お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2016-05-20
13:00
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 頭部伝達関数の第2ピークが正中面上方の音像定位に及ぼす影響
飯田一博石井要次千葉工大EA2016-1
4kHz付近の最も周波数の低いピーク(P1)とP1より高い周波数で最も周波数の低い2つのノッチ(N1, N2)だけで再構... [more] EA2016-1
pp.1-12
EA 2014-08-20
10:00
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス Comparison in frequencies of spectral peaks and notches and anthropometric of pinnae between HRTF databases
Yan XuezhiJilin Univ)・Kazuhiro Iida・○Yohji IshiiChiba Inst. of Tech.EA2014-19
Five HRTF databases (ARI, CIPIC, CIT, LISTEN, and RIEC) are ... [more] EA2014-19
pp.43-48
EA 2014-04-17
14:00
京都 NICT ユニバーサルコミュニケーション研究所 受聴者の耳介形状による頭部伝達関数の個人化:再考
飯田一博石井要次西岡伸介千葉工大EA2014-1
本研究では,それぞれの受聴者に適した頭部伝達関数(HRTF)を推定する方法を提案する.HRTFにおける最も周波数の低いス... [more] EA2014-1
pp.1-11
EA 2013-08-09
16:20
宮城 東北大学 耳介形状から推定したスペクトラルノッチ周波数に基づいた頭部伝達関数の個人化
飯田一博石井要次西岡伸介千葉工大EA2013-62
精度の高い3次元音場再生を実現するには,受聴者に適合した頭部伝達関数(HRTF)を用いる必要がある.他人のHRTFを用い... [more] EA2013-62
pp.51-61
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会