お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2014-02-06
16:05
愛知 小島プレス工業株式会社 小島総合研究所(愛知県) [依頼講演]角度広がり環境下における固有ベクトル解析を用いた到来方向推定性能改善
青木朝海田邉康彦森 浩樹東芝AP2013-176
高分解能な到来方向推定方式であるMUSIC は,角度広がり環境下において,素波の位相,振幅状況などにより推定性能が低下す... [more] AP2013-176
pp.57-62
IT 2008-09-11
17:55
沖縄 カルチャーリゾート・フェストーネ(沖縄県宜野湾市) 逐次更新型Min-sum復号法の演算量削減に関する一検討
内川浩典原田康祐田邉康彦東芝IT2008-28
本稿では,繰り返し1回あたりのノード処理数を削減することで,
復号演算量を削減する逐次更新型Min-sum復号法を提案... [more]
IT2008-28
pp.49-54
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-09
10:40
神奈川 YRP MIMO-OFDM伝送用IQインバランス補正方式に関する一検討
田邉康彦江頭慶真佐藤一美東芝RCS2006-272
MIMO-OFDM伝送に高次の多値変調方式を適用すると,アナログ回路の不完全性により通信品質が大きく制限されてしまう.こ... [more] RCS2006-272
pp.151-154
RCS, AP, WBS, SR, MW, MoNA
(併催)
2006-03-01
13:20
神奈川 YRP MMSEとMLDの縦続接続を用いたMIMO-OFDMにおけるIQインバランス補償方式に関する検討
田邉康彦青木亜秀江頭慶真佐藤一美東芝
MIMO-OFDM伝送に高次の多値変調方式を適用するとアナログ回路の不完全性により通信品質が大きく制限されてしまう.この... [more] RCS2005-187
pp.55-60
AP, RCS
(併催)
2005-10-21
14:40
秋田 秋田県立大学 低相関逆Fアンテナによる屋内伝搬環境下でのMIMOチャネル容量評価
大石崇文伊藤敬義大舘紀章田邉康彦関根秀一庄木裕樹東芝
我々はこれまでに,地板に切り込みを入れることで,アンテナ間の相関と結合を同時に改善した低相関逆Fアンテナを提案している.... [more] AP2005-109
pp.145-150
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会