お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
13:50
ONLINE オンライン開催 地上放送高度化方式におけるMFN放送波中継用等化判定器の室内実験
川島祥吾宮坂宏明竹内知明岡野正寛NHK
 [more]
SIS, ITE-BCT
(連催)
2018-10-26
09:30
京都 京都大学 百周年時計台記念館 次世代地上放送に向けたTMCC伝送方法の検討
宮坂宏明佐藤明彦朝倉慎吾蔀 拓也竹内知明中村円香土田健一NHK
 [more]
RCS 2018-10-19
11:25
東京 機械振興会館 [依頼講演]次世代地上放送に向けた伝送技術の研究開発
竹内知明NHKRCS2018-169
 [more] RCS2018-169
pp.101-105
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
16:00
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) [招待講演]次世代地上放送に向けた伝送技術の研究開発
竹内知明NHKIT2017-115 ISEC2017-103 WBS2017-96
 [more] IT2017-115 ISEC2017-103 WBS2017-96
p.69
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-11-30
14:10
愛知 名古屋大学 時空間符号化を適用したSFN方式の伝送特性評価 ~ SFN環境で取得した伝搬路特性を用いた評価 ~
佐藤明彦蔀 拓也竹内知明岡野正寛土田健一NHK
 [more]
AP, RCS
(併催)
2017-11-10
09:00
福岡 福岡大学 偏波MIMO伝送の定点測定結果
朝倉慎悟白井規之佐藤明彦竹内知明中村円香岡野正寛土田健一NHKAP2017-133
 [more] AP2017-133
pp.137-141
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2016-12-08
10:45
石川 石川県地場産業振興センター 次世代地上放送の暫定仕様におけるマルチパス環境での伝送特性評価 ~ ISDB-Tとの比較 ~
佐藤明彦蔀 拓也竹内知明岡野正寛土田健一NHK
 [more]
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2015-12-03
10:45
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 空間分割多重MIMO伝送方式の野外移動受信実験 ~ ISDB-Tの移動受信特性との比較 ~
成清善一宮坂宏明竹内知明中村円香土田健一NHK
 [more]
RCS, SAT
(併催)
2015-08-18
11:45
福岡 福岡大学 次世代地上放送における誤り訂正符号の一検討
朝倉慎悟蔀 拓也齋藤 進成清善一宮坂宏明佐藤明彦竹内知明中村円香村山研一岡野正寛土田健一NHK)・澁谷一彦NHKエンジニアリングシステムRCS2015-149
NHKでは,8Kスーパーハイビジョン(以下,8K SHV)の実用化を目指し,研究開発を進めている.8K SHVは2016... [more] RCS2015-149
pp.103-107
AP, RCS
(併催)
2014-11-14
09:30
山形 山形大 米沢キャンパス 空間分割多重MIMO-OFDMにおける高周波数分解能空間フィルタによる長遅延マルチパス等化
竹内知明土田健一NHK)・渋谷一彦NHKエンジニアリングシステムRCS2014-215
 [more] RCS2014-215
pp.103-106
RCS, AP
(併催)
2013-11-20
15:50
島根 松江テルサ GI越えマルチパス環境のためのSDM MIMO-OFDM用チャネル等化器
竹内知明NHKエンジニアリングシステム)・渋谷一彦NHKRCS2013-180
遅延時間の長いマルチパスは地上デジタル放送の難視聴の要因の一つである.OFDM の基本的な考えを踏まえてこの問題を考える... [more] RCS2013-180
pp.37-42
SIP, RCS
(共催)
2013-02-01
15:15
広島 ビューポートくれ(呉) 重複基底を用いたマルチキャリヤ変調におけるシンボルタイミングと周波数オフセットの推定
竹内知明NHKエンジニアリングサービス)・濱住啓之渋谷一彦斉藤正典NHKSIP2012-124 RCS2012-281
 [more] SIP2012-124 RCS2012-281
pp.253-258
EMCJ, ITE-BCT
(共催)
2009-03-13
15:05
東京 機械振興会館 チャネル歪みを含む再変調時間領域信号を用いたISDB-T用MMSEアダプティブアレー
竹内知明渋谷一彦NHKEMCJ2008-122
地上デジタル放送は2003年12月に東京,名古屋,大阪の三大都市圏で放送が開始されて以降,順次放送エリアが拡大され,現在... [more] EMCJ2008-122
pp.49-54
EMCJ 2007-03-09
13:00
東京 機械振興会館 地上デジタル放送の放送波中継における補助アンテナを用いた同一チャネル干渉除去に関する一検討
竹内知明横畑和典濱住啓之渋谷一彦NHKEMCJ2006-121
地上デジタル放送の放送波中継局における同一チャネル干渉対策として,筆者らはMMSEアダプティブアレーを用いた干渉除去技術... [more] EMCJ2006-121
pp.33-38
EMCJ 2007-03-09
13:25
東京 機械振興会館 補助アンテナを用いるISDB-T用同一チャンネル干渉除去装置の屋外基礎実験
横畑和典竹内知明片山洋平濱住啓之渋谷一彦上田裕人安藤嘉高NHKEMCJ2006-122
地上デジタル放送を全国展開するための中継局設備のコストを削減するためには,設備コストの小さい放送波中継を実現することが重... [more] EMCJ2006-122
pp.39-44
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2006-11-17
09:25
東京 機械振興会館 地下3階2号会議室 同一チャネル干渉下におけるSFN放送波中継実験
竹内知明成清善一横畑和典今村浩一郎濱住啓之渋谷一彦成尾利秋峯松史明NHKOCS2006-64 OFT2006-49
 [more] OCS2006-64 OFT2006-49
pp.15-20(OCS), pp.45-50(OFT)
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2006-11-17
09:50
東京 機械振興会館 地下3階2号会議室 干渉キャンセラを用いた同一チャンネル干渉環境におけるSFN放送波中継長期野外実験
横畑和典成清善一竹内知明今村浩一郎濱住啓之渋谷一彦成尾利秋峯松史明NHKOCS2006-65 OFT2006-50
地上デジタル放送を全国展開するための中継局設備のコストを削減するためには,設備コストの小さい放送波中継を実現することが重... [more] OCS2006-65 OFT2006-50
pp.21-26(OCS), pp.51-56(OFT)
EMCJ 2006-03-09
09:05
東京 機械振興会館 みやぎ実験局におけるSFN放送波2段中継実験
横畑和典成清善一竹内知明今村浩一郎濱住啓之渋谷一彦成尾利秋倉島俊樹石井利武NHK
地上デジタル放送のSFN(Single Frequency Network)を放送波中継で実現する場合,送信アンテナから... [more] EMCJ2005-137
pp.1-4
EMCJ 2006-03-09
09:30
東京 機械振興会館 みやぎ実験局における同一チャンネル干渉除去実験
成清善一横畑和典竹内知明今村浩一郎濱住啓之渋谷一彦成尾利秋倉島俊樹石井利武NHK
地上デジタル放送における放送波中継が信号劣化する要因のひとつとして、親局波と同一の周波数帯域内に対し、他の中継局からデジ... [more] EMCJ2005-138
pp.5-8
EMCJ 2006-03-09
09:55
東京 機械振興会館 ISDB-T用判定指向型アダプティブアレーを用いた同一チャンネル干渉除去実験
竹内知明成清善一横畑和典今村浩一郎濱住啓之渋谷一彦成尾利秋倉島俊樹石井利武NHK
地上デジタル放送の放送波中継局における同一チャンネル干渉対策として,筆
者らはMMSEアダプティブアレーを用いた干渉除... [more]
EMCJ2005-139
pp.9-14
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会