お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 77件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, NC
(併催)
2020-01-23
18:10
沖縄 宮古島マリンターミナル 経験と観察に基づく価値統合に関する行動実験とその解析
清水智史石井 信吉田和子京大NC2019-59
ヒトが、自身が経験的に得た情報と他者行動の観察に基づく推定をいかに統合し、自らの将来の意思決定に役に立てるのか、を明らか... [more] NC2019-59
pp.3-6
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
16:25
沖縄 宮古島マリンターミナル コントラクトブリッジにおけるエージェント間コミュニケーション戦略の強化学習
山口陽太郎小山田創哲中江 健石井 信京大NLP2019-111
コントラクトブリッジ(ブリッジ)は4人のプレイヤが2人ずつ2つのチームに分かれて行う不完全情報のカードゲームであり,仲間... [more] NLP2019-111
pp.131-134
SP 2017-08-30
14:40
京都 京都大学 [招待講演]データベースに基づくブレインマシンインターフェース
石井 信京大SP2017-30
 [more] SP2017-30
pp.47-48
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
10:25
東京 機械振興会館 行動履歴データによる行動方策学習者の探索戦略変化の推定
内田滋穂里大羽成征石井 信京大NC2016-65
強化学習は,目的に合う方策を未知の環境との相互作用に基づく学習によって決める機械学習手法であり,ヒトを含む動物による自律... [more] NC2016-65
pp.7-12
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
15:00
東京 機械振興会館 Saliencyに基づく動画観視時の事象関連電位解析
濱田恭行石井 信京大NC2016-72
ヒトは日常生活の中で連続的な変化を伴う視覚刺激を多く処理している.その原理を探るべく,本研究では自然動画観視時のヒトの脳... [more] NC2016-72
pp.49-53
MBE, NC
(併催)
2017-03-13
15:25
東京 機械振興会館 共通辞書学習を用いた安静時脳波による個人識別
西本崇志東 良樹石井 信京大
 [more]
IT 2016-12-13
16:35
岐阜 高山グリーンホテル [招待講演]機械学習に基づくブレインデコーディング
石井 信京大IT2016-45
 [more] IT2016-45
pp.21-26
IBISML 2016-03-17
16:10
東京 統計数理研究所 ベイズ的なモンテカルロ木探索法による線形制約付き非線形制御の提案
大月 龍前田新一石井 信京大IBISML2015-98
入力に応じて非線形に状態が変化する非線形ダイナミクスにおいて, 最適な入力を求める問題は一般に解析解が得られない. しば... [more] IBISML2015-98
pp.31-38
IBISML 2015-11-27
14:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]分布の局所平滑化による正則化の提案
宮戸 岳前田新一小山雅典中江 健石井 信京大IBISML2015-87
分類や回帰において過学習は避けられない問題である。本研究では、過学習を防ぐために、訓練サンプル点周辺のモデル分布の滑らか... [more] IBISML2015-87
pp.257-264
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-23
16:35
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 学習途上エージェントの挙動に基づく逆強化学習
櫻井俊輔大羽成征石井 信京大IBISML2015-15
強化学習で特定のゴールを達成するための最適方策を効率的に獲得するために,適切な報酬関数設計が重要である.
同じゴールを... [more]
IBISML2015-15
pp.95-99
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-25
09:55
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 Computational Complexity Reduction for Functional Connectivity Estimation in Large Scale Neural Network
JeongHun BaekShigeyuki ObaKyoto Univ.)・Junichiro YoshimotoKenji DoyaOIST)・Shin IshiiKyoto Univ.IBISML2015-22
計算神経科学において、神経細胞間の機能的結合の推定は重要な基礎課題である。近年、同時に観測可能な神経細胞数が増加するのに... [more] IBISML2015-22
pp.181-185
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
10:25
東京 玉川大学 状態遷移モデルを用いた脳磁図信号からの3次元手指運動の再構成
東 良樹鹿内友美京大)・中村 泰阪大)・平山淳一郎ATR)・石井 信京大MBE2014-152 NC2014-103
非侵襲型脳活動計測器で測定された脳信号から,多次元身体動作を再構成することは,いまだ困難な技術課題の一つである.
本研... [more]
MBE2014-152 NC2014-103
pp.199-204
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
14:35
東京 玉川大学 拡散テンソル画像を利用した脳機能画像の位置合わせ
渕上卓也京大)・鹿内 学ATR)・鹿内友美中江 健大羽成征石井 信京大MBE2014-158 NC2014-109
本研究では,水分子の拡散異方性に基づく拡散テンソル画像を利用することで,領野間の結合性を考慮した位置合わせが可能になると... [more] MBE2014-158 NC2014-109
pp.233-237
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
15:25
東京 玉川大学 外部シグナルに制御される細胞集団移動の数理モデル
村瀬晃生本田直樹石井 信京大MBE2014-160 NC2014-111
 [more] MBE2014-160 NC2014-111
pp.245-248
IBISML 2015-03-06
15:15
京都 京都大学 機械学習を用いた一般生活環境下での行動認識手法の検討
児玉 悠大羽成征石井 信京大IBISML2014-95
近年、RGBカメラやモーションキャプチャなどの各種センサのデータに基づき、人間の行動を自動的に認識する行動認識の研究がさ... [more] IBISML2014-95
pp.73-78
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
13:30
東京 玉川大学 網膜ON/OFF応答の焦点時刻が説明する残像回転錯視
林 優一郎浦久保秀俊石井 信京大NC2013-93
運動錯視とは静止しているにも関わらず動いて見える錯視である.ヒトの視覚システムの動作原理を明らかにするためにも運動錯視を... [more] NC2013-93
pp.31-36
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
14:00
東京 玉川大学 遮蔽識別付きベイズ追跡器を用いたカラー画像と深度画像からの複数特徴量の統合
メシギ クロシ前田新一大羽成征石井 信京大NC2013-110
 [more] NC2013-110
pp.127-132
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
14:20
東京 玉川大学 チェビシェフ多項式近似を用いた変分ベイズ法による顕微鏡画像の三次元超解像
井本康宏前田新一石井 信京大NC2013-111
細胞の形態変化やそれに伴う機能の変化をより良く理解するためにin vivoで計測可能な光学顕微鏡が活用される.光学顕微鏡... [more] NC2013-111
pp.133-138
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
16:00
東京 玉川大学 BMIによるヘリコプター操縦のための相互学習
櫻井俊輔大羽成征石井 信京大NC2013-129
脳波を用いたBrain Machine Interface(BMI)によって人間が複雑な機械等を制御するBMI制御システ... [more] NC2013-129
pp.233-238
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
13:00
東京 玉川大学 不完全情報ゲームに対する階層化したモンテカルロ探索とそのぷよぷよへの適用
大月 龍前田新一石井 信京大NC2013-136
近年、囲碁をプレイする人工知能エージェントにおいてUCT探索に基づく先読みアルゴリズムの有効性が示され、注目を集めている... [more] NC2013-136
pp.275-280
 77件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会