お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2020-12-21
14:30
ONLINE オンライン開催 構文情報と辞書情報を特徴量に用いたBi-LSTM-CRFによる医学論文からの未知用語の発見
吉田恭輔湯本高行兵庫県立大)・金子周司京大)・礒川悌次郎松井伸之上浦尚武兵庫県立大DE2020-19
近年,医療や生命科学分野の急速な進歩により,大量の論文が出版されており,それに伴い新たな病名などが専門用語として新たに出... [more] DE2020-19
pp.13-18
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2020-12-21
15:20
ONLINE オンライン開催 技術・製品紹介文を用いた工場の特徴表現による類似工場の推薦
服部雄也湯本高行兵庫県立大)・芦田真一井上直樹NCネットワーク)・礒川悌次郎上浦尚武兵庫県立大DE2020-21
製造業では,新たな製品の試作依頼や部品の下請け発注などの相互取引が盛んであり,新たな取引先の発見は重要である.そこで,本... [more] DE2020-21
pp.24-29
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2020-12-22
12:40
ONLINE オンライン開催 Wikipediaのカテゴリとエンティティベクトルを用いたTwitterユーザの言及分野の抽出
中谷将佳史湯本高行礒川悌次郎上浦尚武兵庫県立大DE2020-24
代表的なSNSの一つであるTwitterには,情報発信元のユーザをよく知らないまま,情報を鵜呑みにして拡散してしまうなど... [more] DE2020-24
pp.42-47
NC 2012-07-30
13:45
滋賀 立命館大学 情報理工学部 クリエーションコア1階教授会会議室 局所解析可能な活性化関数を有する四元数ホップフィールドネットワーク
礒川悌次郎西村治彦松井伸之兵庫県立大NC2012-18
超複素数に基づくニューラルネットワークにおいて適切な活性化関数を定義することは非常に困難であり,従来の実数型ニューラルネ... [more] NC2012-18
pp.25-30
MBE, NC
(併催)
2012-03-16
16:25
東京 玉川大学 時空間断面画像を用いたミツバチダンス行動個体の自動検出
藤井昌樹礒川悌次郎池野英利上浦尚武齋藤 歩松井伸之兵庫県立大MBE2011-147
社会性昆虫のミツバチにおいては,8の字ダンスという特異的な行動が知られている.
これは餌場の方向と距離を他の個体に伝え... [more]
MBE2011-147
pp.207-212
NC 2011-07-25
10:20
兵庫 神戸大学大学院工学研究科 可換クォータニオンに基づく多値ホップフィールドニューラルネットワーク
礒川悌次郎西村治彦松井伸之兵庫県立大NC2011-20
本研究では,位相振幅状態を持つ多値ホップフィールドニューラルネットワークを提案する.
このネットワークにおいては,入出... [more]
NC2011-20
pp.1-6
NLP 2009-11-14
09:35
鹿児島 屋久島環境文化村センター 高次元ホップフィールドニューラルネットワークにおける逐次学習スキームの検討
礒川悌次郎西村治彦松井伸之兵庫県立大NLP2009-114
本研究では,振幅・位相表現を持つ複素ならびに四元数ホップフィールドニューラルネットワークモデルにおける学習則を提案する.... [more] NLP2009-114
pp.181-186
ICD, CPM
(共催)
2005-01-28
15:45
東京 機械振興会館 ホップフィールド連想記憶に対する学習に基づくフォールトトレランス強化
上浦尚武礒川悌次郎松井伸之兵庫県立大
本文では,ニューロン荷重縮退故障を仮定し,ホップフィールドニューラルネットワークで実現した連想記憶に対するフォールトトレ... [more] CPM2004-172 ICD2004-217
pp.59-64
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会