お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-07
10:10
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
通信品質劣化に起因するトラフィック減少事象の検出可能性
石橋圭介国際基督教大)・内田拓海コムワースSITE2021-48 IA2021-61
本稿では,通信品質劣化によってユーザやアプリケーションの通信挙動が変化し,結果としてトラヒック が減少する事象の検出可能... [more] SITE2021-48 IA2021-61
pp.15-18
IA, ICSS
(共催)
2021-06-22
10:50
ONLINE オンライン開催 RPKI導入インセンティブのシミュレーション評価
尾立達哉石橋圭介国際基督教大IA2021-13 ICSS2021-13
BGP の脆弱性を利用し AS 間のルーティングを不正に操作する BGP 経路ハイジャックへの対策としてリ ソース公開鍵... [more] IA2021-13 ICSS2021-13
pp.68-73
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
潜在トラヒックを考慮したトラヒックエンジニアリング手法の検討
内田拓海石橋圭介国際基督教大)・福田健介NIIIN2019-132
 [more] IN2019-132
pp.321-325
IA 2019-11-14
13:20
東京 関西学院大学 東京丸の内キャンパス(サピアタワー) Estimating Latent Origin-Destination Traffic Based on Link Packet Loss Rate and Traffic Volume
Takumi UchidaKeisuke IshibashiICU)・Kensuke FukudaNIIIA2019-25
 [more] IA2019-25
pp.7-12
IN, CCS
(併催)
2018-08-02
10:55
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 状態空間モデルを用いた品質劣化時の潜在トラヒック推定とネガティブフィードバックループ均衡点としての品質劣化予測
石橋圭介原田薫明NTT)・川原亮一東洋大IN2018-19
 [more] IN2018-19
pp.39-44
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート DNSクエリの類似性に着目したユーザ利用OSの分類手法
駒井友香小林正裕原田薫明石橋圭介川原亮一NTT)・森 達哉後藤滋樹早大IN2017-89
通信端末の多様化に伴い複雑化するトラヒック変動に対して,適切にトラヒックを制御することが今後求められる.特に,OS特有の... [more] IN2017-89
pp.1-4
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング
佐竹幸大・○大下裕一阪大)・石橋圭介星合擁湖NTT)・村田正幸阪大IN2017-94
災害時には、安否状態の確認、災害状況、避難情報等による通信トラヒック需要が急増するとともに、通常
との異なる人流発生が... [more]
IN2017-94
pp.27-32
IN 2018-01-23
11:15
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス オートエンコーダを用いた異常検知におけるモデル再学習手法
池田泰弘石橋圭介中野雄介渡辺敬志郎川原亮一NTTIN2017-84
ディープラーニング技術の一種であるオートエンコーダを用いた異常検知に注目が集まっている.
オートエンコーダではニューラ... [more]
IN2017-84
pp.77-82
IN 2017-06-16
11:30
福島 郡山市労働福祉会館(郡山) オートエンコーダを用いた異常検知におけるスパース最適化を用いた要因推定手法
池田泰弘石橋圭介中野雄介渡辺敬志郎川原亮一NTTIN2017-18
ディープラーニング技術の一種であるオートエンコーダを用いた異常検知に注目
が集まっている.オートエンコーダはニューラル... [more]
IN2017-18
pp.61-66
RCS, IN, NV
(併催)
2017-05-12
14:25
東京 機械振興会館 [依頼講演]災害時におけるマルチホップD2D通信の到達性分析
上山憲昭石橋圭介星合擁湖NTTIN2017-10 RCS2017-48
 [more] IN2017-10 RCS2017-48
pp.49-54(IN), pp.103-108(RCS)
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
13:25
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) 差分比較による混雑状態のトラヒック特性変化分析
石橋圭介原田薫明NTTSITE2016-61 IA2016-91
 [more] SITE2016-61 IA2016-91
pp.7-12
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-24
13:45
山口 下関商工会議所 [招待講演]ボトルネック状態におけるトラヒック特性変化について
石橋圭介NTTNS2016-107 CQ2016-79 ICM2016-25
NWがボトルネックとなっている状態での,トラヒック送信側のフィードバックによるトラヒック特性変化を,レイヤ別タイムスケー... [more] NS2016-107 CQ2016-79 ICM2016-25
pp.33-38(NS), pp.31-36(CQ), pp.3-8(ICM)
ICM 2016-07-07
15:05
北海道 小樽市観光物産プラザ 故障対応の把握に向けた作業ログにおける複数の対処分岐点の特定
渡邉 暁松尾洋一渡辺敬志郎石橋圭介川原亮一NTTICM2016-13
ICTシステムを構成する装置の仮想化と複雑化がシステムの利便性を高める一方,システムの故障も従来と比べて多様化した.
... [more]
ICM2016-13
pp.27-32
IN, RCS
(併催)
2016-05-19
14:20
東京 機械振興会館 広域SDNテストベッドにおけるプロアクティブネットワーク制御技術の実証実験
高橋洋介鈴木晃人石橋圭介塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大IN2016-7 RCS2016-29
SDN/OpenFlow 技術の登場により,任意のトラヒック集合を制御粒度としたトラヒックエンジニアリン グ(TE) が... [more] IN2016-7 RCS2016-29
pp.37-42(IN), pp.31-36(RCS)
IN, IA
(併催)
2015-12-17
12:35
広島 広島市立大学 [招待講演]名前情報による隠されたトラヒックの顕現化
森 達哉早大)・井上 武下田晃弘NTT)・佐藤一道NTTコミュニケーションズ)・原田薫明石橋圭介芳賀夢久笹生 憲後藤滋樹早大IN2015-74 IA2015-69
インターネットにおける代表的な名前解決のメカニズムであるDNSを効果的に用いることにより、通常は隠れて見えない通信を「顕... [more] IN2015-74 IA2015-69
pp.19-24(IN), pp.1-6(IA)
IA 2015-08-25
16:05
東京 IIJセミナールーム (飯田橋グラン・ブルーム 13階) ルータ・コマンド出力のブロック構造抽出法
木村達明渡邉 暁渡辺敬志郎豊野 剛石橋圭介NTTIA2015-25
 [more] IA2015-25
pp.35-40
ICM 2015-03-20
10:40
沖縄 石垣市民会館 運用業務手順の獲得に向けた作業ログにおける業務分岐点の抽出
渡邉 暁木村達明豊野 剛石橋圭介NTTICM2014-63
 [more] ICM2014-63
pp.55-60
NS, IN
(併催)
2015-03-02
11:40
沖縄 沖縄コンベンションセンタ モデル予測制御を用いた階層型トラヒックエンジニアリング
大歳達也大下裕一村田正幸阪大)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT)・橋本智明阪大IN2014-136
時間変動の大きなトラヒックに対して、大規模な経路変更の頻発を避けながら、変動に追随するためには、将来の変動傾向を予測しな... [more] IN2014-136
pp.91-96
NS, IN
(併催)
2015-03-03
13:00
沖縄 沖縄コンベンションセンタ モデル予測制御を用いた配信サーバと経路の最適選択法
上山憲昭阪大/NTT)・高橋洋介石橋圭介塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大NS2014-237
 [more] NS2014-237
pp.349-354
NS, IN
(併催)
2015-03-03
15:10
沖縄 沖縄コンベンションセンタ DNSクエリ・応答を用いたHTTPS通信のホスト名推定
森 達哉早大)・井上 武下田晃弘佐藤一道石橋圭介NTT)・後藤滋樹早大IN2014-164
インターネット上で提供されるサービスの大多数はHTTPによるWeb通信である.
そして多くの Web 通信が HTTP... [more]
IN2014-164
pp.255-260
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会