お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
10:25
東京 東京工業大学 一括集約型無線センサネットワークにおけるセンシング結果の勾配推定を用いたデータ 分離法
山崎修平田久 修白井啓一郎信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大
 [more]
PRMU 2019-12-19
15:50
大分 大分大学 第23回PRMU研究会アルゴリズムコンテスト実施報告 ~ くずし字認識チャレンジ2019 ~
宮崎 智東北大)・桂 尚輝筑波大)・長井 歩群馬大)・青池 亨国立国会図書館)・唐 一平九大)・鈴木拓矢中京大)・玉木 徹広島大)・内田祐介ディー・エヌ・エー)・西山正志鳥取大)・緒方貴紀ABEJA)・白井啓一郎信州大)・中村和晃阪大)・北本朝展カラーヌワット タリンNIIPRMU2019-53
 [more] PRMU2019-53
pp.41-47
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]空き周波数リソース探知に向けた多数のセンサによるスペクトラムセンシングの情報圧縮の検討
山本健一郎田久 修白井啓一郎不破 泰信州大SR2019-91
IoT時代を見据えた移動通信システムのさらなる高度化のために,移動通信システムに適した周波数帯にある既存無線局との空間的... [more] SR2019-91
pp.27-28
SR 2018-10-30
13:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]PhyC-SNにおける優れた信号分離を実現する予測を活用した適応送信制御の一検討
福田恭佑田久 修白井啓一郎信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2018-71
本稿では、PhyC-SNでのセンシング結果の予測を用いたデータ分離の送信制御法を提案する。センシング結果において時間連続... [more] SR2018-71
pp.29-30
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]一括集約型無線センサネットワークにおける空間相関を利用したエラートラッキング検出法の検討
天野直哉田久 修白井啓一郎信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大RCC2018-47 NS2018-60 RCS2018-105 SR2018-44 ASN2018-41
 [more] RCC2018-47 NS2018-60 RCS2018-105 SR2018-44 ASN2018-41
pp.105-106(RCC), pp.111-112(NS), pp.123-124(RCS), pp.115-116(SR), pp.121-122(ASN)
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]一括集約型無線センサネットワークにおけるセンサ情報の勾配を用いたデータ分離の検討
山崎修平田久 修白井啓一郎信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大RCC2018-48 NS2018-61 RCS2018-106 SR2018-45 ASN2018-42
 [more] RCC2018-48 NS2018-61 RCS2018-106 SR2018-45 ASN2018-42
pp.107-108(RCC), pp.113-114(NS), pp.125-126(RCS), pp.117-118(SR), pp.123-124(ASN)
SR 2018-05-24
14:40
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) 一括集約型無線センサネットワークにおけるチャネル割り当てに対する占有率測定法の検討
田久 修白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2018-6
 [more] SR2018-6
pp.35-41
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター 空間-スペクトル全変動正則化と二次色変換に基づく偽色抑制
友清飛海千々和憂希京地清介北九州市大)・白井啓一郎信州大IMQ2017-53 IE2017-145 MVE2017-95
 [more] IMQ2017-53 IE2017-145 MVE2017-95
pp.155-159
SR, SRW
(併催)
2017-10-24
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]チャネル利用率推定に基づく高速ランデブチャネルのためのチャネルリストの検討
田久 修征矢隼人白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2017-85 SRW2017-35
 [more] SR2017-85 SRW2017-35
pp.55-56(SR), pp.49-50(SRW)
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
11:05
北海道 北海道大学 [ポスター講演]一括集約型無線センサネットワークにおける高精度データ分離を実現する送信制御法
福田恭佑田久 修白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大RCC2017-33 NS2017-54 RCS2017-125 SR2017-48 ASN2017-42
本稿では無線センサネットワークにおいてセンサノードのデータ送信回数を削減しつつ,センサノードの識別やデータの分離誤り率の... [more] RCC2017-33 NS2017-54 RCS2017-125 SR2017-48 ASN2017-42
pp.117-118(RCC), pp.131-132(NS), pp.171-172(RCS), pp.129-130(SR), pp.149-150(ASN)
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
10:05
北海道 北海道大学 占有率測定によるアクセスチャネルを推定する学習型占有率測定法によるランデブチャネル法の改良
征矢隼人田久 修白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2017-60
 [more] SR2017-60
pp.185-190
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
14:30
北海道 北海道大学 画像の周波数スペクトルに対する混合ノルム最小化とパタンノイズの分離法への応用
白井啓一郎信州大)・小野峻佑東工大)・奥田正浩北九州市大ITS2016-57 IE2016-115
本稿では,画像をフーリエ変換した後の振幅スペクトル (画素ごとの複素数のノルム) の総和を扱う混合ノルム,および,その最... [more] ITS2016-57 IE2016-115
pp.275-280
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
15:00
北海道 北海道大学 画像の色分布に対する凸クラスタリングの応用の検討
村松伸一白井啓一郎宮尾秀俊丸山 稔信州大ITS2016-59 IE2016-117
 [more] ITS2016-59 IE2016-117
pp.287-292
SR 2016-10-28
09:40
大阪 大阪大学 中之島センター K-Shortest Pass法を用いた一括収集法における信号分離法
折内皆人田久 修白井啓一郎信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2016-67
 [more] SR2016-67
pp.65-69
SR, SRW
(併催)
2016-05-16
14:30
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]複数種センシングデータを活用した無線物理量変換センサネットワークにおける信号分離
田久 修白井啓一郎信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大)・笹森文仁半田志郎信州大SR2016-7 SRW2016-7
 [more] SR2016-7 SRW2016-7
pp.23-24
PRMU, BioX
(共催)
2016-03-25
11:00
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 第19回PRMU研究会アルゴリズムコンテスト実施報告 ~ 「あの靴、どこの?」ロゴマークからのメーカー当て! ~
白井啓一郎信州大)・谷川右京名大)・岩田聖也三重大)・原 健翔名大)・森 司三重大)・加藤大貴名大BioX2015-60 PRMU2015-183
本稿では,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ パターン認識・メディア理解 (PRMU) 研究専門委員会が201... [more] BioX2015-60 PRMU2015-183
pp.105-118
SR, SRW
(併催)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [ポスター講演]Multi-Target Tracking based on Features of Sensing Results and Wireless Parameters for Physical Wireless Parameter Conversion Sensor Networks
Minato OriuchiOsamu TakyuKeichirou ShiraiShinshu Univ.)・Takeo FujiiUniv. of Electro-communications)・Mai OhtaFukuoka Univ.)・Fumihito SasamoriSirou HandaShinshu Univ.SR2015-49 SRW2015-30
 [more] SR2015-49 SRW2015-30
pp.19-20
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
09:00
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) [ポスター講演]RETARGETING PYRAMIDの性能解析とその応用
森田亮佑東京農工大)・白井啓一郎信州大)・田中雄一東京農工大EA2014-95 SIP2014-136 SP2014-158
 [more] EA2014-95 SIP2014-136 SP2014-158
pp.121-126
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
09:00
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) [ポスター講演]Fast image inpainting using Chebyshev polynomial approximation
Masaki OnukiTUAT)・Shunsuke OnoTokyo Tech.)・Keiichiro ShiraiShinshu Univ.)・Yuichi TanakaTUATEA2014-99 SIP2014-140 SP2014-162
本報告では,チェビシェフ多項式近似を使用した特異値のフィルタリング手法を提案する.近年の様々な画像処理問題において,特異... [more] EA2014-99 SIP2014-140 SP2014-162
pp.145-150
SIP 2013-08-30
13:20
東京 東京農工大学 フラッシュ画像のテクスチャ成分を用いたコントラスト強調
馬場達也松岡 諒北九州市大)・小野峻佑東工大)・白井啓一郎信州大)・奥田正浩北九州市大SIP2013-81
高い ISO 感度を用いて暗所撮影を行うとセンサノイズが増幅され画質が劣化する.また,フラッシュを使 用した撮影では比較... [more] SIP2013-81
pp.79-83
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会