お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2019-10-26
14:45
東京 日本大学三軒茶屋キャンパス ロボットハンドの皮膚上不随意表現と「握る」動作の随意表現による本能的反応表出
孟 暁順万 キン関西大)・吉田直人名大)・米澤朋子関西大HCS2019-48
 [more] HCS2019-48
pp.47-52
MVE 2019-08-30
15:40
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 足裏・甲への振動刺激知覚における振動源の数と位置関係の影響に関する予備的検討
吉田直人名大)・平野隼壮米澤朋子関西大)・榎堀 優間瀬健二名大MVE2019-19
本研究の目的は,足部位への振動刺激提示により視覚障碍者の歩行を支援することである.
本稿では,振動刺激による歩行誘導情... [more]
MVE2019-19
pp.73-78
ET 2019-05-18
14:00
富山 富山大学 講師発話対象の個別全体切り替え手法の評価
北岸佑樹米澤朋子関西大ET2019-7
本稿では,我々がこれまでに提案してきた一人対多人数講義における発話対象切り替えシステムについて,その入力インタフェースの... [more] ET2019-7
pp.37-42
HCS 2019-03-07
14:50
北海道 北星学園大学 気分障害に適したTwitter上コミュニケーションの最適化手法の検討
伊藤直也米澤朋子関西大HCS2018-71
気分障害の人がTwitter利用を通じ他者から受ける影響を鑑み,他ユーザとのつながりを最適化問題として扱った.Twitt... [more] HCS2018-71
pp.25-30
ET 2019-01-26
10:35
大阪 関西大学 (梅田キャンパス) 講師-受講生間コミュニケーションにおける2種マイクを用いた発話対象切替手法の検証
北岸佑樹田中友樹米澤朋子関西大ET2018-78
本稿では,ハンドマイクの上げ下げにより生じるハンドマイクとピンマイクへの入力音量比を用いた出力スピーカ制御と,パラメトリ... [more] ET2018-78
pp.7-12
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-01-18
09:30
京都 京都テルサ 半透明パーティションを用いたデスク周辺AR環境切替による共食コミュニケーション支援
何 一澎米澤朋子関西大PRMU2018-104 MVE2018-46
本稿では,我々がこれまでに提案した半透明パーティションによるデスク周辺の環境切替システムを用い,VR 会話環境や共食によ... [more] PRMU2018-104 MVE2018-46
pp.101-106
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-01-18
09:45
京都 京都テルサ 多人数講義における講師分身エージェントを用いたコミュニケーションの促進
北岸佑樹田中友樹米澤朋子関西大PRMU2018-105 MVE2018-47
本稿では,一人対多人数コミュニケーションにおける講師--受講生間の個別コミュニケーションの支援,促進を目的として,影と移... [more] PRMU2018-105 MVE2018-47
pp.107-114
HCS 2018-08-26
13:00
大阪 関西学院大学・大阪梅田キャンパス エージェントの所有欲求の表出に向けた内部モデルと行動モデルの設計
上野 楓吉田直人米澤朋子関西大HCS2018-32
本研究では,エージェントやロボットと人間がモノを扱いコミュニケーションをとる際に,所有という概念やその欲求を持たせ行動さ... [more] HCS2018-32
pp.1-6
HCS 2018-08-26
13:30
大阪 関西学院大学・大阪梅田キャンパス ロボットの擬似生理現象表現における覚醒度と感情価
吉田直人米澤朋子関西大HCS2018-33
本研究では,ぬいぐるみロボットの呼吸・心拍・体温などの疑似的な生理現象によるロボットの内部状態表現を検討する.これまでの... [more] HCS2018-33
pp.7-12
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
13:35
茨城 筑波技術大学 白杖先端刺激提示による仮想誘導路デザインの直線歩行における検討
渡辺博文榎堀 優名大)・米澤朋子関西大)・間瀬健二名大WIT2017-84
我々は,白杖の利用経験を応用できる歩行誘導システムとして,白杖先端への衝撃刺激提示による仮想誘導路の構築を提案している.... [more] WIT2017-84
pp.157-162
ET 2017-12-02
13:25
石川 金沢工業大学 知的創発に向けたマインドマップ生成に基づく議論刺激システムの検証
何 一澎米澤朋子関西大ET2017-72
我々は,オンライン会議におけるアイディア創発を支援するための議論刺激システムとして,議論サブトピックを提示する手法を提案... [more] ET2017-72
pp.21-26
ET 2017-12-02
13:50
石川 金沢工業大学 多人数聴衆向けAR型足音TAエージェントの各自参加状態に応じた効果
北岸佑樹米澤朋子関西大ET2017-73
本研究では,パラメトリックスピーカによって足音の音場を任意の床面上で生成,移動させることで表現されるAR型足音TAエージ... [more] ET2017-73
pp.27-32
HCS 2017-08-20
16:55
東京 成蹊大学 ぬいぐるみへの接触パターン分類に向けた布センサデータの分析
米澤朋子関西大)・山添大丈立命館大HCS2017-53
本研究ではぬいぐるみに対するユーザの様々な接触を分類することを狙いとし,ぬいぐるみ頭部および背面部に内包した布型圧力セン... [more] HCS2017-53
pp.35-40
ET 2017-01-28
10:00
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 多人数授業における聴講姿勢に対応するAR型足音TAの提案
北岸佑樹米澤朋子関西大ET2016-79
受講生が100名を超えるような多人数授業において,教員は授業を行いつつ,受講生の反応に応じて適宜講義内容の説明を追加する... [more] ET2016-79
pp.7-11
ET 2017-01-28
15:40
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 指さし理解支援のためのプロジェクション式AR図示システムの提案
上野 楓吉田直人米澤朋子関西大ET2016-90
本研究では,授業を聴講する場面において,講演者や教師の指さしによって示された経路をプロジェクションで実世界に重畳表示する... [more] ET2016-90
pp.63-68
ET 2016-03-05
13:20
香川 香川大学(幸町キャンパス) 聴講者の参加状態推定に基づくカラーマッピング重畳画像を用いた講演者の状況把握支援システムの提案
石川佑樹中 祐介米澤朋子関西大ET2015-117
授業や講演などの一対多コミュニケーションにおいて,講演者は講演を行いつつ聴講者の理解・集中などの状況を把握してそれに応じ... [more] ET2015-117
pp.129-136
US, EA
(併催)
2016-01-29
10:00
大阪 関西大学 100周年記念会館 複数の携帯端末の同期・位置推定手法による閉鎖空間の音響環境構築
伊納洋佑石川佑樹中 祐介米澤朋子関西大EA2015-58
本研究では,複数のスマートデバイスを用いてマルチスピーカアレイを構築し,音源配置による音声情報提供システムを提案する.マ... [more] EA2015-58
pp.19-26
HCS 2015-08-21
13:00
京都 立命館大学朱雀キャンパス 対話プロセスによりマインドマップ構成を支援するエージェントの設計
西海湧登吉田直人米澤朋子関西大HCS2015-41
本研究では,マインドマップの自己構成を苦手とするユーザをターゲットとし,新規ノードの生成や追加,新規関連付けとして既存の... [more] HCS2015-41
pp.1-5
HCS 2015-08-21
13:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 複数の人間の所有状態を推測するエージェントの設計
上野 楓吉田直人米澤朋子関西大HCS2015-42
本研究では,人間の視線行動やしぐさから,各自のモノの所有状態をエージェントに推測させることで,適切な第三者として人・モノ... [more] HCS2015-42
pp.7-12
HCS 2015-08-21
14:00
京都 立命館大学朱雀キャンパス 他メンバとのノンバーバル交渉が見える幹事エージェントによる協力促進手法
藤原邦彦吉田直人米澤朋子関西大HCS2015-43
本研究では,幹事として複数のユーザの調整と交渉を行うエージェントが,交渉相手の協力的な態度を引き出すためのエージェントの... [more] HCS2015-43
pp.13-18
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会