
荒木光一佐藤幸紀井口 寧北陸先端大RECONF2011-33
PCI-Expressインターフェイスを搭載するリコンフィギャラブル・デバイスの登場などにより,CPUやメモリとリコンフ... [more] RECONF2011-33
pp.63-68
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-12-01
10:45
福岡 九州大学医学部百年講堂 PCI-Expressに接続されたFPGAによる並列ループの効果的処理手法
荒木光一佐藤幸紀井口 寧北陸先端大RECONF2010-47
PCI-Expressインターフェイスを搭載するFPGAの登場により,CPUやメモリとFPGA間のデータ転送速度が高くな... [more] RECONF2010-47
pp.49-54
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-17
14:15
福岡 北九州学術研究都市 マルチコンテキスト型リコンフィギャラブルプロセッサにおけるデータ並列タスクの処理法
荒木光一佐藤幸紀井口 寧北陸先端大RECONF2008-41
マルチコンテキスト型リコンフィギャラブルプロセッサ(MRP)の登場により様々なタスクをハードウェア処理することが可能とな... [more] RECONF2008-41
pp.15-20
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会