お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE 2009-10-09
13:50
北海道 オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) 人のコミュニケーションリズムに着目したWeb会議円滑化手法
玉木秀和中茂睦裕東野 豪小林 稔NTTMVE2009-52
Web会議システムは手軽で便利だが、ブレインストーミングに代表される創造会議や問題解決のための会議を行いづらい。我々はこ... [more] MVE2009-52
pp.101-106
PRMU, MVE
(共催)
2008-11-27
10:00
大阪 阪大 自省的思考を促進するアイデア外化支援システム
木村篤信鈴木由里子中茂睦裕玉木秀和小林 稔NTTPRMU2008-113 MVE2008-62
 [more] PRMU2008-113 MVE2008-62
pp.15-20
MVE 2007-10-05
13:10
北海道 旭川市科学館「サイパル」 MR空間における遠隔間での実物体の多重化
山本 峻慶大)・坂内祐一キヤノン)・玉木秀和岡嶋雄太岡田謙一慶大MVE2007-52
一つの実物体を複数人で操作する場合,物体を共有しなくてはいけないため自分の意思にそって物体を操作することができなかったり... [more] MVE2007-52
pp.85-90
LOIS, IPSJ-GN
(共催)
2007-06-01
09:45
大阪 大阪産業創造館 MR空間における準同期的な実物体共有遠隔作業支援
玉木秀和慶大)・坂内祐一キヤノン)・山本 俊岡嶋雄太岡田謙一慶大
遠隔協調作業や遠隔教育において遠隔のユーザ同士が同一の実物体を所持する環境を想定し,遠
隔の相手が実物体に対して行った... [more]
OIS2007-1
pp.1-6
MVE 2005-09-01
15:00
北海道 はこだて未来大学 MR空間における実物体を介した遠隔協調作業
玉木秀和慶大)・坂内祐一キヤノン)・宮狭和大鈴木雄士重野 寛岡田謙一慶大
本稿では,複合現実感環境における実物体を介した遠隔協調作業システムを提案する.遠隔での協調作業において,従来のシステムで... [more] MVE2005-32
pp.29-34
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会