電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1〜7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
10:40
沖縄 沖縄産業支援センター レーダ/通信共用波形の通信信号検出に関する一検討
高橋 徹加藤泰典磯田健太郎橘川雄亮三本 雅三菱電機
本報告では,筆者らが提案しているレーダ/通信共用波形における通信信号検出処理を提案する.提案手法は,信号遅延時間,ドップ... [more] AP2018-117
pp.89-94
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-18
13:05
北海道 北海道大学 レーダ/通信共用のための送信波形の一検討
高橋 徹加藤泰典磯田健太郎橘川雄亮三本 雅三菱電機
本報告では,レーダと無線通信の同時利用を可能とする信号レベルでの共用送信波形を提案する.提案方式は,LFMパルスをベース... [more] AP2018-47 SAT2018-11
pp.31-36(AP), pp.1-6(SAT)
SANE 2011-12-16
14:45
埼玉 日本工業大学 合成帯域レーダのためのウィーナーフィルタを用いた距離高分解能化法
磯田健太郎原 照幸三菱電機
レーダの距離分解能を向上する手法として合成帯域レーダが提案されている.本手法は送信周波数をパルス繰り返し周期毎にステップ... [more] SANE2011-135
pp.47-51
SANE 2010-12-17
11:35
埼玉 日本工業大学 合成帯域レーダのための相対速度計測法の実験による原理検証
磯田健太郎原 照幸三菱電機
レーダ性能を決定する諸元の1つとして距離分解能がある.距離分解能を向上する手法として合成帯域レーダが提案されている.本手... [more] SANE2010-130
pp.19-24
SANE 2009-12-18
13:55
埼玉 日本工業大学 合成帯域レーダのための高精度相対速度計測法
磯田健太郎原 照幸三菱電機
レーダ性能を決定する諸元の1つとして距離分解能がある.
距離分解能を向上する手法として合成帯域レーダが提案されている.... [more]
SANE2009-134
pp.7-12
SANE 2009-04-23
15:50
沖縄 NICT沖縄 2個の受信機を用いたアンテナビーム幅内の2目標測角法と実験による原理検証
磯田健太郎原 照幸三菱電機
レーダにおいて,目標の角度を推定する方法の1つとしてとしてモノパルス処理がある.
しかし,目標数が複数で且つ互いの位置... [more]
SANE2009-3
pp.13-18
SANE 2006-11-24
13:00
神奈川 JAXA(相模原) スペースデブリレーダを用いた高速な信号検出法及び軌道推定法の開発
磯田健太郎阪本卓也佐藤 亨京大
近年,スペースデブリが宇宙環境問題となっており,その分布や軌道等を把握することが重要である.
本研究では,岡山県上齋原... [more]
SANE2006-104
pp.1-6
 7件中 1〜7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会