お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 172件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
10:45
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) クラウドソーシングを用いた動画品質評価における行動経済学の効果検証
永来翔太早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2020-108
クラウドソーシングを用いて不特定多数の被験者に対してコンテンツの主観評価実験を行うことで,様々な環境における体感品質Qo... [more] CQ2020-108
pp.6-9
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-22
12:35
ONLINE オンライン開催 異種混合ネットワークサービス資源協調フレームワークの評価
大石晴夫早大)・矢守恭子朝日大)・張 成茨城大)・田中良明早大ICM2020-58 LOIS2020-46
多様な通信方式のサービスが広まる中,コグニティブネットワークや異種混合ネットワークにおける資源共有が注目されている.社会... [more] ICM2020-58 LOIS2020-46
pp.143-148
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
10:45
ONLINE オンライン開催 歩車間危険通知システムにおける位置情報誤差と危険通知誤差の関係
鈴木貴大早大)・矢守恭子朝日大)・三好 匠芝浦工大)・田中良明早大CQ2020-56
歩行者と車両の交通事故を未然に防ぐためには,歩行者と車両間(以下,歩車間)でお互いの接近を知らせ,衝突を回避する行動を促... [more] CQ2020-56
pp.50-55
CQ 2020-09-03
13:55
大阪 大阪大学中之島センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザ効用に基づく異種混合ネットワークサービス資源協調フレームワーク
大石晴夫早大)・矢守恭子朝日大)・張 成茨城大)・田中良明早大CQ2020-39
複数の通信方式を組み合わせて通信ネットワークを構築するコグニティブネットワークや異種混合ネットワークにおける利用者の協調... [more] CQ2020-39
pp.27-32
NS, NWS
(併催)
2020-01-24
13:00
沖縄 石垣島商工会館 [奨励講演]実装を考慮した真正粘菌モデルに基づく適応的無線マルチホップルーチング
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大NS2019-168
著者らは,適応的に経路を構築する真正粘菌の挙動に基づく数理モデルであるフィザルムソルバを応用した無線マルチホップルーチン... [more] NS2019-168
pp.43-48
LOIS, ICM
(共催)
2020-01-10
11:50
長崎 アルカスSASEBO(佐世保市) [奨励講演]故障頻度とユーザ効用に基づく複数区間における通信リソースオークション
大石晴夫早大)・矢守恭子朝日大)・張 成田中良明早大ICM2019-40 LOIS2019-55
近年の技術進展と利用シーンの変化の加速により,通信サービスにおける市場環境が大きく変化している.アプリケーション利用視点... [more] ICM2019-40 LOIS2019-55
pp.57-62
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]無線マルチホップネットワークにおける真正粘菌に基づく経路多様化手法
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大
無線マルチホップネットワークでは,通信の干渉,端末の電力枯渇など,様々な要因により中継に適した経路が変化する.そのため,... [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-05
11:10
東京 構造計画研究所(本所新館東京) 自動車から歩行者への危険通知と行動分析
矢守恭子朝日大)・岩井孝法金友 大里田浩三NEC)・田中良明早大SeMI2019-66
 [more] SeMI2019-66
pp.23-26
NS 2019-10-11
09:45
愛知 名古屋工業大学 [依頼講演]無線マルチホップネットワークにおける真正粘菌数理モデルの応用
片田寛志早大)・山崎 託三好 匠芝浦工大)・嶋本 薫田中良明早大NS2019-115
 [more] NS2019-115
pp.71-74
CQ
(第二種研究会)
2019-09-04
15:00
東京 大学セミナーハウス [ポスター講演]自律移動Access Point最適配置のためのQoE関数の推定
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
無線LANは広く普及したが,その結果,通信品質を満たすのは難しく,多くの課題がある.無線LANでは物理層においてマルチレ... [more]
CQ
(第二種研究会)
2019-09-05
12:50
東京 大学セミナーハウス [ポスター講演]階層形車車間通信における車両参加時の通信特性評価
中村光宏早大)・山崎 託芝浦工大)・山本 嶺電通大)・三好 匠芝浦工大)・田中良明早大
自動運転技術の発達に伴い,その普及段階においては手動運転車両と自動運転車両が混在する環境が想定される.このような環境にお... [more]
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2019-05-23
15:55
大阪 大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 通信ネットワーク故障頻度とユーザ効用の関係
大石晴夫早大)・矢守恭子朝日大)・張 成田中良明早大ICM2019-1
近年の技術進展と利用シーンの変化の加速により,通信サービスにおける市場環境が大きく変化している.アプリケーション利用視点... [more] ICM2019-1
pp.25-30
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
14:45
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 拡張現実のQoE評価実験
萬亀山奈々早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2018-101
拡張現実ARを用いたアプリケーションが普及しつつある.目的や用途に応じてARを用いて表示する情報は様々であり,表示の仕方... [more] CQ2018-101
pp.49-54
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:00
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス アクセスポイント周辺画像提示による無線LANユーザ誘導
石田 翼早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2018-106
ユーザの行動には時間依存性や場所依存性がある.駅や空港などユーザが集中しやすい場所や時間帯では,特定のアクセスポイントに... [more] CQ2018-106
pp.79-82
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス SNSを用いた混雑状況提示による無線LANユーザ誘導
髙橋侑子早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2018-107
無線ネットワークにおいて,通信品質についての適切な情報をユーザに提示して誘導することで,ユーザ効用を保ちながらネットワー... [more] CQ2018-107
pp.83-86
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス SNSを用いた通信品質推定のための単語分類
切替尊明早大)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大CQ2018-108
ユーザ体感品質QoEは,アプリケーション,ユーザの状況,利用目的などと関わり合いがあるので, 単純な品質測定だけでは評価... [more] CQ2018-108
pp.87-90
CQ, CS
(併催)
2018-04-20
16:55
広島 広島工業大学 自律移動Access Pointによる無線LANのSocial Welfare最大化
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・張 成田中良明早大CQ2018-17
無線LANでは,アクセスポイントの配下に伝送速度の異なる端末が混在する場合,スループットは遅い端末の影響を受ける.これを... [more] CQ2018-17
pp.93-96
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 蟻コロニー最適化ルーチングによる無線センサネットワーク長寿命化
西部星良山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・田中良明早大CQ2017-106
近年,IoT (Internet of Things)の実用化に大きく寄与する技術として無線センサネットワーク(WSN:... [more] CQ2017-106
pp.19-24
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
14:50
沖縄 沖縄産業支援センター MNOとMVNOのユーザ行動の差異を利用したトラヒックシフト
谷口文隆早大)・矢守恭子朝日大)・張 成早大)・古 博工学院大)・田中良明早大CQ2017-127
MVNO (Mobile Virtual Network Operator)は,MNO (Mobile Network ... [more] CQ2017-127
pp.137-140
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 宛先端末位置推定を利用した階層化Opportunistic Routingにおける基準端末複数配置手法
亀田崚太山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・田中良明早大NS2017-206
アドホックネットワークにおいて,ブロードキャスト通信を用いて受信端末が自律的に転送判断し,特定の経路に依存しない通信を行... [more] NS2017-206
pp.221-224
 172件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会