電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1〜9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-09
14:25
東京 東海大学 高輪キャンパス 特性行列と符号部分系列の巡回シフトを用いたTail-Biting畳込み符号のトレリスの簡単化
田島正登
Tail-Biting (TB)畳込み符号のTBパスが,より状態数の少ない畳込み符号のトレリスを用いて表現される場合があ... [more] IT2016-108 ISEC2016-98 WBS2016-84
pp.61-66
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
16:20
東京 電気通信大学 線形ブロック符号に対するKVトレリスの代数的構成
田島正登
Koetter-Vardy (KV)トレリス(積トレリス)の代数的構成法を新たに提案する.得られたtail-biting... [more] IT2015-120 ISEC2015-79 WBS2015-103
pp.119-124
IT 2015-07-13
14:50
東京 東京工業大学 Tail-Biting畳込み符号に対するTail-Bitingトレリスの構成
田島正登
Tail-biting畳込み符号から導かれる線形ブロック符号のtail-bitingトレリスの構成について,具体例を用い... [more] IT2015-25
pp.47-52
IT 2014-07-18
16:50
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 線形ブロック符号に対するTail-Biting符号/エラートレリスの構成
田島正登沖野浩二村山立人富山大
線形ブロック符号に対するTail-Biting符号(エラー)トレリスの構成法を提案する.提案法は,NoriおよびShan... [more] IT2014-39
pp.153-158
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
16:30
愛知 名古屋大学 東山キャンパス Tail-Biting畳込み符号に対するエラートレリスの複雑度低減化
田島正登沖野浩二村山立人富山大
Tail-Biting畳込み符号に対するエラートレリスの縮退化を考察する.パリティ検査行列H(D)のある列が因子D^lを... [more] IT2013-92 ISEC2013-121 WBS2013-81
pp.241-248
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
15:20
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Tailbiting畳込み符号に対するエラートレリスの構成
田島正登沖野浩二宮腰 隆富山大
tailbiting畳込み符号に対するエラートレリスを構成する。tailbitingエラートレリスは,シンドローム形成器... [more] IT2011-59 ISEC2011-86 WBS2011-60
pp.85-90
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-03
14:00
大阪 大阪大学 [招待講演]符号/エラー部分系列のシフトを用いた畳込み符号の符号/エラートレリスの構成
田島正登沖野浩二宮腰 隆富山大
畳込み符号に対し,符号/エラー部分系列のシフトを利用した,符号/エラートレリスの構成法を提案する.また,符号パスとエラー... [more] IT2010-73 ISEC2010-77 WBS2010-52
pp.37-44
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
11:40
長野 信州大学長野(工学)キャンパス Circulant行列に基づくLDPC畳込み符号の1状態エラートレリスを用いた復号
田島正登沖野浩二宮腰 隆富山大
畳込み符号の検査行列の部分行列から構成されるエラートレリスを用いた復号法を提案する.検査行列の残りの部分行列から計算され... [more] IT2009-95 ISEC2009-103 WBS2009-74
pp.153-158
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-09
10:50
北海道 公立はこだて未来大学(函館) Error-Trellis State Complexity of LDPC Convolutional Codes Based on Circulant Matrices
Masato TajimaKoji OkinoTakashi MiyagoshiUniv. of Toyama
QC符号を定義するパリティ検査行列Hに対し,行に関する巡回シフトを行ってH'と変形し,これからTanner等の方法に従っ... [more] IT2008-61 ISEC2008-119 WBS2008-74
pp.109-116
 9件中 1〜9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会