お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL 2022-07-29
14:45
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャネル干渉を考慮したグラフ彩色とGrundy coloring
田村 裕中大)・中野敬介新潟大
 [more]
ICTSSL 2022-05-27
10:35
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングを自動的に再開するための手法に関する考察
中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・田村 裕中大ICTSSL2022-1
情報フローティング(Information Floating : IF)とは,移動体による直接無線通信による送信を送信可... [more] ICTSSL2022-1
pp.1-5
ICTSSL 2021-07-09
13:35
ONLINE オンライン開催 格子グラフへの色数最大となる点彩色について
田村 裕中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2021-13
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2021-13
pp.27-30
ICTSSL 2021-07-09
14:00
ONLINE オンライン開催 データ蓄積のための情報フローティングにおける送信可能エリア制御に関する考察
中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・田村 裕中大ICTSSL2021-14
移動体が直接無線通信による送信を行える場所を送信可能エリア(Transmittable Area: TA)だけに制限する... [more] ICTSSL2021-14
pp.31-36
ICTSSL 2021-05-28
14:55
ONLINE オンライン開催 平常時及び災害時におけるエピデミック通信による情報配信について
柳澤爽太・○田村 裕中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2021-5
無線端末が他の端末と直接通信し,端末が移動することによりまた別の端末と通信して情報を運ぶエピデミック通信は,通信インフラ... [more] ICTSSL2021-5
pp.22-25
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
15:45
ONLINE オンライン開催 ディープニューラルネットワーク(DNN)による和太鼓のリズム再現
岡本和巳田村 裕中大CAS2020-69 ICTSSL2020-54
近年,音楽の自動生成など,人工知能が音楽に利用されている.本稿では,自動生成の対象にされることの少ないリズムを DNN ... [more] CAS2020-69 ICTSSL2020-54
pp.158-161
IN, ICTSSL, NWS
(連催)
2020-10-22
10:20
ONLINE オンライン開催 格子状のセンサネットワークにおけるチャネル割当問題
田村 裕中大)・中野敬介新潟大)・仙石正和事業創造大ICTSSL2020-15
 [more] ICTSSL2020-15
pp.13-16
ICTSSL 2020-07-16
13:25
ONLINE オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
貪欲彩色による色数とグラフの構造について
湯原伊織・○田村 裕中大ICTSSL2020-9
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2020-9
pp.7-10
ICTSSL 2020-05-28
15:15
新潟 新潟メディアシップ
(開催中止,技報発行あり)
貪欲彩色による色数とグラフの構造について
湯原伊織・○田村 裕中大
 [more]
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
10:00
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
SAT法に基づくセルフメンタルケアアプリケーション群の組合せ利用実践
紙田 剛筑波大)・松本敦子MILOQS)・俵積田ゆかり昭和大)・中村綾子昭和大病院)・福地本晴美三田村裕子昭和大江東豊洲病院)・鈴木浩子昭和大)・宗像恒次SDS)・井上智雄筑波大WIT2019-52
 [more] WIT2019-52
pp.73-78
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-31
13:15
東京 機械振興会館 [フェロー記念講演]グラフ・ネットワーク理論を基礎とした情報通信技術
田村 裕中大CAS2019-88 ICTSSL2019-57
 [more] CAS2019-88 ICTSSL2019-57
p.129
ICTSSL, IN
(連催)
2019-10-17
10:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 通信チャネルの開放を考慮したグラフ彩色と色数の上限について
田村 裕成田大夢中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2019-16 IN2019-30
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2019-16 IN2019-30
pp.1-4
ICTSSL 2019-07-17
10:25
青森 青森県観光物産館アスパム グラフの点数や辺数が最小となるGrundy Number の実現(第2報)
田村 裕松本 峻中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2019-13
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2019-13
pp.23-28
ICTSSL 2019-05-30
15:00
北海道 北海道中小企業会館 情報フローティングによる情報の蓄積に関する考察
中野敬介宮北和之柄沢直之新潟大)・田村 裕中大ICTSSL2019-1
情報フローティングとは,移動体同士の直接無線通信を送信可能エリアと呼ばれる領域だけで行うことにより,不必要な情報拡散を防... [more] ICTSSL2019-1
pp.1-6
ICTSSL 2019-05-30
15:50
北海道 北海道中小企業会館 グラフの点数や辺数が最小となるGrundy Numberの実現
田村 裕松本 峻中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2019-3
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2019-3
pp.11-16
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-21
15:05
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 エピデミック通信における被覆問題を用いた情報源端末の巡回法
高野 守柏原篤志田村 裕中大)・中野敬介新潟大)・仙石正和事業創造大CAS2018-82 ICD2018-66 CPSY2018-48
エピデミック通信に関する先行研究の 1 つに, 情報源端末のロケーション問題がある. この研究は , フローネットワーク... [more] CAS2018-82 ICD2018-66 CPSY2018-48
pp.21-23
IN, ICTSSL
(共催)
NWS
(併催) [詳細]
2018-10-19
10:35
香川 高松商工会議所会館 グラフのGrundy Coloringに関するいくつかの結果について
田村 裕松本 峻中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2018-29 IN2018-46
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2018-29 IN2018-46
pp.19-23
ICTSSL 2018-07-18
09:00
東京 NTT武蔵野研究開発センター グラフ彩色と無線通信におけるチャネル割当の関連について
田村 裕松本 峻中大)・中野敬介新潟大ICTSSL2018-20
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.その中で多く... [more] ICTSSL2018-20
pp.23-27
ICTSSL, CAS
(共催)
2018-01-26
10:25
東京 機械振興会館 心理状況を考慮した都市部における避難シミュレーション
楠橋 淳田村 裕中大CAS2017-123 ICTSSL2017-50
近年、大規模災害の頻発を経験し、大規模災害に対する様々な取組みが行われている。エンドノード間の連結な経路を必要とせず、情... [more] CAS2017-123 ICTSSL2017-50
pp.69-74
ICTSSL, CAS
(共催)
2018-01-26
10:50
東京 機械振興会館 市街地のIoT化に向けたアドホックネットワークに関する基礎研究
上倉央幹田村 裕中大CAS2017-124 ICTSSL2017-51
近年,モノのインターネット(Internet of Things , IoT)が注目を集めている.今後は様々なモノがネッ... [more] CAS2017-124 ICTSSL2017-51
pp.75-80
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会