お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
17:30
東京 構造計画研究所(本所新館東京) 三次元点群を拡張したボクセル空間における果樹の生育特徴量の抽出方法の検討
仙田 薫繁田 亮郭 威川原圭博東大SeMI2019-98
近年,ドローンを用いたリモートセンシングやLiDARを用いて植物の三次元構造を把握し,農業に活用しようという取り組みがな... [more] SeMI2019-98
pp.145-150
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
11:15
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス 最適灌水アルゴリズム構築に向けた灌水戦略分析のための土壌水分量推定手法
小田紘介繁田 亮川原圭博東大ASN2018-54
農業において灌水の意思決定は生産性を左右する重要な要素であり,熟練農家は経験的に準最適な灌水戦略を発見している.しかし,... [more] ASN2018-54
pp.13-18
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
11:40
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス 完全制御型植物工場におけるベイズ最適化を用いた動的な最適環境制御則探索
磯川弘基繁田 亮川原圭博東大ASN2018-55
 [more] ASN2018-55
pp.19-24
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
14:00
北海道 函館アリーナ [奨励講演]完全制御型植物工場における最適栽培制御則探索のためのベイズ最適化を用いる手法の一検討
飯塚達哉繁田 亮川原圭博東大ASN2018-24
完全制御型の植物工場において,生産性を高める栽培環境を発見するためのデータドリブンな手法を確立させたい.成長速度などの植... [more] ASN2018-24
pp.47-52
ASN 2017-11-16
13:25
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター 芝管理用埋没設置型センサにおける920MHz帯IEEE802.15.4gの通信安定性評価
西保 匠繁田 亮川原圭博東大ASN2017-67
 [more] ASN2017-67
pp.29-33
ASN 2017-11-16
13:50
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター 土中温度差発電駆動型土壌センサの熱・電気回路モデルと地温データを用いた発電量評価
池田夏輝繁田 亮塩見淳一郎川原圭博東大ASN2017-68
土壌センサを電池駆動する場合,大規模かつ継続的な運用には,電池交換による人的コストが大きな問題となる.
日射や大気の影... [more]
ASN2017-68
pp.35-40
ASN 2017-11-16
14:15
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター 完全制御型植物工場のための部分観測マルコフモデルを用いた植物生育モデリング
飯塚達哉繁田 亮川原圭博東大ASN2017-69
 [more] ASN2017-69
pp.41-46
ASN 2017-11-16
15:20
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター [ポスター講演]測定深度選択可能なセンサ電極交換式土壌水分プロファイルプローブ
繁田 亮東大)・宮元直也SenSprout)・川原圭博東大ASN2017-72
センサデータに基づいた灌漑制御により水資源利用効率の向上や農業生産性の向上が期待されている.精緻な土壌水分管理にあたって... [more] ASN2017-72
pp.59-64
ASN 2017-11-17
10:50
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター [ポスター講演]農業向け多用途計測回路の実装とセルフキャリブレーション可能な薄膜実装水田水位計への応用
鈴木康大繁田 亮東大)・宮元直也SenSprout)・佐々木和浩川原圭博東大ASN2017-77
本研究では,圃場における環境情報をセンシングするためのシステムを低コストで構築することを目指し ている.圃場の環境... [more] ASN2017-77
pp.121-126
ASN 2016-11-18
09:10
愛知 名古屋大学 [奨励講演]UAVからの無線給電による農業用センサシステムのためのセンサ位置推定手法
繁田 亮鈴木康大川原圭博浅見 徹東大ASN2016-54
本研究では大規模農業用センサシステムをUAVからの無線給電によって,電池交換を不要で運用することを目指している.近年,U... [more] ASN2016-54
pp.73-78
ASN 2016-11-18
09:30
愛知 名古屋大学 低価格移動式農業用ロボットのためのウェブカメラを用いた自己位置推定手法
角谷和宣繁田 亮川原圭博浅見 徹東大)・蒲谷直樹はたらくロボットASN2016-55
本研究では圃場内を自律走行するロボットの自己位置推定を,ウェブカメラのみを用いて行うことを目指している.ロボットが自律的... [more] ASN2016-55
pp.79-84
ASN 2016-11-18
10:30
愛知 名古屋大学 汎用マイコンで可能な反射時間計測による簡易TDRを利用した低価格水位計の開発
鈴木康大繁田 亮川原圭博浅見 徹東大ASN2016-58
本研究では汎用マイコンに付随するモジュールを利用した低価格な水位計測手法の確立を目指している.水位管理のためのセンサ需要... [more] ASN2016-58
pp.97-102
ASN 2015-11-06
11:35
東京 NICT小金井本部 UAVからの無線給電によるバッテリーレス農業用センサシステムにおける最適給電点追跡手法
繁田 亮小林亮介川原圭博浅見 徹東大ASN2015-73
本研究では大規模農業用センサシステムをUAVからの無線給電によって,電池交換を不要で運用することを目指している.近年,U... [more] ASN2015-73
pp.127-132
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会