お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
11:40
大分 別府国際コンベンションセンタ 温度変化グラフを見ながらの加熱調理 ~ センサー内蔵フライパンpanaviを用いた新システム開発過程 ~
瓜生大輔生井みづき慶大IMQ2013-31 IE2013-140 MVE2013-69
本論文では、加熱調理時の温度変化をモニタリングしながらの料理経験について述べる。センサーを内蔵したフライパンと温度変化を... [more] IMQ2013-31 IE2013-140 MVE2013-69
pp.43-48
MVE 2009-11-13
10:15
大阪 大阪工業大学 大阪センター panavi ~ センサ・アクチュエータ・無線通信機能を内蔵するフライパンを中心とした、料理スキルの習得を支援するシステム ~
生井みづき瓜生大輔徳久 悟柏樹 良稲見昌彦奥出直人慶大MVE2009-71
Panaviは、適切な温度調節と動作の誘導により、ユーザの料理スキルの習得を支援するシステムである。本システムは、センサ... [more] MVE2009-71
pp.41-46
MVE 2009-11-13
10:40
大阪 大阪工業大学 大阪センター デザイン思考とxtelプラットフォームを統合的に活用する「Smart Kitchen Utensil」の開発 ~ panaviシステムの着想から製作・展示までの開発過程 ~
瓜生大輔生井みづき徳久 悟柏樹 良稲見昌彦稲蔭正彦奥出直人慶大MVE2009-72
本論文では慶應義塾大学「ユビキタス・コンテンツ製作支援システムの研究」チームが開発した統合開発環境xtelとデザイン思考... [more] MVE2009-72
pp.47-52
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会