お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
09:30
京都 京都大学 訓練画像セットの非対称性を用いた対象領域抽出
中村 凌植田祥明藤木 淳田中 勝福岡大PRMU2019-88
機械学習を用いて対象領域を抽出するためには各ピクセル毎に教師ラベルを与える必要がある.各ピクセ ル毎に教師ラベルを与える... [more] PRMU2019-88
pp.115-119
PRMU 2019-12-20
14:15
大分 大分大学 CNNによる$q$-正規分布の$q$値推定
宮川幸人保坂亮介田中 勝福岡大PRMU2019-58
通常,与えられたデータを簡単に捉えるために正規分布や$t$分布に従って仮定されることが多い.正規分布は,大数の法則や中心... [more] PRMU2019-58
pp.75-80
NC, MBE
(共催)
2019-12-06
13:50
愛知 豊橋技術科学大学 CNNを用いた開口合成 ~ アノテーション作業の軽減に向けて ~
中村 凌田中 勝藤木 淳植田祥明福岡大MBE2019-52 NC2019-43
画像認識のタスクを CNN で解くにはアノテーション作業が必要になる.特に物体検出のアノテーション 作業では物体の領域を... [more] MBE2019-52 NC2019-43
pp.43-48
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
18:05
大阪 大阪府立大学 エンタングルメント・エントロピーに基づく畳み込みニューラルネットワークと主成分分析に基づく畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大PRMU2017-129 MVE2017-50
本稿では,主成分分析を用いてデータに応じて処理を行うCNNとエンタングルメント・エントロピーを用いてデータに応じて処理を... [more] PRMU2017-129 MVE2017-50
pp.141-146
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 エンタングルメント・エントロピーに基づく機械学習
田中 勝福岡大IBISML2017-50
画像識別ではCNNが大成功を収めているが,ここでは他分野との関わりに焦点を当てて見直してみたい。特に,画像を入力とする場... [more] IBISML2017-50
pp.115-122
IBISML 2017-11-10
13:00
東京 東京大学 エンタングルメント・エントロピーを用いた畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大IBISML2017-65
本稿では,エンタングルメント・エントロピーを用いて入力データの識別にとって不要な情報を削減する過程をもつCNNを提案する... [more] IBISML2017-65
pp.227-233
PRMU 2017-10-12
14:00
熊本 熊本大学 エンタングルメント・エントロピーに基づく畳み込みニューラルネットワーク
江口 脩田中 勝福岡大PRMU2017-73
現在,機械学習に用いられるニューラルネットワークは,過学習が起きないように,膨大なデータから分類に必要な情報を抽出する.... [more] PRMU2017-73
pp.61-66
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
10:25
愛知 名城大 指数型分布族とハイゼンベルグ群 ~ 情報幾何的視点から ~
時松 照田中 勝福岡大BioX2016-34 PRMU2016-197
規格化因子を求めることが計算量的に困難な状況においては,最尤推定などにより分布のパラメータを推 定することは非常に困難と... [more] BioX2016-34 PRMU2016-197
pp.7-10
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-21
16:50
愛知 名城大 信号データに対するデータ拡張について
江口 脩田中 勝藤木 淳福岡大)・栗田多喜夫広島大BioX2016-73 PRMU2016-236
機械学習において,限られたデータを用いて効率よく学習することはビッグデータの時代となった現在においても重要である.画像識... [more] BioX2016-73 PRMU2016-236
pp.237-242
IBISML 2016-11-16
15:00
京都 京都大学 [ポスター講演]深層学習によるWavelet解析画像を用いた楽器音の識別
江口 脩田中 勝藤木 淳福岡大)・栗田多喜夫広島大IBISML2016-51
音楽情報処理において,楽曲解析をするために楽器音の計算機による解析は重要な研究課題である.楽曲は正の値により重みづけをさ... [more] IBISML2016-51
pp.45-49
IBISML 2016-11-16
15:00
京都 京都大学 [ポスター講演]正規分布とハイゼンベルグ群 ~ 情報幾何的視点から ~
時松 照田中 勝福岡大IBISML2016-53
 [more] IBISML2016-53
pp.55-57
IBISML 2016-11-17
17:00
京都 京都大学 [ポスター講演]ツァリスエントロピーと加法的エントロピー
田中 勝福岡大IBISML2016-99
非加法的エントロピーであるTsallis型エントロピーは,$tau$-情報幾何学においては,規格化のための因子を新たな座... [more] IBISML2016-99
pp.381-386
IBISML 2015-11-26
15:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]$tau$-情報幾何における$q$-正規分布族の扱いについて
田中 勝福岡大IBISML2015-62
測度空間上での平行移動を拡張することで得られる$tau$-情報幾何学は,甘利らにより整理・発展させられた情報幾何学を含ん... [more] IBISML2015-62
pp.69-73
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-14
13:00
愛媛 愛媛大学 曲指数型分布族に対するパラメータと分布の統計的性質について ~ τ-情報幾何学の視点から ~
田中 勝福岡大PRMU2015-69 IBISML2015-29
曲指数型分布族は,そのパラメータの取り方により分布の統計的性質が変化することが知られていたが,1982年にHougaar... [more] PRMU2015-69 IBISML2015-29
pp.13-18
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-14
13:30
愛媛 愛媛大学 正規分布の空間における曲指数分布当てはめ
藤木 淳田中 勝福岡大)・赤穂昭太郎産総研PRMU2015-70 IBISML2015-30
従来,情報幾何で最も単純な e-平坦あるいは m-平坦な部分多様体の当てはめは研究されてきたが,非線形の部分多様体は扱い... [more] PRMU2015-70 IBISML2015-30
pp.19-24
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
09:00
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) [ポスター講演]類の通信としてのフィッシャーの判別分析
藤木 淳田中 勝福岡大)・坂野 鋭NTTデータ)・木村昭悟NTTEA2014-102 SIP2014-143 SP2014-165
 [more] EA2014-102 SIP2014-143 SP2014-165
pp.163-168
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]フィッシャーの線型判別分析の幾何学
藤木 淳田中 勝福岡大)・坂野 鋭NTTデータ)・木村昭悟NTTIBISML2014-45
(事前公開アブストラクト) パターン認識とは、パターン空間から概念空間への写像として捉えるのが通常であり、画像などのデー... [more] IBISML2014-45
pp.81-86
IBISML 2014-11-18
15:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]測度空間上のゲージ理論 ~ τ-情報幾何学 ~
田中 勝福岡大IBISML2014-72
平行移動を指数関数から$tau$-拡張型指数関数へ拡張することで$tau$-情報幾何学の定式化を与える.この拡張された平... [more] IBISML2014-72
pp.279-286
PRMU, CNR
(共催)
2014-02-13
14:00
福岡 福岡大学 τ-情報幾何学:可測関数空間上の平行移動
田中 勝福岡大PRMU2013-133 CNR2013-41
可測空間が与えられたとき,その上で定義される測度として有界非負可測関数からなる集合を考える.確率変数からなる空間をベクト... [more] PRMU2013-133 CNR2013-41
pp.67-72
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2013-09-02
10:30
鳥取 鳥取大学 エスコート分布と期待値
田中 勝福岡大PRMU2013-38 IBISML2013-18
本稿では,平行移動を通常の対数関数からベキ型の対数関数($tau$-対数関数)へ拡張し,新たな情報幾何学の定式化を試みる... [more] PRMU2013-38 IBISML2013-18
pp.31-38
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会