電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, WBS
(併催)
2018-05-24
15:55
鹿児島 鹿児島大学 [特別講演]鹿児島大学における小型人工衛星および小型ロケットの研究開発
福島誠治片野田 洋鹿児島大
これまで鹿児島大学がコンソーシアムとともに研究開発し、打上げおよび監視・運用してきた小型人工衛星KSAT(2)や宇宙機し... [more] SAT2018-5
pp.21-24
OPE 2017-12-07
13:15
沖縄 まりんぴあみやこ [ポスター講演]Temporal Response Difference between Thermo-Optic Switch and Variable Optical Attenuator
Wataru YamauchiToshio WatanabeTsutomu NagayamaSeiji FukushimaKagoshima Univ.
 [more] OPE2017-104
pp.79-82
OPE 2017-12-07
13:15
沖縄 まりんぴあみやこ [ポスター講演]Arrayed-waveguide optical switch with low crosstalk
Shuhei ShimadaToshio WatanabeTsutomu NagayamaSeiji FukushimaKagoshima Univ
 [more] OPE2017-106
pp.89-92
ISEC 2015-05-15
13:55
東京 機械振興会館 ブロック暗号PRINCEに対する丸め差分攻撃
瀬戸口 聡鹿児島大)・五十嵐保隆金子敏信東京理科大)・福島誠治八野知博鹿児島大
PRINCEはBorghoffらによって2012年に提案された秘密鍵長128bitのSPN型64bitブロック暗号である... [more] ISEC2015-2
pp.9-14
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-19
10:55
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 色素ドープ(高分子/液晶)複合膜の可変光減衰器への応用
有木一宏福島誠治鹿児島大)・樋口博紀菊池裕嗣九大)・八野知博五十嵐保隆鹿児島大
(高分子/液晶)複合膜(PLCF)は偏光および波長に対する特性の依存が小さいため,可変光減衰器などへの応用が期待されてい... [more] OCS2014-104 OFT2014-60 OPE2014-205
pp.5-10(OCS), pp.15-20(OFT), pp.15-20(OPE)
SANE 2014-06-19
11:25
茨城 JAXA 筑波宇宙センター GPM相乗り小型副衛星ハヤトⅡの運用結果
森田大貴西尾正則中野 大和合佐友里北迫千歩梅崎 愛片野田 洋林 良太福島誠治前田智也船迫大志瀬戸山康之鹿児島大)・坂本祐二東北大)・氏原秀樹NICT
 [more] SANE2014-23
pp.11-16
MW 2013-11-22
15:45
鹿児島 鹿児島県文化センター RoFリンクを用いたキューブ人工衛星地球局
福島誠治島木隆行船迫太志山下広太八野知博五十嵐保隆鹿児島大
 [more] MW2013-150
pp.109-112
MW 2011-11-25
15:15
沖縄 与那国島(久部良多目的集会施設) 光周波数コム発生器とビート光混合に基づいたミリ波発生における位相雑音低減
福島誠治鹿児島大)・Alwyn J. SeedsUniv. College London
 [more] MW2011-124
pp.65-68
OPE, LQE, OCS
(共催)
2009-10-23
11:05
福岡 九州大学 アレイ導波路回折格子と集積型多段樹脂レンズを用いた可変光分散補償器の試作
伊熊雄一郎慶大)・高橋 浩福島誠治NTT)・津田裕之慶大
アレイ導波路回折格子(AWG)と集積型樹脂レンズを用いた可変分散補償器を試作した。レンズ樹脂の熱光学効果を用いて分散を制... [more] OCS2009-68 OPE2009-134 LQE2009-93
pp.135-138
CPM, OPE, R
(共催)
2007-04-20
13:50
東京 機械振興会館 新しい光路調芯方法の提案とそれを用いたTO-Can型1芯双方向光通信モジュールの開発
大木 明福島誠治須郷 満加藤和利NTT
送信・受信機能を一つのTO-Canパッケージに搭載するための簡便で低コストな光路調芯技術として、“LD/PD Visua... [more] R2007-2 CPM2007-2 OPE2007-2
pp.7-10
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会