電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 174件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM 2019-03-13
14:05
沖縄 沖縄県青年会館 [ポスター講演]CNNを用いたCGと写真を識別するためのパッチサイズの考察
河田健斗栗林 稔舩曵信生岡山大
 [more] EMM2018-100
pp.45-50
EMM 2019-03-13
15:15
沖縄 沖縄県青年会館 [ポスター講演]雑音環境における電子指紋符号に対する結託攻撃の攻撃戦略推定
安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大
結託攻撃に耐性のある電子指紋符号に対して,結託者を検出するための最適な検出器が提案されている.しかし,この検出器を用いた... [more] EMM2018-107
pp.83-88
EMM 2019-01-11
11:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 自己同期回復機能を有する最適な誤り訂正復号器
栗林 稔舩曵信生岡山大
電子透かし技術において,クリッピング攻撃への耐性を考慮すると同じ透かし情報を繰り返し埋め込む手段が有効的である.その場合... [more] EMM2018-90
pp.45-50
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) PDF文書に対する電子指紋システムへの適用を考慮した行セグメント分割埋め込み法
福島拓哉栗林 稔舩曵信生岡山大
PDF文書は利用者が多いため不正利用された場合の損害が大きく,PDF文書に対する電子透かし技術の研究が注目されている.
... [more]
EA2018-69 EMM2018-69
pp.37-42
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) 組織内の情報漏洩を抑止するための電子指紋システムの実装評価
上田貴大栗林 稔舩曵信生岡山大
近年,会社などの組織で扱う機密情報の電子化に伴い,情報漏洩対策が必要になってきている.特にデータを復号できる組織内のユー... [more] EA2018-70 EMM2018-70
pp.43-48
EMM, LOIS, IE
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2018-09-28
13:15
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 電子指紋符号における不正者検出のための動的戦略推定
安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大)・越前 功NII
確率的に構成される電子指紋符号に対して,結託者を検出するための最適な検出器が提案されている.しかし,この検出器は,検出の... [more] LOIS2018-19 IE2018-39 EMM2018-58
pp.65-70
MVE 2018-09-07
13:50
大阪 大阪工業大学 梅田キャンパス A Proposal of Calligraphy Learning Assistant System using Projection Mapping
Samsul HudaLu XiqinNobuo FunabikiMinoru KuribayashiOkayama Univ.
 [more] MVE2018-23
pp.53-58
IT, EMM
(共催)
2018-05-17
15:00
東京 東京工業大学(大岡山キャンパス) Cyclically Permutable Codeの同期回復と誤り訂正に関する考察
須磨尚大栗林 稔舩曵信生岡山大
 [more] IT2018-3 EMM2018-3
pp.13-18
IT, EMM
(共催)
2018-05-17
15:25
東京 東京工業大学(大岡山キャンパス) 画像の局所的な特徴を考慮したデザインQRコードに関する考察
栗林 稔村上元貴舩曵信生岡山大
 [more] IT2018-4 EMM2018-4
pp.19-24
EMM 2018-03-05
14:35
鹿児島 奄美市名瀬公民館 [ポスター講演]電子指紋符号における結託攻撃の戦略推定
安井達哉栗林 稔舩曵信生岡山大
Tardos符号やNuida符号等の確率的に構成される電子指紋符号に対して,結託者を検出するための最適な検出器が提案され... [more] EMM2017-80
pp.17-22
EMM 2018-03-05
15:45
鹿児島 奄美市名瀬公民館 [ポスター講演]量子化テーブルの特徴を考慮したJPEG圧縮履歴の解析
小浦啓太郎栗林 稔舩曵信生岡山大
画像から2重圧縮の特徴を発見することによって,画像の改ざんを検知する方法を本研究では扱う.その特徴は,1回目と2回目のJ... [more] EMM2017-86
pp.45-50
EMM 2018-01-29
15:05
宮城 東北大学 青葉山キャンパス 電子指紋符号の消失誤りを考慮した検出器に関する考察
栗林 稔舩曵信生岡山大
電子指紋符号の研究において,従来はマーキング仮定の下で結託耐性が評価されてきた.最近では,実環境を想定して,ガウス雑音付... [more] EMM2017-68
pp.13-18
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
14:00
広島 広島市立大学サテライトキャンパス テストログを用いたテストコード生成支援ツールの戻り値のあるJavaメソッドへの拡張
日下涼太舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大
本グループでは,Javaプログラミング学習支援システムの教員による課題作成の支援のために,テストログを用いたテストコード... [more] MSS2017-69 SS2017-56
pp.127-132
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
17:00
広島 広島市立大学サテライトキャンパス Javaプログラミング学習支援システムのテストコード学習のためのコード修正問題の提案
何 賽舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大
本研究室では,WebによるJavaプログラミング学習支援システムJPLAS(Java Programming Learn... [more] MSS2017-75 SS2017-62
pp.161-166
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
17:25
広島 広島市立大学サテライトキャンパス Javaプログラミング学習支援システムJPLASへのソースコード管理システムの導入
松本慎平舩曵信生栗林 稔石原信也岡山大
本研究グループでは, WebによるJavaプログラミング学習支援システムJPLAS(Java Programming A... [more] MSS2017-76 SS2017-63
pp.167-172
EMM 2017-11-07
13:00
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー棟 誤り訂正符号を用いたDCT-OFDM型電子透かし方式の耐性向上に関する考察
重本章吾栗林 稔舩曵信生岡山大
様々な種類の攻撃に対して耐性を持つDCT-OFDM型電子透かし方式には,スペクトル拡散(SS)法と量子化(QIM)法があ... [more] EMM2017-64
pp.47-52
EMM 2017-11-07
13:25
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー棟 電子透かし方式の安全性を高めるための難読化処理に関する考察
山下晃一郎栗林 稔舩曵信生岡山大
一般的に透かし情報は,秘密鍵を用いてコンテンツより選出した特徴成分の系列に埋め込まれる.ここで秘密鍵を除いてすべてのアル... [more] EMM2017-65
pp.53-58
SS, DC
(共催)
2017-10-19
15:25
高知 高知市文化プラザかるぽーと Javaプログラミング学習支援システムのコードクローン除去問題におけるメソッド生成課題の改善
石原信也舩曵信生栗林 稔岡山大
本グループでは,冗長性のないコードの作成に加え,オブジェクト指向言語プログラミングの学習を目的 として, Javaプログ... [more] SS2017-25 DC2017-24
pp.25-30
EMM, IT
(共催)
2017-05-22
14:05
山形 山形大学(米沢キャンパス) PDFファイルの内部構造を考慮した大容量電子透かし法
福島拓哉栗林 稔舩曵信生岡山大
PDF文書はどのコンピュータでも表示,印刷することが可能な電子文書フォーマットであり,ビジネスシーンでも多く利用されてい... [more] IT2017-3 EMM2017-3
pp.13-18
EMM, IT
(共催)
2017-05-22
14:30
山形 山形大学(米沢キャンパス) 組織内からの情報漏洩対策のための電子指紋システムの提案
上田貴大栗林 稔舩曵信生岡山大
近年,企業や行政機関などの組織の電子システム化に伴って,組織で扱う個人情報などの機密情報の漏洩対策が必要になってきている... [more] IT2017-4 EMM2017-4
pp.19-24
 174件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会