電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2014-11-22
15:35
宮城 東北大学 聴覚フィードバックの遅延順応実験による吃音者の聴覚フィードバックと内部予測の問題の検討
飯村大智朝倉暢彦笹岡貴史乾 敏郎京大NC2014-41
吃音症と呼ばれる言語障害の原因として,発話運動制御の問題が示唆されている.本研究では,非吃音者と比較して,(i)吃音者は... [more] NC2014-41
pp.85-90
NC, MBE
(併催)
2013-12-21
14:55
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス 2次元心的回転における大域的ならびに局所的処理機構
知念浩司朝倉暢彦乾 敏郎笹岡貴史京大NC2013-64
心的回転の処理方法に関して競合する2つの説がある.一つ目の説では,イメージ全体を同時に回転する大域的処理により心的回転が... [more] NC2013-64
pp.63-68
MBE, NC
(併催)
2013-03-14
15:55
東京 玉川大学 視空間イメージの生成と変換の脳内メカニズム
朝倉暢彦笹岡貴史京大)・佐藤直行公立はこだて未来大)・乾 敏郎京大NC2012-166
本研究では,心的回転や視点取得における視空間イメージの生成と変換に関わる脳内メカニズムを検討する.まず,物体の回転運動を... [more] NC2012-166
pp.185-190
MBE, NC
(併催)
2012-11-17
14:20
宮城 東北大学 3次元物体認識に関わる景観予測機能のモデル化
植野 徹朝倉暢彦笹岡貴史乾 敏郎京大NC2012-70
3次元物体に対する視点に依存しない認知は,特定の視点から見た2次元画像の特徴を用いた景観 (View) に基づく処理と,... [more] NC2012-70
pp.51-56
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
15:35
東京 玉川大学 身体図式を基礎とした動的イメージ生成の脳内メカニズム (4) ~ 身体運動に基づいた自己と物体の認識 ~
朝倉暢彦水原啓暁笹岡貴史乾 敏郎京大NC2011-168
本研究では,身体運動とそのイメージに基づいた自己および物体の認識に関わる脳内メカニズムを検討する.まず,遅延視覚フィード... [more] NC2011-168
pp.275-280
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
16:00
東京 玉川大学 身体図式を基礎とした動的イメージ生成の脳内メカニズム(2) ~ 物体のイメージ機能と認識 ~
朝倉暢彦水原啓暁笹岡貴史乾 敏郎京大NC2010-147
本研究では,参照枠の変換という観点から,身体図式を基礎とした心的イメージ操作の脳内メカニズムを検討する.まず,fMRIと... [more] NC2010-147
pp.119-124
HIP 2011-02-22
10:30
沖縄 沖縄国際大学 手の生体力学的拘束に依存した物体の景観比較照合過程への促進効果
笹岡貴史朝倉暢彦乾 敏郎京大HIP2010-87
近年,物体を手で操作して能動的に物体の景観の変化を観察することで後の認識が促進することが報告されている.本研究では,能動... [more] HIP2010-87
pp.45-50
NC 2010-01-18
14:40
北海道 北海道大学、百年記念会館 身体図式を基礎とした動的イメージの生成の脳内メカニズム(1)
乾 敏郎京大)・山口陽子理研)・佐藤直行公立はこだて未来大)・水原啓暁笹岡貴史朝倉暢彦京大NC2009-73
 [more] NC2009-73
pp.13-18
HIP 2008-11-07
- 2008-11-11
石川 金沢工大および山代温泉 物体の能動的観察による認識促進効果における手の運動の役割
笹岡貴史京大HIP2008-101
近年,能動的に物体を回転させて景観の変化を観察することで,後の物体認識が促進されることが報告されている.本研究では,物体... [more] HIP2008-101
pp.69-74
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会