お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]敵対的デノイジングオートエンコーダを用いた拡散性雑音除去
田辺ひかり俵 直弘小林哲則早大)・藤枝 大片桐一浩矢頭 隆OKI)・小川哲司早大EA2018-125 SIP2018-131 SP2018-87
本研究ではプレフィルタと敵対的デノイジングオートエンコーダ(aDAE)を組み合わせたモデルによる拡散性雑音除去を試みた.... [more] EA2018-125 SIP2018-131 SP2018-87
pp.155-160
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-07
15:20
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 超臨場感テレワークシステムのためのエリア収音・音像定位技術
片桐一浩矢頭 隆野中雅人OKICQ2016-131
超臨場感テレワークシステムは,遠隔地にいる人とあたかも同じ空間にいるかのように感じさせ,コミュニケーションを円滑にするこ... [more] CQ2016-131
pp.125-130
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-02
13:30
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) 雑音,SNR,音声区間推定の有機的統合
藤枝 大矢頭 隆OKIEA2014-80 SIP2014-121 SP2014-143
一般に,単一マイク雑音抑圧を行うには各時間周波数点における信号対雑音比(SNR)が必要であり,SNR算出のためには事前に... [more] EA2014-80 SIP2014-121 SP2014-143
pp.49-54
EA 2014-03-28
14:25
東京 NHK放送技術研究所 SNRの時間変動分布に基づいた雑音推定
藤枝 大矢頭 隆OKIEA2013-121
SNRの時間変化に注目した雑音推定を提案する.今日まで,非定常雑音推定の精度を向上させるために種々の試みがなされてきたが... [more] EA2013-121
pp.7-12
EA 2013-07-19
10:00
北海道 北海道医療大学 適応マルチノッチフィルタを用いたハウリング抑圧
川畑尚也矢頭 隆OKIEA2013-45
テレビ会議や電話会議などの拡声通話系では,スピーカから出力された音信号がマイクに回り込み送話側に戻る音響エコーが発生する... [more] EA2013-45
pp.69-74
EA 2012-06-08
14:45
静岡 (株)ヤマハ スペクトル減算型音声強調方法におけるミュージカルノイズ軽減方法
藤枝 大矢頭 隆OKIEA2012-42
本研究は,スペクトル減算(SS)型の音声強調方法におけるミュージカルノイズ抑圧手法に関するものである.我々は孤立周波数成... [more] EA2012-42
pp.55-60
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会