お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME, IEE-DEI
(連催)
2022-07-18
13:15
長野 軽井沢観光振興センター会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]イオンアシスト蒸着重合による有機・無機ハイブリッドポリマー積層構造の形成
宮山拓実・○臼井博明東京農工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
OME 2021-12-24
16:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]物理蒸着によるフッ素系高分子薄膜形成と光学応用
臼井博明東京農工大OME2021-34
フッ素系高分子薄膜は低屈折率,低誘電率,低損失,低表面エネルギーなど特徴的な物性を持つが,難溶性であることや環境負荷が大... [more] OME2021-34
pp.32-37
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-07-05
15:45
新潟 トキ交流会館(新潟県佐渡市) ナノダイヤモンド吸着膜の形成と電子注入特性
杉本有莉子東京農工大)・大石不二夫神奈川大)・田中邦明臼井博明東京農工大OME2019-12
電気泳動法(EPD)及び自己組織化膜(SAM)への吸着の2つの手法を用い,Al電極表面にダイヤモンドナノ粒子(DNP)薄... [more] OME2019-12
pp.17-20
OME, IEE-DEI
(連催)
2018-07-20
11:15
新潟 [19日](株)コロナ 本社 会議室, [20日]まちなかキャンパス長岡301会議室 ダイヤモンドナノ粒子の薄膜形成と電子応用
杉本有莉子東京農工大)・大石不二夫神奈川大)・田中邦明・○臼井博明東京農工大OME2018-10
電気泳動法及によりダイヤモンドナノ粒子(DNP)の薄膜を基板表面に堆積した.DNP分散液の濃度及び堆積条件の制御により,... [more] OME2018-10
pp.27-31
OME 2018-02-22
13:50
東京 東京農工大学 講義棟L0014 開始剤SAMを用いた表面開始蒸着重合による有機/無機界面の結合形成
齋藤隆喜田中邦明臼井博明東京農工大OME2017-58
Thiol-ene反応を利用し,有機半導体/無機基板界面に共有結合を形成することを試みた.(3-mercaptoprop... [more] OME2017-58
pp.5-9
OME 2018-02-22
16:20
東京 東京農工大学 講義棟L0014 蒸着重合法による共蒸着ポリイミド薄膜の作製と配向制御
山嵜貴俊田中邦明臼井博明東京農工大OME2017-63
酸無水物pyromellitic dianhydrideとジアミン4,4’-diaminoazobenzeneを共蒸着し... [more] OME2017-63
pp.25-28
OME 2016-10-28
13:40
東京 機械振興会館 蒸着重合によるポリイミド薄膜の分子配向
山嵜貴俊Chanya Mahapun田中邦明臼井博明東京農工大OME2016-39
蒸着重合法を用いて2種類のポリイミド薄膜の分子配向の制御を試みた.Pyromellitic dianhydrideと1,... [more] OME2016-39
pp.5-8
OME 2016-10-28
16:20
東京 機械振興会館 ビニル基を持つナフタレンジイミドの蒸着膜形成
冨田啓輔東京農工大)・藤田浩士臼井 聡新潟大)・田中邦明臼井博明東京農工大OME2016-45
 [more] OME2016-45
pp.29-32
OME 2016-03-03
13:55
東京 東工大南3号館S322講義室 イオンアシスト蒸着重合による接着性アクリル高分子薄膜の作製
河村 拓田中邦明臼井博明東京農工大OME2015-87
イオンアシスト蒸着重合により種々の基板上に4-hydroxybutyl acrylate glycidylether (... [more] OME2015-87
pp.5-9
OME 2015-10-16
15:25
東京 機械振興会館 電気泳動堆積法によるダイヤモンドナノ粒子薄膜の作製
後藤洋介東京農工大)・大石不二夫神奈川大)・田中邦明臼井博明東京農工大OME2015-47
電気泳動堆積法(EPD)を用いてダイヤモンドナノ粒子水分散液から薄膜を形成した.膜成長速度は印加電圧の上昇あるいは電極間... [more] OME2015-47
pp.23-28
OME 2014-11-29
11:30
鹿児島 奄美大島商工会議所会議室 [招待講演]反応性末端を持つ自己組織化膜を用いた有機/無機界面制御
臼井博明東京農工大OME2014-64
有機デバイスでは有機/無機電極の接合形成が必須となるが,両者では材料の性質が大きく異なるため,異種界面の制御は容易でなく... [more] OME2014-64
pp.25-30
OME, EMD, CPM
(共催)
2014-06-20
10:20
東京 機械振興会館 電反応性SAMと蒸着重合による電極/高分子界面の制御
萩原佑哉金 性湖田中邦明東京農工大)・Rigoberto C. Advinculaケースウェスタン大)・○臼井博明東京農工大EMD2014-12 CPM2014-32 OME2014-20
有機デバイスでは有機/無機電極の接合形成が必須となるが,材料の性質が大きく異なるため,異種界面の制御は容易でなく,付着強... [more] EMD2014-12 CPM2014-32 OME2014-20
pp.21-26
EMD, CPM, OME
(共催)
2013-06-21
09:45
東京 機械振興会館 感光性スピンコート膜を用いたパターン形成とデバイス応用
加藤大智田中邦明・○臼井博明東京農工大EMD2013-9 CPM2013-24 OME2013-32
正孔輸送性ビニルモノマーと光重合開始剤をスピンコートすることにより,感光性低分子薄膜を形成した.これにマスクを通して紫外... [more] EMD2013-9 CPM2013-24 OME2013-32
pp.13-17
OME 2013-05-16
13:30
東京 機械振興会館 B3F-2 反応性SAMを用いたITO/高分子薄膜界面の制御
金 性湖大塚華恵田中邦明東京農工大)・R. C. アドビンクラケースウェスタン)・○臼井博明東京農工大OME2013-23
有機電子デバイスでは,無機電極と有機薄膜界面の特性を制御することが重要な課題の一つとなる.そこで末端に反応性官能基として... [more] OME2013-23
pp.1-5
OME 2013-05-16
13:50
東京 機械振興会館 B3F-2 低分子量PEDOT蒸着膜の作製とドーピング特性
江口大海・○長谷川 愛土屋康佑田中邦明荻野賢司臼井博明東京農工大OME2013-24
Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) (PEDOT)は導電性高分子の中でも高い導電性や熱的安... [more] OME2013-24
pp.7-12
OME, OPE
(共催)
2012-11-16
13:05
東京 機械振興会館 傾斜機能を持つフッ素系蒸着重合膜による反射防止効果
泉田和夫ミクロ技研)・松田 剛河西 匠田中邦明臼井博明東京農工大OME2012-55 OPE2012-127
2-(パーフルオロヘキシル)エチルアクリレート(Rf-6)モノマーを,Arイオンアシストによる蒸着重合(IAD)法により... [more] OME2012-55 OPE2012-127
pp.1-5
OME 2011-10-14
14:30
東京 機械振興会館 B3-2 パラジウム触媒を用いたPEDOTの合成と蒸着膜形成
江口大海土屋康佑田中邦明荻野賢司臼井博明東京農工大OME2011-51
 [more] OME2011-51
pp.15-19
EMD, CPM, OME
(共催)
2011-06-30
15:30
東京 機械振興会館 イオンアシスト蒸着によるフッ素薄膜の密着性改善
泉田和夫松田 剛田中邦明臼井博明東京農工大EMD2011-15 CPM2011-51 OME2011-29
ドライプロセスによる新たなフッ素系高分子膜形成技術として,イオンアシスト蒸着重合法を開発した.イオン照射によって基材表面... [more] EMD2011-15 CPM2011-51 OME2011-29
pp.41-46
OME 2011-05-27
13:00
東京 NTT武蔵野研究開発センター 低分子スピンコート膜の光重合による燐光性高分子薄膜のパターン形成
宮川大地室山雅和田中邦明・○臼井博明東京農工大OME2011-14
アクリルモノマー,光重合開始剤,及び発光性ドーパントの低分子混合溶液をスピンコートし,フォトマスクを介して紫外線(UV)... [more] OME2011-14
pp.1-6
OME 2011-05-27
13:40
東京 NTT武蔵野研究開発センター ベンゾフェノンSAM膜を用いたポリビニルカルバゾール膜のパターン形成
大塚華恵金 性湖東京農工大)・M.C.R. Triaヒューストン大)・田中邦明R.C. Advincula臼井博明東京農工大OME2011-16
エレクトロニクスルミネセンス(EL)素子をはじめとする有機デバイスでは,基板・膜界面の制御と薄膜パターン形成が重要な課題... [more] OME2011-16
pp.11-16
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会